マツダ新型アクセラへ2019年フルモデルチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4代目マツダ新型アクセラのフルモデルチェンジ情報

マツダ新型アクセラのフルモデルチェンジ情報が多数リークされています。

変更点を1つずつ確認してみましょう。

マツダ新型アクセラのコンセプトカー”魁 CONCEPT”

2017年東京モーターショーにて、マツダ新型アクセラである魁 CONCEPT(カイ・コンセプト)がリリースされました。

魁 CONCEPTのデザインを見る限り現実的でない部分はあるものの、このコンセプトカーに近いマツダ新型アクセラとなることが考えられます。

マツダ新型アクセラコンセプトマツダ新型アクセラコンセプト マツダ新型アクセラコンセプト マツダ新型アクセラコンセプトマツダ新型アクセラコンセプト インテリア マツダ新型アクセラコンセプト インテリア マツダ新型アクセラコンセプト インテリア

マツダ新型アクセラのデザインはRX-VISIONを踏襲

マツダ新型アクセラのデザインはRX-VISIONのデザインを強く意識したデザインであるとのことが報道されています。

この特徴は魁 CONCEPTからも読み取れますね。

(RX-VISION)

マツダ新型アクセラコンセプト

(魁コンセプト)

現在のところマツダ新型アクセラのスパイショットが撮影されていないものの、以下のレンダリングCGが作成されています。

マツダ新型アクセラは魁コンセプトを踏襲するとのことから、いずれかのデザインは非常に近いものと考えられるでしょう。

新型アクセラ デザイン新型アクセラ デザインマツダ新型アクセラの予想画像 マツダ新型アクセラの予想画像

こちらは日本のベストカー様より発表されたマツダ新型アクセラの予想画像です。

マツダ新型アクセラの予想画像

マツダ新型アクセラのスパイショットが欧州でリーク

マツダ新型アクセラのスパイショットが撮影されました。

このテストカーは現行型マツダアクセラの見た目をしていますが、エンジンやプラットフォームは報道機関向けに作られたマツダ新型アクセラのテストカーだと報告されています。

マツダ新型アクセラの外観デザインは現在のところスパイショットが撮影されておりません。

新型アクセラ スパイショット 新型アクセラ スパイショット 新型アクセラ スパイショット

マツダ新型アクセラは新型HCCIエンジン搭載

現行型アクセラ エンジン

マツダ新型アクセラはHCCIエンジン&マイルドハイブリッドのSKYACTIV-Xエンジンが搭載されます。

マツダ新型アクセラに搭載されるSKYACTIV-Xエンジンは、性能は最高出力140kW、最大トルク230Nmまで伸び、現行比20%強化となります。

更に燃費は高速道路で5%程度の向上である一方、市街地での燃費は10%以上向上するとのことです。

よりカタログ燃費に近い実燃費となりそうですね。

ところで、マツダが新開発したHCCIエンジンは非常に革新的なエンジンと言われています。

どういったところが革新的なエンジンなのでしょうか?

HCCIエンジンの魅力・性能とは?

新型アクセラ HCCIエンジン

マツダが新開発したHCCIエンジンとは何なのでしょうか?

HCCIエンジンを一言で説明するとスーパーチャージャーで過給し”ガソリンを爆発させずに着火させるエンジンシステム”です。

ガソリンを爆発させないことによって大きくわけて3つのメリットがあります。

  • CO2の排出減少
  • 燃費向上
  • トルク向上

これだけ良いことが盛りだくさんのエンジンでありながらどこも発売していない理由は、このHCCIエンジンは実用化が非常に難しい為他のメーカーは実用化できていないのです。

マツダは敢えて別メーカーが開発できなかったHCCIエンジンを開発・全面採用することによって、ほかメーカーとは大きな差別化に成功するでしょう!

マツダ新型アクセラは新型プラットフォーム搭載

スカイアクティブGen2 シャシー

マツダ新型アクセラはシャシーが全面的に一新され、SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブビークルアーキテクチャ)が搭載されます。

スカイアクティブテクノロジーの全面採用によってマツダは復活した過去があります。その成功を捨てて0ベースから新たな価値を生むため、プラットフォームの全面一新となります。

マツダにとっても大きな挑戦であり、避けては通れない道でしょう。

マツダ新型アクセラに搭載されるSKYACTIV-Vehicle Architectureは、現行以上に静粛性や振動を吸収なりワンランクアップの乗り心地となります。

また、座席面は現行よりも更に低くなりスポーディな座席となります。

更に10%以上の軽量化も実現し燃費や加速性能に大きく寄与することでしょう。

ここでスカイアクティブテクノロジーについて振り返ってみましょう。

SKYACTIV Technologyとは?

マツダのスカイアクティブテクノロジーはエンジン×トランスミッション×プラットフォーム×ダイナミクスを統合した燃費と運転する楽しさを追求した技術郡のことです。

このスカイアクティブテクノロジーによって商品の魅力に輝きが増したマツダは劇的に復活・再生しています。

160714a

このスカイアクティブテクノロジーは先進運転支援システムや新型エンジンへと拡張しているものの、車の基幹であるプラットフォームは約10年放置されています。

基幹のプラットフォームをSKYACTIV-Vehicle Architectureへと一新することによって、マツダは新しい価値を生み出すのでしょう。

マツダ新型アクセラは走行性能・居住性が向上

マツダ新型アクセラでは、シャシー・プラットフォームの全面採用に加えサスペンションを新採用となり居住性と走行性能が劇的に向上します。

リアサスペンションは現行のマルチリンクからトーションビームへと変更されるものの、コスト削減目的ではなく電動化目的としてスペースを確保する目的があるようです。

テストカーのレビューを確認したところトーションビームであるものの、非常に出来が良いと評判のリアサスペンションとなると報道されています。

マツダ新型アクセラはデジタルメーター搭載

マツダ新型アクセラでは新しいデジタルメーターが搭載されます。

中国にて現行型マツダアクセラをベースにテスト中のデジタルメーターがスパイショットされました。

マツダ新型アクセラデジタルメーター

ハンドルのスイッチで切り替えも可能です。

マツダ新型アクセラデジタルメーター

マツダ新型アクセラはシートの質感が大幅に向上

マツダ新型アクセラのデザイン

マツダ新型アクセラではシートの質感が大幅に向上します。

報道機関向けレビューを見るとマツダ新型アクセラでは大学病院と提携しドライビング環境を徹底的に研究し、座った瞬間に人馬一体感を印象づけるシートを開発しています。

ライバルに比べ圧倒的なドライビングプレジャーを提供したシートとなっているようです。

マツダ新型アクセラはハイブリッド廃止

これまでマツダアクセラにはトヨタから供給されていたハイブリッドエンジンがありました。

しかしながら全エンジンにおいて自社開発のマイルドハイブリッドが搭載される他、エンジンレパートリーも絞る目的からトヨタ供給のハイブリッドモデルを廃止となります。

現行モデルにおいてハイブリッドモデルの販売高の想定では4割程度と見込んでいたものの、実際には1割未満でした。

この売上ではハイブリッドエンジンを販売する理由もないのでしょう。

マツダ新型アクセラの価格

マツダ新型アクセラの価格について、現在のところ具体的なリークがされていません。

現在の情報によるとガソリン車以上ハイブリッドモデル未満の価格となると考えられています。

スカイアクティブテクノロジーのが全面一新となるほか、新型エンジンの搭載も相まってある程度の価格上昇は免れないと考えられないでしょう。

マツダ新型アクセラの発売時期・発表日

マツダ新型アクセラの発表時期は2018年11月に行われるロサンゼルスモーターショー、発売時期は2019年上旬が計画されています。

ただしマツダのラインナップにおいてモデルサイクルは流動的であるため、より前倒しになる可能性もあります。

続報は追って追記します。

スポンサーリンク

マツダ新型アクセラのライバルとの比較

マツダ新型アクセラは欧州を中心に世界中で大きな人気があるCセグメントと呼ばれるサイズです。

特に欧州では歴史上Cセグメントハッチバックが長く愛されていることもあり、欧州車メーカーには一日の長があると言えますね。

最近では先進安全技術の技術向上から日本でも広く発売されており、これまで以上に競争が激化しているセグメントでもあります。

マツダ新型アクセラをライバルと比較すると以下のような違いがあります。

2019マツダ新型アクセラ2018トヨタ新型カローラハッチバック2019トヨタ新型カローラ2019VW新型ゴルフ
エンジン1800ccディーゼルor2000ccガソリンエンジン1800ccHV or 1200ccターボ1200ccターボor1500cc HV1200cc~1500cc+マイルドハイブリッド
プラットフォーム新採用 新採用 新採用 新採用
発売時期2019年上旬発売済2019年中旬2019年中旬
特徴世界初のHCCIエンジン搭載ハイブリッド・ターボエンジン搭載新設計ハイブリッド搭載か?マイルドハイブリッド初搭載


4代目マツダ新型アクセラのフルモデルチェンジ情報まとめ

HCCIエンジンと新型スカイアクティブシャシーが搭載
トヨタ供給のハイブリッドモデル廃止
デザインはCX-5同様にRX-VISIONを踏襲

全エンジンにおいてマイルドハイブリッドが搭載
2017年東京モーターショーにてコンセプトモデルをリリース
発売は2019年上旬

出展:マツダ商品情報

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする