マツダ新型アクセラへフルモデルチェンジ!4代目の発売時期やエンジンが判明!

スポンサーリンク

マツダのCセグメントハッチバック/セダン、アクセラのフルモデルチェンジの情報です!

アクセラはマツダにおける最大の販売台数を稼ぐ車です。現在はCX-5やデミオも販売台数が増えていますが、グローバルで見るとアクセラが最多販売車となります。

当然、マツダはアクセラに最大の注力をします。前回のマイナーチェンジでも、アクセラは大きな進化を遂げましたね。

切望されていたアップデートが一斉に行われています。

大幅にアップデートされた自動ブレーキシステムは、なんと日本最高の自動ブレーキシステムへと進化しました。

独立行政法人による自動ブレーキシステムの評価が決定しました。アイサイトの独占になると思いきや、全ての会社がほぼ横ばいのようで…… ...

新型アクセラは一体、どれほどユーザーを驚かせるのでしょうか?

まずはアクセラの特徴からみてみましょう。

スポンサーリンク

マツダ・アクセラはどういう特徴の車?

アクセラは、2003年にデビューしたマツダにおけるCセグメントワゴン/セダンです。

かつてマツダでラインナップされていたファミリアの後継車種であり、世界中で販売されている世界戦略車として販売されました。

販売台数が最も稼げる上、金額も比較的高めに設定されている為利幅が大きく中核モデルです。

アクセラの特徴として、他Cセグメント車よりも「運転する楽しさ」を追求しているという点があげられます。

運転する楽しさを追求しているだけあり、同サイズ最速モデルを目指して開発された”マツダスピードアクセラ”と呼ばれるハイスペックモデルがあります。

見た目こそ似ていますが、ボンネットの中は完全に別物です。MT専用モデルである上、2.3L直噴ターボエンジンという化物のようなスペックを有しています。

アクセラ/マツダスピードアクセラはマツダの中核モデルであるだけあり、非常に完成度の高いモデルであるといえます。

現行モデルは?

現行のアクセラは3代目であり、2013年にデビューしています。

これまで同様にスポーディなデザインと味付けはしっかり受け継がれています。

しかしながら3代目アクセラには新しいチャレンジとして、クリーンディーゼルエンジンが追加されています。

2016年に一度ビッグマイナーチェンジが行われており、フロントフェイスが変更、ディーゼルエンジンに1500ccが追加されました。

exterior_gallery1_2_1607.ts.1607140149416170

初代アクセラ、2代目アクセラから踏襲し、マツダのアイデンティティである”ファイブポインテッドグリル”が搭載されています。

また、新しいエッセンスとして”魂動デザイン”と呼ばれる鋭いヘッドライト、大型グリルと流行デザインへと移行しています。

また、サイズ拡大と共にロングノーズとなりよりスポーディなデザインとなりました。

アクセラのサイズは?

現行モデルのアクセラは、全長4460mm~4580mm、全幅1795mm、全高1455~1480mmです。

Cセグメントの王道サイズでありながら旧式の立体駐車場にも入れるサイズです。

道の狭い日本でも十分通用するサイズですね!

アクセラのエンジンは?

アクセラのエンジンは1500ccガソリンエンジン、1500ccディーゼルエンジン、2200ccディーゼルエンジン、2000ccハイブリッドエンジンの4種類です。

アクセラは世界戦略車ですから、それぞれの市場に合わせた複数のエンジンをラインナップしています。

このエンジンの多様性もアクセラの強みですね。

スポンサーリンク

現在判明している新型4代目アクセラの情報は?

現在判明している&想定できる情報を整理してみましょう!

デザイン

デザインは、RX-VISIONのデザインを強く意識したデザインであるとのことです。

RX-VISIONのデザインはこちらです。

このRX-VISIONを元に、現在予想されているデザインはこちらです。

新型CX-8に合わせたデザインのアクセラもあります。

RX-VISIONに近づけるデザインとしてCX-5をリリースされていることを考えると、新型アクセラも近いデザインとなると考えられます。

RX-VISIONのデザインは本当に素晴らしいですから、このデザインに近づけるデザインとなりますとより素晴らしいデザインとなりそうですね!

HCCIエンジン&SKYACTIV Gen2の搭載へ!

HCCIエンジンの搭載、SKYACTIV Gen2エンジンの搭載が確定しています!

それぞれの特徴を見てみましょう。

HCCIエンジンとは?

簡単におさらいしますとHCCIエンジンとは”爆発させずに着火させるエンジンシステム”です。このエンジンのメリットは有害排気ガスを大幅に減らすため、様々な国の排気ガス規制をクリアすることが出来ます。

メリットは排気ガスだけではなく、ハイブリッド並に燃費も伸びるようです。

これだけ良いことが盛りだくさんのエンジンでありながらどこも発売していない理由は、このエンジンは実用化が非常に難しい為他のメーカーは実用化できていないのです。

このHCCIエンジンを実用化し量産化、そして搭載すれば素晴らしい魅力のエンジンとなるでしょう。

また、リークによると燃費は2~3割の改善となるようです。

こちらのHCCIエンジンは2017年9月に行われるフランクフルトモーターショーにて公開されるかもしれません。

SKYACTIV Gen2とは?

スカイアクティブテクノロジーはエンジン×トランスミッション×プラットフォーム×ダイナミクスを統合した燃費と運転する楽しさを追求した技術郡のことです。

160714a

このスカイアクティブテクノロジーによって商品の魅力に輝きが増したマツダは劇的に復活・再生しています。

このスカイアクティブテクノロジーは拡張しており、エンジンのラインナップもふえているものの、車の基幹であるプラットフォームは約10年放置されています。

ベースのプラットフォームやその他スカイアクティブテクノロジーを一新することがSKYACTIV Gen2となります。

また、SKYACTIV Gen2でプラットフォームを一新するのと同時にFR化するのではないか?という報道もあります。

※ニッケイの飛ばし記事です。 信ぴょう性は定かではないですし、まだ検討の段階です。

次のアクセラにGen2が搭載されたなら、アクセラで初めてFR化するかもしれませんね。

マイルドハイブリッドも!

マツダは気筒休止システム及びマイルドハイブリッドを搭載する予定のようです。

マツダは未来に向けて、燃費改善へのアプローチを増やしている模様です。

気筒休止システムは大型エンジンのみですから、アクセラには搭載されないと考えられます。

マイルドハイブリッドは全車搭載予定のようですから、新型アクセラに搭載される可能性は非常に高いといえます。

ロータリーエンジンのEVも?

中国新聞より、ロータリーエンジンのEVが開発されており、2019年頃にリリースされるとのことです。

マツダは未来に向けて、燃費改善へのアプローチを増やしている模様です。

カーセンサーからも同じ内容の記事が出ています。

マツダには、ロータリーエンジンという技術資産がある。軽量コンパクトで、振動が極めて少ないという利点はEVの弱点を補うレンジエクステンダーに最適だ。過去にプロトタイプが披露されたように、実用化に向けての研究も進んでいる。

本記事ではアクセラと記載されていないものの、ボディサイズやリリース時期を考えると、新型アクセラか新型アクセラの兄弟車に搭載される可能性が高いと言えますね。

2017東京モーターショーでコンセプトカーのリリースが濃厚!

2017年10月末に行われる東京モーターショーにて、SKY ACTIV Gen2プラットフォーム+HCCIエンジン搭載の新型アクセラのコンセプトカーがリリースされる可能性が濃厚となっています!

東京モーターショーに要注目ですね!

発売時期が決定!

発売時期も発表されました!2018年末になるとのことです!

恐らく、競合車や技術の熟成を見計らってリリースするのでしょうね!

スポンサーリンク

現在のリーク情報をまとめると?

現在の情報をまとめるとこのような情報がリークされています。

HCCIエンジンと新型スカイアクティブテクノロジーが搭載される
デザインはCX-5同様にRX-VISIONを踏襲

マイルドハイブリッドが搭載
2017年東京モーターショーにてコンセプトモデルをリリース
発売は2018年末

続報は追って追記します!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?