マツダ新型ロードスター ロードスターRFに2018年7月マイナーチェンジ 変更点の最新情報

スポンサーリンク

マツダロードスターRF

マツダ新型ロードスター、マツダ新型ロードスターRFのマイナーチェンジ情報が入ってきました!

本記事では2018年7月に行われるマツダ新型ロードスターのマイナーチェンジに伴うエンジン、デザイン、価格といった変更点について記載します。

また、マツダロードスターの特徴や歴史も振り返りマツダロードスターの情報を徹底的に振り返ってみましょう♪

それではまず、マツダロードスターの特徴について見てみましょう。

スポンサーリンク

マツダロードスターの歴史

マツダ初代ロードスター

マツダロードスターは1989年に初登場したライトウエイトスポーツカーです。海外ではマツダMX-5とネーミングされています。

マツダロードスターはマツダ内にかつて存在した”ユーノス”ブランドから発売されており、当時人気のなかったライトウエイトスポーツカーでありながら大成功を収めました。

当時マツダロードスターの大成功に他メーカーも刺激され、BMWからZ3、ベンツからSLK、フィアットからバルケット、MGからMGFがリリースされました。

マツダロードスターの存在は当時世界から消滅しつつあったライトウエイトスポーツカーを復興させた偉大な功績があります。

また、世界で最も多く生産された二人乗りのスポーツカーとしてギネスブックに搭載されています。

ライトウエイトスポーツカーを復活させたマツダロードスターの存在は、マツダだけでなく世界にとってかけがえのない存在と言えるでしょう。

4代目となる現行型マツダロードスターの特徴

マツダロードスターRF

現行型となる4代目マツダロードスターは2015年に発売されました。

現行型マツダロードスターはマツダが推進している”SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)”が全面採用されています。

現行型マツダロードスターは原点回帰し、ボディ剛性を維持しつつ大幅な軽量化に重量を初代ロードスターと同等クラスまで削減することに成功しました。

また、”人馬一体”とコンセプトをもとにボディ、エンジン、サスペンションらがベストになるよう開発され、気持ちの良いハンドリングと加速を実現しています。

また、マツダが独自で開発した先進安全技術である”i-activsense(アイアクティブセンス)”も搭載されライトウエイトスポーツでありながら自動ブレーキも搭載されました。

現行型マツダロードスターRFの特徴

マツダロードスター

現行型マツダロードスターには、マツダロードスターRF(リトラクタブル ファストバック)があります。

デザインではフロント・リアには大きな違いがないものの、ルーフが電動式となることからサイドデザインに大きな差異があることがわかりますね。

マツダロードスター マツダロードスター

その他、マツダロードスターとマツダロードスターRFの違いは以下のとおりです。

エンジンルーフ重量
マツダロードスター1500cc手動で開放990kg~
マツダロードスターRF1500cc or 2000cc電動で開放1,100kg~

他にもマツダロードスターの特徴について知りたい方はこちらの書籍を御覧ください♪

ニューモデル速報 第516弾 新型ロードスターのすべて[Kindle版]
三栄書房 三栄書房 2015-06-15
売り上げランキング : 56874

by ヨメレバ

それでは改めて次のページからマツダ新型ロードスターのマイナーチェンジについて見てみましょう!

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする