マツダ新型デミオにマイナーチェンジ 価格・変更内容の詳細

スポンサーリンク

マツダのBセグメントコンパクトハッチバック、デミオの年次改良情報です!

マツダは東京モーターショーに向けて様々な車種にテコ入れをする計画があります。

最たる例が新型アクセラと思われるコンセプトカーですね。

マツダのCセグメントハッチバック/セダン、アクセラのフルモデ...

また、内密にされているロードスターのマイナーチェンジもあります。

こちらもデザイン以外全てが一新されると言っても過言ではありませんね。

マツダの看板車であるロードスターのマイナーチェンジ情報です!...

そして新しくデミオのマイナーチェンジ情報が入ってきました!

スポンサーリンク

マツダ新型デミオのマイナーチェンジ情報

現在のデミオから比較し、機能性や質感が向上するようです。

1つずつ見てみましょう。

マツダ新型デミオはデザインの変更なし

マツダデミオ

今回マイナーチェンジとなるマツダ新型デミオでは、デザインの変更は現在のところ確認されていません。

2016年のマイナーチェンジでフォグ周りやグリルデザインに変更があったことから、

今回のマイナーチェンジではデザインの変更は行われなかったと考えられます。

マツダのエントリーモデルであり、小型ディーゼルエンジンの牽引...

マツダ新型デミオは安全装備の拡充がメイン

マツダ i-activsense

マイナーチェンジとなるマツダ新型デミオは、前回のマイナーチェンジで置いてけぼりになったi-activsenseの拡充がメインとなります。

2016年のマイナーチェンジで一部i-activsenseが標準装備となったものの、

大抵の機能はほぼオプションとなっていました。

しかしながら今回のマイナーチェンジでほぼ全ての機能が標準装備となり、新しく以下の機能が追加されることとなります。

  • アドバンスドSCBS(高性能自動ブレーキシステム)
  • TSR(標識認識システム)
  • スマートシティブレーキサポート(後退時)
  • リアパーキングセンサー

一方、以下の2つの機能はこれまで通りメーカーオプション設定です。

  • ALH(アダプティブLEDヘッドライト)
  • MRCC(マツダレーダークルーズコントロール)

マツダ新型デミオは360°モニターが追加

マツダ アラウンドビューモニター

マツダ新型デミオには、新型CX-8にも搭載されるマルチビューモニター(360°モニター)がメーカーオプションで搭載可能となります!

マツダCX-5の3列シートSUVである、新型CX-8の情報で...

マルチビューモニターとは上から見下ろすように前後左右をカメラで監視できるシステムであり、駐車の負担を大きく軽減できるシステムです。

価格は約7万円前後と考えられています。

マツダ新型デミオはマツダコネクト(マツコネ)が改善

マツダコネクト

マツダ新型デミオではマツダコネクトが改善し、GPS性能の向上や3Dジャイロの新規搭載が行われます。

もはやナビ性能として遜色のないマツダコネクトとなりますが、一層のテコ入れによって
より高性能で利便性の高いインフォテイメントシステムとなるでしょうね。

マツダ新型デミオの価格は上昇

マツダ新型デミオは様々なアップデートによって価格が上昇することがわかっています。

とはいえ上昇価格は1万円程度と考えられており、安全装備の殆どが標準装備となることを考えると

非常に努力している価格であるといえますね。

マツダ新型デミオの特別仕様車が追加

マツダ新型デミオ ノーブルクリムゾンの画像

マツダ新型デミオでは、商品改良と同時に特別仕様車である”ノーブルクリムゾン”が追加されます。

ノーブルクリムゾンは13S TouringとD Touringの6速AT車をベースに開発されており、レッドシートファブリックやホワイトインテリアが採用されています。

ボディカラーはセラミックメタリックとなります。

スポンサーリンク

マツダ新型デミオのマイナーチェンジ情報まとめ

  • マツダ新型デミオはデザインの変更なし
  • 安全装備の殆どが標準装備となる
  • アラウンドビューモニターがメーカーオプションで追加
  • 価格は1万円程度上昇
  • 特別仕様車が追加

それでは最後にマツダデミオについて振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

マツダデミオはどんな特徴の車?

マツダ 初代デミオ
マツダ初代デミオ)

マツダデミオは、マツダにおける唯一のBセグメントハッチバックです。

初代デミオは1996年にデビューしており、現在のモデルで3代目となります。

デミオは国内販売ではハッチバックモデルのみが発売されていますが

国外ではMazda2という名前に変更され、セダンタイプもリリースされています。

初代デミオは無骨なデザインやスペースを最大まで活用できる室内空間を兼ね揃えており、

実用性や道具感を最優先・最重視したモデルとして開発されていました。

バブル崩壊で優美な車の需要が減っていたことやライバル不在によって初代デミオは大成功を飾り、

経営不振に陥っていたマツダを救ったことで”マツダの救世主”とも呼ばれるほどの名車となりました。

2代目デミオは海外販売を視野

2代目デミオ

(マツダ2代目デミオ)

初代コンセプトをそのまま引き継がれ開発されました。

初代はワゴン風の味付けをしてたデザインでしたが、欧州での販売を見越して流麗で空気抵抗の少ないデザインが採用されました。

また、マツダのアイデンティティである”ファイブポインテッドグリル”が初めて搭載され、マツダにおける上位クラスの車種との共通性を持たせています。

2代目デミオも国内で人気を博したものの、ライバルであるホンダフィットが発売されたことで初代ほどのメガヒットとはならなかったようです。

3代目デミオで開発コンセプトを大きく転換

3代目デミオ

(マツダ3代目デミオ)

3代目デミオでは、初代・2代目のコンセプトである実用性や室内空間を捨てて大きな方針転換を行います。

2代目より更に流麗なデザインとなり、欧州での販売を更に意識したコンパクトハッチバックスタイルとなりました。

また、現在のマツダのアイデンティティとなっている”走る楽しさ”を強く打ち出し、エンジンや足回りを徹底的にチューニングし

他のコンパクトカーとは大きく差別化されています。

これら運転する楽しさやデザインが高く評価され、2007年ワールドカーオブザイヤーを受賞しました。

マツダが開発したコンパクトカーであるからこそ成し遂げた偉業ですね。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする