マツダ、HCCIエンジンをついに実用化!新技術の名前は”SKYACTIV-X”へ!

スポンサーリンク

ついに実用化です!素晴らしいです!

日本経済新聞より、先程ニュースがありました。ついにHCCIエンジンを実用化させたようです。

マツダは燃費を従来比約3割高めた新型エンジンを2018年度末に導入する。点火ではなく圧縮によってガソリンを燃やす技術を世界で初めて実用化し、主力車に搭載する。

新型エンジンは18年度末に約5年ぶりに全面改良する主力車「アクセラ」から搭載を始め、車種を順次広げる。11年に投入した環境技術「スカイアクティブ」の第2世代と位置づける。

燃費は同社の従来エンジンより3割ほど向上する。車体が異なることから比較は難しいが、現行のアクセラをもとに燃費を算出すると、ガソリン1リットルあたりの走行距離は30キロメートルに迫る。

skyactiv-g_01

エンジンの機構が非常に複雑でこれまで量産化に成功したメーカーはないエンジンです。

これは本当に快挙です!

スポンサーリンク

HCCIエンジンの特徴は?

ちょっとマニアックな話となりますが、HCCIエンジンの特徴は、「爆発させずに着火させる」という特徴があります。

これによってロータリーエンジンの復活が見込めたり、内燃機関で燃費が大幅に改善したりという素晴らしいエンジンなのです。

夢のようなエンジンですから、様々なメーカーが挑戦しハイブリッドや代替エネルギーを活用してきたという過去があります。

マツダの場合祈願のロータリーエンジンの復活もありHCCIエンジンを実用化させたいという夢があったのでしょうね。

スポンサーリンク

マツダから公式発表!名前は”SKYACTIV-X”に!

マツダから公式発表がありました!

マツダ、技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」を公表
−ガソリンエンジンにおける圧縮着火を世界で初めて実用化した次世代エンジン「SKYACTIV-X」を発表−

<革新技術>
ガソリンと空気の混合気をピストンの圧縮によって自己着火させる燃焼技術(圧縮着火、Compression Ignition(CI))を世界で初めて実用化。
マツダ独自の燃焼方式「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition)」(火花点火制御圧縮着火)によって、従来ガソリンエンジンにおける圧縮着火(CI)の実用化で課題となっていた、圧縮着火(CI)の成立範囲を拡大することで、火花点火と圧縮着火(CI)のシームレスな切り替えを実現。
<特長>
ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの特長を融合した、新しいマツダ独自の内燃機関であり、優れた環境性能と出力・動力性能を妥協なく両立。
圧縮着火(CI)によるこれまでにないエンジンレスポンスの良さと、燃費改善目的で装備したエア供給機能を活用し、現行の「SKYACTIV-G」に比べて全域で10%以上、最大30%におよぶ大幅なトルク向上*3を実現。
圧縮着火(CI)で可能となるスーパーリーン燃焼*4によって、エンジン単体の燃費率は現行の「SKYACTIV-G」と比べて最大で20~30%程度改善*3。2008年時点の同一排気量の当社ガソリンエンジンから、35~45%の改善*3。最新の「SKYACTIV-D」と同等以上の燃費率を実現。
低燃費率領域が極めて広いエンジン特性によるギア比選定の自由度の大幅拡大により、走りと燃費を高次元で両立。

マツダからHCCIエンジンの実用化について公式発表がありました。

なんと燃費性能は20%以上改善されディーゼルエンジンクラスの燃費性能となり、トルクも30%前後強化されているようですね!

運転する楽しさを追求すると燃費を犠牲にしがちですが、両立した優れたエンジンとなりますね。

こちらのHCCIエンジンは、来年デビューすると言われている新型アクセラに搭載されるのでは?という報道もあります。

マツダのCセグメントハッチバック/セダン、アクセラのフルモデ...

マツダのフルモデルチェンジサイクルを考慮すると現行プラットフォームとの兼ね合いに問題ないければ、アクセラの前にマイナーチェンジされたアテンザにも搭載される可能性がありますね。

果たして何の車種に搭載されるのでしょうか?

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする