新型アクセラにはHCCIエンジン&新型スカイアクティブが搭載へ!リーク情報まとめ!

スポンサーリンク

マツダにおける最大の目玉の車であり、看板車であるアクセラ。

こちらのマイナーチェンジ情報が少しずつリークされているようです。

アクセラはマツダにおける最大の販売台数を稼ぐ車です。現在はCX-5やデミオも販売台数が増えていますが、それでも屋台骨はアクセラです。

当然、マツダはアクセラに最大の注力をします。前回のマイナーチェンジでも、アクセラは大きな進化を遂げましたね。

今回のアクセラには、新しく追加されたスカイアクティブテクノロジーの一つである、スカイアクティブビークルダイナミクスと呼ばれる、「常に車の重心を中心にする仕組み」を導入したり、

マツダの新機能「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」とは?
アクセラのビッグマイナーチェンジより実装された機能です。長くなってしまうので別記事としました。

大幅にアップデートされた自動ブレーキシステムは、なんと日本最高の自動ブレーキシステムへと進化しました。

2016自動ブレーキシステムランキングが発表!1位はマツダ:アクセラに決定!!
独立行政法人による自動ブレーキシステムの評価が決定しました。アイサイトの独占になると思いきや、全ての会社がほぼ横ばいのようで…… ...

それでは、現在判明している新型アクセラの情報をまとめてみましょう。

現在判明している新型アクセラのリーク!

それでは、現在判明している&想定できる情報を整理してみましょう!

デザイン

デザインは、RX-VISIONのデザインを強く意識したデザインであるとのことです。

次世代型アクセラにはRX-VISIONのエッセンスを色濃く搭載される!?

RX-VISIONのデザインはこちらです。

現在予想されているデザインはこちらです。

ここまでフロントを絞ったデザインとまでは行かないでしょうが、まず間違いなくRX-VISIONのデザインを引き継いだデザインとなるでしょう。

新型CX-5のデザインを見ると分かりますし、デザイナーもRX-VISIONに近づけるデザインとしてCX-5をリリースしています。

RX-VISIONのデザインは本当に素晴らしいですから、このデザインに近づけるデザインとなりますとより素晴らしいデザインとなりそうですね!

HCCIエンジン&SKYACTIV Gen2の搭載へ!

HCCIエンジンの搭載、SKYACTIV Gen2エンジンの搭載が確定しています!

マツダ、HCCIエンジンをついに実用化!非ハイブリッドで燃費30km台へ到達へ!!
ついに実用化です!素晴らしいです!ハイブリッドクラスの燃費まで伸びるようですね!

HCCIエンジンとは?

簡単におさらいしますとHCCIエンジンとは爆発させずに着火させるエンジンシステムです。このエンジンのメリットは有害排気ガスを大幅に減らすため、様々な国の排気ガス規制をクリアすることが出来ます。

更に非常に燃費がよく、ハイブリッドクラスまで燃費も伸びるようです。

このエンジンは実用化が非常に難しい為他のメーカーは実用化出来ないエンジンですから、マツダにおける大きな訴求力となるエンジンとなるでしょうね。

SKYACTIV Gen2とは?

スカイアクティブテクノロジーはエンジン×トランスミッション×プラットフォーム×ダイナミクスを統合した燃費と運転する楽しさを追求した技術郡のことです。

このスカイアクティブテクノロジーによってマツダは復活しました。このスカイアクティブテクノロジーは拡張しており、エンジンのラインナップもふえております。ただし、車の基軸であるプラットフォームは変更できません。

ベースのプラットフォームやその他スカイアクティブテクノロジーを一新することがSKYACTIV Gen2となります。

また、Gen2では全車FR化も検討されています。

マツダが次世代プラットフォームからFR化することを検討しているようですね
※ニッケイの飛ばし記事です。 信ぴょう性は定かではないですし、まだ検討の段階です。

次のアクセラにGen2が搭載されたなら、アクセラで初めてFR化するかもしれませんね。

発売時期も決定!

発売時期も発表されました!

どうやら2018年末になるとのことです!

マツダ、HCCIエンジンをついに実用化!非ハイブリッドで燃費30km台へ到達へ!!
ついに実用化です!素晴らしいです!ハイブリッドクラスの燃費まで伸びるようですね!

恐らく、競合車や技術の熟成を見計らってリリースするのでしょうね!

続報は追って追記します!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?