マツダ、HCCIエンジンをついに実用化!非ハイブリッドで燃費30km台へ到達へ!!

スポンサーリンク

ついに実用化です!素晴らしいです!

ハイブリッドクラスの燃費まで伸びるようですね!

日本経済新聞より、先程ニュースがありました。ついにHCCIエンジンを実用化させたようです。

マツダは燃費を従来比約3割高めた新型エンジンを2018年度末に導入する。点火ではなく圧縮によってガソリンを燃やす技術を世界で初めて実用化し、主力車に搭載する。

新型エンジンは18年度末に約5年ぶりに全面改良する主力車「アクセラ」から搭載を始め、車種を順次広げる。11年に投入した環境技術「スカイアクティブ」の第2世代と位置づける。

燃費は同社の従来エンジンより3割ほど向上する。車体が異なることから比較は難しいが、現行のアクセラをもとに燃費を算出すると、ガソリン1リットルあたりの走行距離は30キロメートルに迫る。

skyactiv-g_01

エンジンの機構が非常に複雑でこれまで量産化に成功したメーカーはないエンジンです。

これは本当に快挙です!

HCCIエンジンの特徴は?

ちょっとマニアックな話となりますが、HCCIエンジンの特徴は、「爆発させずに着火させる」という特徴があります。

これによってロータリーエンジンの復活が見込めたり、超燃費が実用化できたりするという素晴らしいエンジンなのです。

夢のようなエンジンですから、様々なメーカーが挑戦しハイブリッドや代替エネルギーを活用してきたという過去があります。

マツダの場合祈願のロータリーエンジンの復活もありHCCIエンジンを実用化させたいという夢があったのでしょうね。

オマケにアクセラのフルモデルチェンジの噂も!?

ついでといってはなんですが、なんとアクセラに搭載されるという情報まで記載されています。

アクセラのフルモデルチェンジは2018年1~3月頃を目処にリリースするようですね!

また、新型アクセラにはスカイアクティブGen2を搭載するとのことです。こちらも大きなニュースですね!

現在まとめてあるアクセラの情報はこちらです。

次期アクセラにはHCCIエンジン&新型スカイアクティブが搭載へ!リーク情報まとめ!
マツダにおける最大の目玉の車であり、看板車であるアクセラ。こちらのマイナーチェンジ情報が少しずつリークされているようです。

以降、新型アクセラの情報は全て上記のページにて更新する予定です。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?