マツダ新型CX-3に2018年マイナーチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マツダCX-3の特徴

マツダCX-3

マツダCX-3はマツダにおけるコンパクトクロスオーバーSUVです。

マツダCX-3はナンバリングこそCX-3であるものの価格はマツダCX-5とほとんど同等です。

マツダとしてはCX-3はCX-5に劣るものではなく、サイズや排気量が小さいというものであり序列を表すものではないとコメントしています。

また、”マツダCX-3はマツダデザインの究極を目指す”という目標のもと開発されています。

マツダCX-3の尖りきったエクステリアデザインはマツダCX-3のサイズだからこそ実現したデザインだと言えます。

だからこそマツダCX-3はインテリア・エクステリア共に他マツダ車よりも高く評価されているポイントがあるのでしょうね。

マツダCX-3のエンジン

マツダ新型CX-3のエンジン

マツダCX-3はリリース直後、1500ccディーゼルエンジンのみ搭載されました。

マツダCX-3はディーゼルエンジンのみを搭載することで他コンパクトSUVと差別化しプレミアム感を演出しています。

しかしながらディーゼルエンジンはクセが強く、ちょい乗りやディーゼルエンジン音が苦手な方のため後の商品改良で改めて2000ccガソリンエンジンモデルが追加されています。

ディーゼルエンジンそのものの完成度は非常に高いものの多様性という点においてガソリンエンジンモデルを追加したことはナイスな変更ですね。

マツダCX-3のサイズ

マツダCX-3のサイズは以下の通りです。

全長4,275mm
全幅1,765mm
全高1,550mm
ホイールベース2,570mm

マツダCX-3は他コンパクトSUVに比べわずかにサイズが小さい一方、全幅は同等クラスです。

サイズも含めデザインに特化していることがわかりますね。

それでは次のページからマツダ新型CX-3のマイナーチェンジ情報についてご解説します。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする