マツダ新型デミオが2020年フルモデルチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マツダ新型デミオ ノーブルクリムゾンの画像

マツダ新型デミオの2020年に行われるフルモデルチェンジ情報です。

本記事では2020年に行われるマツダ新型デミオのフルモデルチェンジに伴うデザイン、エンジン、価格、発売日といった変更点について記載します♪

なお、本記事ではマツダ新型デミオについて以下の情報を速報でお伝えしています。

  • マツダ新型デミオのデザイン
  • マツダ新型デミオの新型プラットフォームの詳細
  • マツダ新型デミオは国内外でサイズが異なる
  • マツダ新型デミオの価格の詳細
  • マツダ新型デミオの発売時期は2020年中旬が予測

また、記事の後半ではマツダデミオの特徴や歴史について言及しておりますが詳細に知りたい方はこちらをご覧ください。

それでは2020年にフルモデルチェンジが行われるとされているマツダ新型デミオについて見てみましょう!

スポンサーリンク

マツダ新型デミオのフルモデルチェンジ情報

マツダ新型デミオでは車の基幹となるプラットフォームから一新され、全てにおいて新しいマツダデミオへと変更される模様です。

変更点を一つずつ確認してみましょう。

マツダ新型デミオのデザイン

マツダデミオ

マツダ新型デミオの具体的なデザインについて、現在のところ流出画像といった具体的な画像はリークされておりません。

しかしながらデザインの概要は一部判明しており、統括するとマツダ新型デミオのデザインは以下のような変更点がある模様です。

  • ヘッドライトが細くなる
  • フロントグリルが拡大し艶ありメッシュとなる
  • フロントグリルのメッキ部分が太くなる
  • フォグ周りのデザインが変更
  • バンパーのデザインが変更
  • テールライトのデザインが変更

変更点は多数あるものの、全体的なデザインエッセンスはマツダ新型アクセラのコンセプトカーであるカイ・コンセプトを小型化したものと報道されています。

マツダのアイデンティティデザインを搭載しつつ、時代の流行に合わせヘッドライトやフロントグリルを拡大したデザインとなるでしょう。

マツダ新型デミオは国内外でサイズが異なる

スズキスイフト

マツダ新型デミオでは全幅が国内外で異なるサイズが適用されます。この手法はスズキスイフトでも採用されているメジャーな方法です。

全幅を国内外で異なるサイズとすることによって、国内では5ナンバーサイズを死守し、海外ではデザインをワイド&ローに見せることが可能です。

尚、マツダ新型デミオの全幅は国内向けサイズでは1695mm、海外では1725mmが適用されると考えられています。

マツダ新型デミオのプラットフォーム

スカイアクティブGen2 シャシー

マツダ新型デミオはシャシーが全面的に一新され、SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブビークルアーキテクチャ)が搭載されます。

スカイアクティブテクノロジーの全面採用によってマツダは復活した過去があります。その成功を捨てて0ベースから新たな価値を生むため、プラットフォームの全面一新となります。

マツダにとっても大きな挑戦であり、避けては通れない道でしょう。

マツダ新型マツダに搭載されるSKYACTIV-Vehicle Architectureは、現行以上に静粛性や振動を吸収なりワンランクアップの乗り心地となります。

また、座席面は現行よりも更に低くなりスポーディな座席となります。

更に10%以上の軽量化も実現し燃費や加速性能に大きく寄与することでしょう。

ここでスカイアクティブテクノロジーについて振り返ってみましょう。

SKYACTIV Technologyとは?

マツダのスカイアクティブテクノロジーはエンジン×トランスミッション×プラットフォーム×ダイナミクスを統合した燃費と運転する楽しさを追求した技術郡のことです。

このスカイアクティブテクノロジーによって商品の魅力に輝きが増したマツダは劇的に復活・再生しています。

160714a

このスカイアクティブテクノロジーは先進運転支援システムや新型エンジンへと拡張しているものの、車の基幹であるプラットフォームは約10年放置されています。

基幹のプラットフォームをSKYACTIV-Vehicle Architectureへと一新することによって、マツダは新しい価値を生み出すのでしょう。

マツダ新型アクセラは走行性能・居住性が向上

マツダ新型デミオでは、シャシー・プラットフォームの全面採用に加えサスペンションを新採用となり居住性と走行性能が劇的に向上します。

テストカーのレビューを確認したところトーションビームであるものの、非常に出来が良いと評判のリアサスペンションとなると報道されています。

マツダ新型デミオはデジタルメーター搭載

マツダ新型デミオでは新しいデジタルメーターが搭載されます。

中国にて現行型マツダアクセラをベースにテスト中のデジタルメーターがスパイショットされており、マツダ新型アクセラに搭載されるとされています。

本デジタルメーターは共通プラットフォームであるマツダ新型デミオにも搭載される可能性が高いと言えるでしょう。

マツダ新型アクセラデジタルメーター

ハンドルのスイッチで切り替えも可能です。

マツダ新型アクセラデジタルメーター

マツダ新型デミオはシートの質感が大幅に向上

マツダ新型アクセラのデザイン

マツダ新型デミオではシートの質感が大幅に向上し、ドライビングにおいて適正なシートへと変更される模様です。

この情報はマツダ新型アクセラのテストカーより報告されており、マツダ新型デミオにも搭載される可能性が高いと言えるでしょう。

報道機関向けレビューを見るとマツダ新型アクセラでは大学病院と提携しドライビング環境を徹底的に研究し、座った瞬間に人馬一体感を印象づけるシートを開発しています。

ライバルに比べ圧倒的なドライビングプレジャーを提供したシートとなりそうですね。

マツダ新型デミオのエンジン

マツダ新型CX-3のエンジン

マツダ新型デミオのエンジンは以下のエンジンが搭載されるのではないかと考えられています。

  • 直列4気筒1300ccガソリンエンジン
  • 直列4気筒1500ccガソリンエンジン
  • 直列4気筒1800ccディーゼルターボエンジン

現在のところ、マツダ新型アクセラに搭載されると言われているHCCIエンジンは搭載されないとされています。

現在、マツダが独自開発に成功したと言われているHCCIエンジンは直列4気筒2000ccであるため、マツダ新型デミオのサイズではオーバースペックすぎると言えます。

HCCIエンジンを直列4気筒1500ccガソリンエンジンモデルも追加されれば、マツダ新型デミオのプレミアムコンパクトカー化かつ魅力が大幅にアップするでしょう。

マツダ新型デミオに電動パーキングブレーキ採用

電動パーキングブレーキ

マツダ新型デミオでは他マツダ車同様に電子パーキングブレーキが採用されると考えられています。

電動パーキングブレーキはコストが高いことから価格アップにつながる一方、マツダ新型デミオはプレミアム化が進むでしょう。

マツダ新型デミオはMRCCが全車速対応

マツダ新型cx-3のi-activsenseの画像

マツダ新型デミオではMRCC(マツダレーダークルーズコントロール)が全車速対応となると考えられています。

マツダデミオはマツダブランドにおけるエントリーモデルです。

その為敢えてMRCCを非採用とされていましたが、マツダ新型デミオは採用することによってマツダ新型デミオはプレミアム化が進むでしょう。

マツダ新型デミオの発売日・発売時期

マツダ新型デミオの具体的な発売日は現在の所判明しておりません。

しかしながらおよその発売時期はすでに判明しておりマツダ新型デミオのフルモデルチェンジに伴う発売時期は2020年下旬が予定されています。

ただしアクシデント等が発生した場合発売時期が前後することもあります。続報が入り次第お伝えします。

マツダ新型デミオの価格やグレード

マツダ新型デミオの価格について現在のところ具体的な情報は判明しておりません。

しかしながらマツダ新型デミオは全体的に価格が上昇となることが判明しています。

具体的な価格やグレードが判明次第お伝えします。

スポンサーリンク

マツダ新型デミオのフルモデルチェンジ情報まとめ

  • エクステリアデザインはカイコンセプトを踏襲
  • デジタルメーターが搭載
  • 国内外でサイズが異なる
  • 新型プラットフォームが全面採用
  • 発売時期は2020年下旬

それでは最後にマツダデミオの歴史、特徴、メリット等を簡単にご解説します。

スポンサーリンク

マツダデミオの歴史

マツダデミオ

マツダデミオは1996年発売開始となったコンパクトカーです。

初代マツダデミオ及び2代目マツダデミオのコンセプトでは現在とは真逆の”機能”や”実用性”を極限まで高め、道具に徹したコンパクトワゴンでした。

ソリッド感の強いデザインを採用し質実剛健な印象を与えている他、サイズは国内で運用しやすい5ナンバーサイズで全高は立体駐車場が活用できる1550mm未満に抑えました。

更に全長は他車種に比べ若干長めに設定することで後部座席の快適性と大トランク容量を確保しユーティリティ性を極限まで高めています。

当時のコンパクトカーにおいてここまでユーティリティ性を高めた車は他に存在しなかったことにより、ホンダフィットの登場までは唯一無二の存在となりました。

初代マツダデミオの存在は道具へ振り切ったことによって国内で非常に高い支持を受け、クロノスの悲劇と言われた経営危機を脱し”マツダの救世主”とも称された過去があります。

2代目マツダデミオの特徴

2代目デミオ

(2代目マツダデミオ)

2代目となるマツダデミオは初代コンセプトの実用性をキープコンセプトとして開発されました。

2代目マツダデミオとはでの販売を見越していたため、初代マツダデミオに比べ流麗で空気抵抗の少ないデザインが採用されています。

また、現在でも続くマツダの共通デザインの”ファイブポインテッドグリル”が初めて搭載され、マツダにおける上位クラスの車種との共通性を持たせています。

2代目デミオも国内で人気を博したものの、実用性を徹底重視したホンダフィットが発売されたことによってマツダデミオは方向転換が行われました。

3代目マツダデミオで開発コンセプトを大きく転換

3代目デミオ

(3代目マツダデミオ)

3代目マツダデミオでは、初代・2代目のコンセプトである実用性や室内空間を捨てて大きな方針転換を行います。

2代目より更に流麗なデザインとなり、欧州での販売を更に意識したコンパクトハッチバックスタイルとなりました。

デザインだけでなくエンジンや足回りを徹底的にチューニングし”走る楽しさ”を強く打ち出すことで、他のコンパクトカーとは大きく差別化されています。

これら運転する楽しさやデザインが高く評価され、2007年ワールドカーオブザイヤーを受賞しました。

マツダが開発したコンパクトカーであるからこそ成し遂げた偉業ですね。

現行型マツダデミオの特徴

マツダデミオ

現行型である4代目マツダデミオは2014年に発売開始となりました。

現行型マツダデミオは3代目のコンセプトを引き継ぎ更に空気抵抗が少なく、ボディ剛性を鍛えあげて更に運転する楽しさを追求したモデルです。

また、現行型マツダデミオでは初の直列4気筒1500ccディーゼルエンジンも搭載されています。

コンパクトカーの主流であるハイブリッドに対するマツダなりのアプローチであり、内燃機関の効率を極限まで高めるマツダらしいエンジンと言えますね。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする