マツダ新型アテンザに2018年マイナーチェンジ デザイン価格変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マツダ新型アテンザのマイナーチェンジに伴う変更点

今回マイナーチェンジとなるマツダ新型アテンザでは、前回のマイナーチェンジに引けを取らないフルモデルチェンジとも言えるような変更があります。

1つずつ変更点を見てみましょう!

マツダ新型アテンザはRX-VISIONを踏襲したデザインに変更

マツダ新型アテンザはマイナーチェンジに伴いデザインが変更されます。

マツダ新型アテンザのデザイン画像 マツダ新型アテンザのデザイン画像マツダ新型アテンザのデザイン画像 マツダ新型アテンザのデザイン画像 マツダ新型アテンザのデザイン画像マツダ新型アテンザワゴンの画像マツダ新型アテンザワゴンの画像マツダ新型アテンザセダンの画像

マツダ新型アテンザのデザインは”Mature Elegance”をコンセプトとしたデザインとなります。

フロントグリルはハニカムメッシュグリルになりフォグ周辺のデザインが変更されており、RX-VISIONやCX-5を踏襲したデザインですね。

インテリアデザインでは、日本の伝統家具や楽器などに使用される栓木(せんのき)を用いた本杢素材を採用しており、プレミアム感を演出しています。

マツダ新型アテンザはソウルレッドクリスタルメタリックカラー追加

マツダ新型アテンザのソウルレッドクリスタルメタリック画像

マツダ新型アテンザでは、マツダ新型CX-5以降順次追加されているソウルレッドクリスタルメタリックが追加されます。

躍動感があり美しいレッドですね。

マツダ新型アテンザは海外のみ2500ccターボが追加

マツダ新型アテンザのエンジン画像

米国におけるマツダ新型アテンザには、新しく直列4気筒2500ccターボエンジンが搭載されます。

米国ではマツダCX-9に引き続き2台目となります。

マツダ新型アテンザに新規採用される直列4気筒2500ccターボエンジンのエンジンパワーは4L V8エンジンクラスと同等とのことですから、強烈なパワー・トルクがありますね。

トランスミッションには6ATと6MTが採用されます。

ただし悲しいことに、国内販売においてマツダ新型アテンザに2500ccターボエンジンは搭載されません。

フルモデルチェンジに伴い追加されることを期待したいですね……。

マツダ新型アテンザのエンジンは気筒休止システムも搭載

マツダ新型アテンザは直列4気筒2500cc直噴ガソリンエンジンに気筒休止システムが搭載されます。

気筒休止システムを搭載することによってエンジンの負荷が少ない低速時に気筒を休止し、燃費を向上することが出来ます。

気筒休止システムを採用することによるメリットである燃費は、40km/h走行で20%向上、80km/hで5%向上と大幅な燃費改善となるでしょう。

ただし現行の直列4気筒2000ccガソリンエンジンには搭載されず、2500ccモデルのみに搭載される予定です。

マツダ新型アテンザのディーゼルエンジンは急速多段燃焼技術採用

マツダ新型アテンザのディーゼルエンジンには急速多段燃焼技術が採用されます。

急速多段燃焼技術とは少量の燃料を多段かつ高圧で微細分霧化して噴射する新たな燃焼方法のことを呼び、マツダCX-8より採用されているディーゼルエンジン限定の機能です。

急速多段燃焼技術の採用によって静粛性、燃費、環境性能がそれぞれ向上します。

マツダ新型アテンザはマツダコネクトの機能が向上

マツダ新型CX-3のマツダコネクトの画像

マツダ新型アテンザではマツダコネクトのインチが8インチへと拡大しジャイロが搭載されます。

ジャイロが搭載されるとGPSが途切れるトンネル内でも速度を元に正確にナビを続けることが出来るようになります。

また、Android AutoとCarPlayがマツダコネクトに対応します。

スマートフォンと連携できるナビと対応すれば利便性が上がり自由度が大幅に上がるでしょう。

ただしこちらは現在のところ北米マツダのプレスリリースによるものであり、国内販売時に適用されるのか現状不明です。

マツダコネクトはいろいろな問題点があると言われているものの、解消するためにテコ入れを続けられているのはナイスですね。

マツダ新型アテンザは先進運転支援システムが拡張

マツダ新型アテンザのi-activsenseの画像

マツダ新型アテンザでは、先進運転支援システムである”i-activ sense”が拡張しMRCC(マツダレーダークルーズコントロール)が全車速対応となります。

また、コーナーや対向車に応じて自動的にヘッドライトが動くALHも4分割から20分割へと変更されています。

分割が増えることによってより精密な照らし方を実現することが出来るでしょう。

また、プロアクティブ以上のグレードではMRCCが標準搭載となります。

力の入った機能であることからより沢山の人に利用してほしいと考えているのでしょう。

全車速対応となることによって、渋滞時でもMRCCを解除せずとも利用することが出来ます。

フラッグシップモデル相応の先進安全装備となりますね。

マツダ新型アテンザは360°ビュー・モニター搭載

マツダ新型アテンザのアラウンドビューモニターの画像

マツダ新型アテンザでは、アラウンドビューモニターこと360°ビュー・モニターが搭載されます。

360°ビュー・モニターはいろんな箇所が隅々まで見れるようになっているよう性能が大幅に向上し一新され、メーカーオプションで選択できるようになります。

アテンザはDセグメントセダン/ワゴンと大きいボディですから、ナイスな改変内容ですね。

マツダ新型アテンザの発売日・発売時期

マツダ新型アテンザの発表は2017年12月1日のロスアンゼルスモーターショーに行われました。

国内版マツダ新型アテンザでは2018年5月24日発表、2018年6月21日発売となります。

マツダ新型アテンザの価格

マツダ新型アテンザの価格が判明しました。

グレード2018マツダ新型アテンザの価格2018現行型マツダアテンザの価格
XD3,240,000円3,207,600円
XD PROACTIVE3,369,600円3,288,600円
XD L Package3,952,800円3,774,600円

(MTは+54,000円、AWDは+237,600円)

32,400~178,200円程度の値上げとなる模様です。

事前予測や海外の値上げ額に比べるとかなり抑えめな値上げとなります。ポジティブサプライズですね。

スポンサーリンク

マツダ新型アテンザのマイナーチェンジ情報まとめ

  • エクステリアデザイン・インテリアデザインの変更
  • 国内向けには直噴2500ccターボエンジンモデルが追加されない
  • 一部エンジンに気筒休止システムが搭載、燃費は5~20%改善
  • i-activsenseが拡張、MRCCが全車速対応
  • 360°ビューモニターが搭載
  • 2018年6月21日発売

出典:マツダ製品ページ

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする