マツダ、アクセラにSKYACTIV-1.5Dを導入! ※

スポンサーリンク

なぜ今まで導入されなかったのか。
日本市場に適しているこの車種、放置されすぎです。泣

マツダ英国法人、マツダUKは11月25日、『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)に、1.5リットルの「SKYACTIV-D」搭載車を追加すると発表した。
この1.5 SKYACTIV-Dは、英国では『マツダ2』(日本名:『デミオ』)と『CX-3』に続いて、アクセラに設定。アクセラの場合、5ドアハッチバックと4ドアセダンで選択できる。
1.5リットル直列4気筒ターボディーゼルエンジンは、最大出力105ps、最大トルク27.5kgmを発生。1600-2500rpmの領域で最大トルクを発揮する効果で、0-100km/h加速は11秒の性能を持つ。
優れた環境性能は、1.5 SKYACTIV-Dの特徴。欧州複合モード燃費は、26.3km/リットル。欧州市場で重視されるCO2排出量は、99g/kmと100g/kmを下回った。
マツダUKのスティーブ・トムリンソン代表は、「1.5 SKYACTIV-Dを用意することで、アクセラのアピール度は大きく増すだろう」とコメントしている。

ソース:レスポンス
というわけで、マツダUKはアクセラに1.5Dを導入することとなりました。
日本ではありません。あくまでも英国のアクセラです。
いや日本でもだせよというかマイナーチェンジまだかよてがふるえてきた
英国市場では、アクセラは特に牽引しているようで前年比40%の伸びの様子。→マツダは本当に欧州で人気があるのか?
確かにアクセラがこれだけの勢いで伸びているのなら、載せないはずがありません。
日本市場でも適したサイズ、適した税制で導入するべきエンジンだと思うんですけどね……。
そろそろテコ入れが入りそうなものですが、どうなのでしょうか。