マツダ新型CX-5が2018年マイナーチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マツダ現行型CX-5の画像

マツダCX-5の2018年版となるマイナーチェンジ情報が判明しました。

本記事では2018年に行われるマツダ新型CX-5のマイナーチェンジに伴うエンジン、デザイン、価格、発売日といった変更点を速報でまとめます。

尚、本記事ではまずマツダCX-5の歴史や特徴を記載した後、マツダ新型CX-5の以下の特徴を速報で解説します。

  • マツダ新型CX-5のエクステリア(外装)デザイン
  • マツダ新型CX-5のインテリア(内装)デザイン
  • マツダ新型CX-5の先進安全技術(i-activsense)
  • マツダ新型CX-5のエンジン
  • マツダ新型CX-5のトランスミッション
  • マツダ新型CX-5の発売日・発売時期
  • マツダ新型CX-5の価格

それでは次のページからマツダCX-5の歴史や特徴について振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

マツダCX-5の特徴と歴史

マツダCX-5

マツダCX-5は2012年発売開始となったマツダにおけるミドルサイズSUVです。

初代マツダCX-5は現在のマツダに繋がる様々なDNAが組み込まれています。

具体的には”魂動デザイン”と呼ばれる哲学や、最新鋭のディーゼルエンジン、軽量かつ高剛性で操舵性の高いシャシーが搭載されています。

これらの技術を一つにまとめた名称を”スカイアクティブテクノロジー”と呼び、マツダは独特かつ唯一無二の存在となりました。

初代マツダCX-5は世界中で大きな人気を博し、皆様も御存知の通りマツダをV字復活させた屋台骨へと成長しています。

非常に人気が高かったものの、さらなる商品力向上の為わずか5年でフルモデルチェンジとなりました。

現行型マツダCX-5の特徴

マツダ新型CX-5のデザイン画像

現行型となる2代目マツダCX-5は2017年にフルモデルチェンジしました。

現行型マツダCX-5は立体的なフロントグリルを装備し、ヘッドライトは全グレードLEDとなります。

また、これまで搭載されてきた”ソウルレッドプレミアムメタリック”は”ソウルレッドクリスタルメタリック”へと変更され、さらなる深みのある赤色となりました。

現行型マツダCX-5はシャシーやエンジンには大きな変更がないものの、初代に比べ全体のパーツは80%近く変更され見た目以上に様々な違い・最適化が行われています。

一方、”運転を楽しめる技術”として拡張されたスカイアクティブテクノロジーには様々なテコ入れが行われました。

具体的には、トルクを制御し車内の重力を軽減する”G-Vectoring Control”が搭載されています。

実際に乗ってみると驚くほど左右の揺れが減らせることができ、後部座席では車酔いを軽減することができ、運転席では運転に集中できるメリットがありますよ!

マツダCX-5のエンジン

マツダ新型アテンザのエンジン画像

マツダCX-5では以下の3種類のエンジンが搭載されています。

  • 直列4気筒2000ccガソリンエンジン(PE-VPS型)
  • 直列4気筒2500ccガソリンエンジン(PY-VPS型)
  • 直列4気筒2200ccディーゼルターボエンジン(SH-VPTS型)

この中でもディーゼルターボエンジンは圧倒的な人気がありますが、2500ccエンジンも様々な手入れが行われ素晴らしいエンジンへと成長しています。

ディーゼルエンジンは燃費がよくトルクフルな運転が可能であるものの、短距離走行をするとススがたまりエンジンが故障するリスクがあります。

ガソリンエンジンではこのデメリットを解消することが出来るため、ディーゼルエンジンに対抗できる新しい選択肢として開発されたのでしょう。

それではマツダ新型CX-5のマイナーチェンジについて見てみましょう!

スポンサーリンク

マツダ新型CX-5のマイナーチェンジ情報

マツダ新型CX-5のマイナーチェンジについて以下の情報が判明しております!

変更点を一つずつ速報でご解説します。

マツダ新型CX-5のエクステリア(外装)デザイン

マツダ新型CX-5のデザイン

マツダ新型CX-5のエクステリアデザインは現在のところ判明しておりません。

しかしながらマツダ新型CX-5のテストカーのスパイショットがリークされていないことから大きなデザインの変更はないと考えられています。

ただし予測されている発売時期までまだ時間があることからこれからテストカーが発見する可能性もあるでしょう。

マツダ新型CX-5のエクステリアデザインついて、具体的な情報が判明次第お伝えします。

マツダ新型CX-5のインテリア(内装)デザイン

マツダ新型CX-5のインテリア

マツダ新型CX-5のインテリアでは、以下の変更点が判明しております。

  • シートベンチレーション(座席から送風される機能)が追加
  • エアコンパネルがマツダ新型アテンザと共通デザインに変更
  • ドアパネル周辺にメッキ加飾が追加
  • マツダコネクトにApple CarPlayとAndroid Autoが利用可能
  • 車内ルームランプがLEDに変更
  • 全席オートウィンドウのスイッチが追加

インテリアでは大幅なアップデートとなり、質感や利便性において最高のアップデートなりますね。

ただし事前リークにあったマツダコネクトのインチアップはないようです。

昨今のSUVは高価格へとシフトしているのに伴いナビの拡大化が進んでいます。

マツダ新型CX-5でも期待したかったポイントですね。

マツダ新型CX-5の先進安全技術(i-activsense)

マツダ新型cx-3のi-activsenseの画像

マツダ新型CX-5に搭載されている先進安全装備(i-activsense)では、以下の機能が追加されます。

  • 自動ブレーキ用カメラの品質が向上し自転車・夜間歩行者を認識

これまでマツダCX-5では自動ブレーキシステムこそ搭載されていたものの、自転車及び夜間歩行者は認識不可能でした。

2018年にマイナーチェンジとなったマツダ新型CX-3以降新しく採用されたカメラではそれらが可能となります。他車種へと普及していくこととなるでしょう。

マツダ新型CX-5のエンジン

マツダ新型CX-3のエンジン

マツダ新型CX-5のエンジンでは以下のエンジンが搭載される予定です。

  • 直列4気筒2000ccガソリンエンジン
  • 直列4気筒2500ccガソリンエンジン
  • 直列4気筒2500ccガソリンターボエンジン(新採用)
  • 直列4気筒2200ccディーゼルターボエンジン

マツダ新型CX-5のマイナーチェンジでは念願の2500ccターボエンジンが採用される予定です。

また、本ターボエンジンはレギュラー対応となりつつも無理のないスポーディなセッティングとなります。

日本で求められがちな燃費とマツダの魂とも言えるスポーディ性能を両立するでしょう。

本エンジンは米国ではすでに採用されていたものの、国内では長らく搭載が見送られていました。

ついにマツダ新型CX-5、マツダ新型CX-8に同時に搭載されることとなる模様です。

マツダ新型CX-5はG-ベクタリングコントロールの性能が向上

160714a

マツダ新型CX-5ではスカイアクティブテクノロジーの一つであるG-ベクタリングコントロールのバージョンアップが行われ性能が向上します。

マツダ新型CX-5に搭載されるG-ベクタリングコントロールでは以下の機能が追加されます。

  • トルクコントロールが最適化され制御がより精密になる
  • トルクコントロールがブレーキに対応

現在のG-ベクタリングコントロールでは非常に評価が高く、この機能のためにマツダ車を購入する人も多かった機能です。

更にG-ベクタリングコントロールはカーブのみの対応であったのに対し、技術の熟成によってブレーキでも対応するのは素晴らしいアップデートですね。

マツダ新型CX-5にはマニュアル(MT)が追加か?

トランスミッション

マツダ新型CX-5ではトランスミッションにおいて新しくMT(マニュアルトランスミッション)が採用されるという噂があります。

これまでマツダCX-5には一度もMTが搭載されたことがないため信頼度は低いものの、複数の情報筋からリークされています。

具体的な情報が判明次第お伝えします。

マツダ新型CX-5の発売日・発売時期

マツダ新型CX-5の具体的な発売日は現在のところ判明しておりません。

しかしながら、現在の計画ではマツダ新型CX-5は2018年11月発売予定されていると報道されています。

それに先立ち、マツダ新型CX-5の発表は2018年9月が予定されている模様です。

具体的な発売日が判明次第お伝えします。

マツダ新型CX-5の価格とグレード

マツダ新型CX-5の価格が一部判明しております。

グレードエンジン価格
25T2500ccガソリンターボエンジン3,326,400円
25T 特別仕様車2500ccガソリンターボエンジン3,650,400円

※AWDモデルは+226,800円

特別仕様車モデルはナッパレザー、フロントベンチレーション、CD/DVD、BOSE、360モニターが標準搭載となりお得なモデルとなります。

他グレードにおいてもインテリアを中心に装備を充実させている他一部エンジンにおいて追加もあることから、マツダ新型CX-5は約3万程度値上げとなることが考えられるでしょう。

また、マツダ新型CX-5のガソリンターボエンジンモデルとなる2.5Tグレードはディーゼルモデルと比べ約2万円程度の値上げとなることが判明しております。

マツダ新型CX-5の具体的な価格が判明次第お伝えします。

スポンサーリンク

マツダ新型CX-5のマイナーチェンジ情報まとめ

  • マツダ新型CX-5のエクステリア(外装)デザインは現在のところ不明
  • マツダ新型CX-5のインテリア(内装)はマツダコネクトのインチ数アップ
  • マツダ新型CX-5の先進安全技術(i-activsense)は夜間歩行者感知タイプ
  • マツダ新型CX-5のエンジンでは2500ccターボエンジン追加
  • マツダ新型CX-5のターボエンジンはレギュラー対応
  • マツダ新型CX-5はMTが採用される噂があり
  • マツダ新型CX-5の発売時期は2018年11月
  • マツダ新型CX-5の価格は値上がりが予測されている
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする