マツダ新型アテンザにマイナーチェンジ デザイン価格変更点の詳細

スポンサーリンク

マツダのフラッグシップセダン、アテンザのマイナーチェンジ情報です!

本記事では2018年に行われるアテンザのマイナーチェンジにおける変更点を記載します。

マツダアテンザのデザイン

マツダアテンザはあえてフルモデルチェンジが見送られています。

その理由として、アテンザには新型プラットフォーム、新型エンジンと新型スカイアクティブを全面採用となるからでしょう。

再来年に行われるマツダ新型アクセラではそれらが全て搭載される予定です。

その為、今回のマイナーチェンジでは後期型へと移行する最後のマイナーチェンジとなる模様です。

今回のマイナーチェンジでは一体何が変わるのでしょうか?

マツダ新型アテンザのマイナーチェンジ情報を見てみましょう!

スポンサーリンク

マツダ新型アテンザのマイナーチェンジに伴う変更点

今回マイナーチェンジとなるマツダ新型アテンザでは、前回のマイナーチェンジに引けを取らないフルモデルチェンジとも言えるような変更があります。

1つずつ変更点を見てみましょう!

マツダ新型アテンザはRX-VISIONを踏襲したデザインに変更

驚くことに、マツダ新型アテンザは今回のマイナーチェンジでもデザインが変更されます。

現行モデルである3代目アテンザはこれで2回デザインが変更されることとなるようですね。

画像はこちら。

マツダ新型アテンザのデザイン画像 マツダ新型アテンザのデザイン画像

デザインは”Mature Elegance”をコンセプトとしたデザインとなります。

フロントグリルはハニカムメッシュグリルになりフォグ周辺のデザインが変更されており、RX-VISIONやCX-5を踏襲したデザインですね。

インテリアデザインでは、日本の伝統家具や楽器などに使用される栓木(せんのき)を用いた本杢素材を採用しており、プレミアム感を演出しています。

また、2017年ロサンゼルスモーターショーをもって全体デザインが公開されました。

マツダ新型アテンザのデザイン画像 マツダ新型アテンザのデザイン画像 マツダ新型アテンザのデザイン画像

マツダ新型CX-5ほどヘッドライトが細くないものの、RX-VISIONのような雰囲気のあるフロントデザインですね。

インテリアも非常に上質なデザインへと変更されています。

マツダ新型アテンザはソウルレッドクリスタルメタリックカラー追加

マツダ新型アテンザのソウルレッドクリスタルメタリック画像

マツダ新型アテンザでは、マツダ新型CX-5以降順次追加されているソウルレッドクリスタルメタリックが追加されます。

躍動感があり美しいレッドですね。

マツダ新型アテンザは2500cc直噴ターボエンジンが追加

マツダ新型アテンザのエンジン画像

マツダ新型アテンザでは、以下のエンジンが搭載されます。

  • 直列4気筒2000cc直噴エンジン
  • 直列4気筒2500cc直噴ターボエンジン

2500ccターボエンジンはCX-9のみに搭載されていましたが、更にフラッグシップセダンであるマツダ新型アテンザにも2500ccターボエンジン搭載されるようです。

エンジンパワーは4L V8エンジンクラスと同等とのことですから、強烈なパワー・トルクがありますね。

トランスミッションには6ATと6MTが採用されます。

今回の公表はLAモーターショーである為ディーゼルエンジンモデルは不搭載となっていますが、
国内での販売の際にはディーゼルエンジンモデルも搭載されるでしょう。

ただし、残念ながら以前リークされていた直列6気筒3000ccエンジンは採用されないようですね。

こちらはフルモデルチェンジで搭載されるでしょう。

マツダ新型アテンザのエンジンは気筒休止システムも搭載

マツダ新型アテンザには、以前記事にしていた気筒休止システムも搭載されます。

気筒休止システムを搭載することによってエンジンの負荷が少ない低速時に気筒を休止し、燃費を向上することが出来ます。

ただし、気筒休止システムは2500cc直噴ターボエンジンのみの搭載となります。

気筒休止システムを採用することによるメリットである燃費は、40km/h走行で20%向上、80km/hで5%向上と大幅な燃費改善です!

マツダ新型アテンザは先進運転支援システムが拡張

マツダ新型アテンザのi-activsenseの画像

マツダ新型アテンザでは、先進運転支援システムである”i-activ sense”が拡張しMRCC(マツダレーダークルーズコントロール)が全車速対応となります。

マツダCX-5のフルモデルチェンジでも対応した変更点ですね。

全車速対応となることによって、渋滞時でもMRCCを解除せずとも利用することが出来ます。

マツダ新型アテンザは360°ビュー・モニター搭載

マツダ新型アテンザのアラウンドビューモニターの画像

マツダ新型アテンザでは、アラウンドビューモニターこと360°ビュー・モニターが搭載されます。

360°ビュー・モニターはいろんな箇所が隅々まで見れるようになっているよう性能が大幅に向上し一新され、メーカーオプションで選択できるようになります。

アテンザはDセグメントセダン/ワゴンと大きいボディですから、ナイスな改変内容ですね。

マツダ新型アテンザの発売日・発売時期

現在のところ、マツダ新型アテンザの発表は2017年12月1日のロスアンゼルスモーターショーとなっています。

発売は具体的な日時は不明であるものの、リークによると国内販売は2018年2月が予定されているようです。

マツダ新型アテンザの価格

マツダ新型アテンザの価格は現在のところ発表されていません。

carscoopによると、2500ccターボエンジンモデルの価格は$3000(33万円程度)の値上げとなるのではないかと考えられています。

国内の価格が判明次第、追記します。

スポンサーリンク

マツダ新型アテンザのマイナーチェンジ情報まとめ

  • エクステリアデザイン・インテリアデザインの変更
  • 直噴2500ccターボエンジンモデルが追加
  • 気筒休止システムが搭載
  • 燃費は5~20%改善
  • i-activsenseが拡張、MRCCが全車速対応
  • 360°ビューモニターが搭載
  • 2018年2月発売
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする