マツダ新型アクセラへフルモデルチェンジ!発売時期・エンジンが判明!

スポンサーリンク

マツダのCセグメントハッチバック/セダン、アクセラのフルモデルチェンジの情報です!

アクセラはマツダにおける最大の販売台数を稼ぐ車です。

現在はCX-5やデミオも販売台数が増えていますが、グローバルで見るとアクセラが最多販売車となります。

当然、マツダはアクセラに最大の注力をします。前回のマイナーチェンジでも、アクセラは大きな進化を遂げましたね。

切望されていたアップデートが一斉に行われています。

大幅にアップデートされた自動ブレーキシステムは、なんと日本最高の自動ブレーキシステムの評価も受けている程の性能です。

独立行政法人による自動ブレーキシステムの評価が決定しました。...

4代目となるマツダ新型アクセラは一体、どれほどユーザーを驚かせるのでしょうか?

それでは、4代目となるマツダ新型アクセラについて見てみましょう!

スポンサーリンク

4代目マツダ新型アクセラのフルモデルチェンジ情報

コンセプトカーのリリースや新型スカイアクティブテクノロジーと、様々な技術が一斉搭載される模様です。

4代目マツダ新型アクセラは3代目マツダアクセラと比べどの程度変わったのでしょうか?

変更点をまとめました。

マツダ新型アクセラのコンセプトカーである”魁 CONCEPT”

2017年東京モーターショーにて、マツダ新型アクセラである魁 CONCEPT(カイ・コンセプト)がリリースされました。

マツダ新型アクセラコンセプトマツダ新型アクセラコンセプト マツダ新型アクセラコンセプト マツダ新型アクセラコンセプト

マツダ新型アクセラコンセプト インテリア マツダ新型アクセラコンセプト インテリア マツダ新型アクセラコンセプト インテリア

デザインを見る限り現実的でないデザインではあるものの、このコンセプトカーに近いアクセラとなることが考えられます。

マツダ新型アクセラのデザインはRX-VISIONを踏襲

新型アクセラのデザインは、RX-VISIONのデザインを強く意識したデザインであるとのことが報道されています。

このRX-VISIONを元に、現在予想されているデザインはこちらです。

こちらは魁 CONCEPTのようなデザインですね。

新型アクセラ デザイン

他にも新型CX-8のような新型アクセラの予想デザインもあります。

新型アクセラ デザイン

魁 CONCEPTやRX-VISIONを見る限り、新しいアクセラは次世代のデザインが全面採用となりそうですね。

マツダ新型アクセラのスパイショットが欧州でリーク

新型アクセラ スパイショット 新型アクセラ スパイショット 新型アクセラ スパイショット

欧州にてマツダ新型アクセラのスパイショットが撮影されました。

このテストカーは現行型マツダアクセラの見た目をしていますが、中身はHCCIエンジンや新しいプラットフォームを搭載している新型アクセラのテストカーだと報告されています。

搭乗車は様々な国の自動車評論家であり、世界中から試乗レビューが投稿されました。

マツダ新型アクセラは新型HCCIエンジン搭載

現行型アクセラ エンジン

マツダ新型アクセラはHCCIエンジン&マイルドハイブリッドのSKYACTIV-Xエンジンが搭載されます。

マツダ新型アクセラに搭載されるSKYACTIV-Xエンジンは、燃費は高速道路で5%程度の向上である一方、市街地での燃費は10%以上向上するとのことです。

ハイブリッドのような低出力時に燃費が伸びるエンジンとなりそうですね。

性能は最高出力140kW、最大トルク230Nmまで伸びるとされています。現行比20%強化となります。

ところで、マツダが新開発したHCCIエンジンは何が魅力的なのでしょうか?

HCCIエンジンの魅力・性能とは?

新型アクセラ HCCIエンジン

マツダが新開発したHCCIエンジンとは何なのでしょうか?

HCCIエンジンとはスーパーチャージャーで過給し、”ガソリンを爆発させずに着火させるエンジンシステム”です。

HCCIエンジンを採用することによって、以下の3つのメリットがあります。

  • CO2の排出減少
  • 燃費向上
  • トルク向上

これだけ良いことが盛りだくさんのエンジンでありながらどこも発売していない理由は、このHCCIエンジンは実用化が非常に難しい為他のメーカーは実用化できていないのです。

マツダは敢えて別メーカーが開発できなかったHCCIエンジンを開発することによって、ほかメーカーとは大きな差別化に成功するでしょう!

マツダ新型アクセラは新型プラットフォーム搭載

スカイアクティブGen2 シャシー

マツダ新型アクセラにはスカイアクティブテクノロジーの全面的に一新され
SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブビークルアーキテクチャ)が搭載されます。

スカイアクティブテクノロジーの全面採用によってマツダは復活した過去があります。その成功を捨てて0ベースから新たな価値を生むため、プラットフォームの全面一新となります。

マツダ新型アクセラに搭載されるSKYACTIV-Vehicle Architectureは、
現行以上に静粛性や振動を吸収する上乗り心地や運転操舵性は向上していてワンランクアップの乗り心地となります。

更に10%以上の軽量化も実現し燃費や加速性能に大きく寄与することでしょう。

ここでスカイアクティブテクノロジーについて振り返ってみましょう。

SKYACTIV Technologyとは?

スカイアクティブテクノロジーはエンジン×トランスミッション×プラットフォーム×ダイナミクスを統合した燃費と運転する楽しさを追求した技術郡のことです。

このスカイアクティブテクノロジーによって商品の魅力に輝きが増したマツダは劇的に復活・再生しています。

160714a

このスカイアクティブテクノロジーは先進運転支援システムや新型エンジンへと拡張しているものの、車の基幹であるプラットフォームは約10年放置されています。

基幹のプラットフォームをSKYACTIV-Vehicle Architectureへと一新することによって、マツダは新しい価値を生み出すのでしょう。

マツダ新型アクセラは走行性能・居住性が向上

マツダ新型アクセラでは、シャシー・プラットフォームの全面採用に加えサスペンションを新採用となり居住性と走行性能が劇的に向上します。

リアサスペンションは現行のマルチリンクからトーションビームへと変更されるものの、
コスト削減目的ではなく電動化目的としてスペースを確保する目的があるようです。

レビューを見る限りトーションビームであるものの、非常に出来が良いと評判のリアサスペンションとなるようです!

マツダ新型アクセラはハイブリッド削除

これまでマツダアクセラにはトヨタから供給されていたハイブリッドエンジンがありました。

しかしながら全エンジンにおいて自社開発のマイルドハイブリッドが搭載される他エンジンレパートリーも絞る目的から

マツダ新型アクセラはトヨタ供給のハイブリッドモデルを廃止となります。

現行モデルにおいてハイブリッドモデルの販売高の想定では4割程度と見込んでいたものの、実際には1割未満でした。

この売上ではハイブリッドエンジンを販売する理由もないのでしょう。

マツダ新型アクセラはロータリーエンジンのEVも?

中国新聞より、ロータリーエンジンのEVが開発されており、2019年頃にリリースされるとのことです。

マツダは未来に向けて、燃費改善へのアプローチを増やしている模...

カーセンサーからも同じ内容の記事が出ています。

マツダには、ロータリーエンジンという技術資産がある。軽量コンパクトで、振動が極めて少ないという利点はEVの弱点を補うレンジエクステンダーに最適だ。過去にプロトタイプが披露されたように、実用化に向けての研究も進んでいる。

本記事ではアクセラと記載されていないものの、ボディサイズやリリース時期を考えると、新型アクセラか新型アクセラの兄弟車に搭載される可能性が高いと言えますね。

マツダ新型アクセラの価格

マツダ新型アクセラの価格は、現在のところ具体的なリークがされていません。

現在の情報によるとガソリン車以上ハイブリッドモデル未満の価格となると考えられています。

スカイアクティブテクノロジーのが全面一新となるほか、新型エンジンの搭載も相まってある程度の価格上昇は免れないと考えられます。

マツダ新型アクセラの発売時期・発表日

マツダ新型アクセラのコンセプトカーは2017年東京モーターショーに公開され、マツダ新型アクセラの発売時期は2019年上旬が計画されています。

ただしマツダのラインナップにおいてモデルサイクルは流動的であるため、より前倒しになる可能性もあります。

スポンサーリンク

4代目マツダ新型アクセラのフルモデルチェンジ情報まとめ

HCCIエンジンと新型スカイアクティブシャシーが搭載
トヨタ供給のハイブリッドモデル廃止
デザインはCX-5同様にRX-VISIONを踏襲

全エンジンにおいてマイルドハイブリッドが搭載
2017年東京モーターショーにてコンセプトモデルをリリース
発売は2019年上旬
それでは最後に、マツダアクセラの特徴を振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

マツダアクセラはどういう特徴の車?

アクセラは、2003年にデビューしたマツダにおけるCセグメントワゴン/セダンです。

かつてマツダでラインナップされていたファミリアの後継車種であり、世界中で販売されている世界戦略車として販売されました。

販売台数が最も稼げる上、金額も比較的高めに設定されている為利幅が大きく中核モデルです。

アクセラの特徴として、他Cセグメント車よりも「運転する楽しさ」を追求しているという点があげられます。

初代アクセラ

運転する楽しさを追求しているだけあり、同サイズ最速モデルを目指して開発された”マツダスピードアクセラ”と呼ばれるハイスペックモデルがあります。

見た目こそ似ていますが、ボンネットの中は完全に別物です。MT専用モデルである上、2.3L直噴ターボエンジンという化物のようなスペックを有しています。

アクセラ/マツダスピードアクセラはマツダの中核モデルであるだけあり、非常に完成度の高いモデルであるといえます。

現行モデルのマツダアクセラは?

現行のアクセラは3代目であり、2013年にデビューしています。

これまで同様にスポーディなデザインと味付けはしっかり受け継がれています。

しかしながら3代目アクセラには新しいチャレンジとして、クリーンディーゼルエンジンが追加されています。

2016年に一度ビッグマイナーチェンジが行われており、フロントフェイスが変更、ディーゼルエンジンに1500ccが追加されました。

現行型アクセラ

初代アクセラ、2代目アクセラから踏襲し、マツダのアイデンティティである”ファイブポインテッドグリル”が搭載されています。

また、新しいエッセンスとして”魂動デザイン”と呼ばれる鋭いヘッドライト、大型グリルと流行デザインへと移行しています。

また、サイズ拡大と共にロングノーズとなりよりスポーディなデザインとなりました。

現行モデルのマツダアクセラのサイズは?

現行モデルのアクセラは、全長4460mm~4580mm、全幅1795mm、全高1455~1480mmです。

Cセグメントの王道サイズでありながら旧式の立体駐車場にも入れるサイズです。

道の狭い日本でも十分通用するサイズですね!

現行モデルのマツダアクセラのエンジンは?

現行型アクセラ エンジン

アクセラのエンジンは1500ccガソリンエンジン、1500ccディーゼルエンジン、2200ccディーゼルエンジン、2000ccハイブリッドエンジンの4種類です。

アクセラは世界戦略車ですから、それぞれの市場に合わせた複数のエンジンをラインナップしています。

このエンジンの多様性もアクセラの強みですね。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする