マツダ新型CX-3に2018年5月マイナーチェンジ 変更点の最新情報

スポンサーリンク

マツダ新型CX-3のマイナーチェンジ情報

マツダ新型CX-3は主にエンジンや先進安全技術において大きな変更が行われます。

どのような変更点があるのか1つずつ見てみましょう!

マツダ新型CX-3はディーゼルエンジンの排気量が変更

マツダ新型CX-3のエンジン

マツダ新型CX-3では、ディーゼルエンジンが1500ccから1800ccへと引き上げられます。

それに伴いエンジン性能がパワフルとなり、最大トルクや馬力が向上します。

マイナーチェンジでエンジンが変更されるケースは少なくないものの、導入してわずか3年ほどの1500ccエンジンを新しいエンジンへと置き換えるのは大きなサプライズですね。

また、同時にガソリンエンジン・ディーゼルエンジン共にピストンの形状が変更され、高圧燃料噴射装置が搭載されます。

パワーと燃費が更に改善するでしょう。

マツダ新型CX-3はマツダコネクトの性能が向上

マツダ新型CX-3のマツダコネクトの画像

マツダ新型CX-3では、マツダコネクトの性能が向上しジャイロが搭載されます。

ジャイロが搭載されるとGPSが途切れるトンネル内でも速度を元に正確にナビを続けることが出来るようになります。

マツダコネクトはいろいろな問題点があると言われているものの、解消するためにテコ入れを続けられているのはナイスですね。

マツダ新型CX-3は360°ビュー・モニター搭載

マツダ新型CX-3のアラウンドビューモニターの画像

マツダ新型CX-3では、アラウンドビューモニターこと360°ビュー・モニターが搭載されます。

360°ビュー・モニターはいろんな箇所が隅々まで見れるようになっているよう性能が大幅に向上し一新され、メーカーオプションで選択できるようになります。

細かな部分の視界が悪くなりがちなSUVにおいて、全体像が見れるのはナイスですね。

マツダ新型CX-5は車速連動ドアロック搭載

マツダ新型CX-5では車速連動ドアロックが標準搭載されます。

これによって手違いで後部座席のドアを開けてしまうことがなくなり、搭乗者をより安全にすることが出来ますね。

後部座席の快適性が大幅に改善されるようです。

マツダ新型CX-3はi-activsenseの機能が向上

マツダ新型cx-3のi-activsenseの画像

マツダ新型CX-3では、先進運転支援システムである”i-activ sense”が拡張しMRCC(マツダレーダークルーズコントロール)が全車速対応となります。

マツダCX-5のフルモデルチェンジでも対応した変更点ですね。

小さな変更のように見えてるものの有用性は素晴らしいです。

渋滞時にMRCCをオンにすればイライラするノロノロ走行をすべて任せ、空いている間はMRCCをオフにしてマツダ車特有の運転する楽しさをフルに楽しめます。

このアップデートがなされれば他コンパクトSUVにはない大きなメリットの一つとして魅力的になります。

マツダ新型CX-3のデザイン

マツダ新型CX-3のデザイン

マツダ新型CX-3のデザインに変更があるのか、現在のところ不明です。

変更点を見る限り非常に大規模なマイナーチェンジとして行われるため、デザインの変更は十分に考えられるでしょう。

ただし、マツダCX-3のデザインはデザイナーが”マツダの理想をすべて注ぎ込んだデザイン”として設計しています。

この尖りきったスポーディなデザインは他のメーカーにはない美しさや躍動感がありますから、できれば大きく変えないでほしいところですね。

マツダ新型CX-3の価格

マツダ新型CX-3の具体的な価格は、現在のところ判明しておりません。

しかしながらおよその価格は判明しておりディーゼルモデルは幾ばくかの価格が上昇することが計画されています。

具体的な価格が判明次第お伝えします。

マツダ新型CX-3の発売日

マツダ新型CX-3の具体的な発売日は、現在のところ判明しておりません。

しかしながらおよその発売時期は判明しており、2018年4月発表、5月下旬~6月上旬発売開始が計画されています。

具体的な発売日が判明次第、お伝えします。

それでは最後に、マツダ新型CX-3のマイナーチェンジ情報をまとめましょう!

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする