マツダ新型CX-5にマイナーチェンジ 気筒休止システムを搭載し2018年2月発売

スポンサーリンク

マツダ新型CX-5のマイナーチェンジに伴う変更点

今回のマツダ新型CX-5のマイナーチェンジでは、フルモデルチェンジで変更されなかったエンジンに変更があります。

変更点を1つずつ見てみましょう!

マツダ新型CX-5は2017ロサンゼルスモーターショーで公開

マツダ新型CX-5のデザイン画像

マツダ新型CX-5のマイナーチェンジは2017年11月末に行われるロサンゼルスモーターショーで公開されました。

余談ですが初代マツダCX-5のマイナーチェンジや、2代目マツダCX-5もロサンゼルスモーターショーで公開されています。

マツダCX-5はロサンゼルスモーターショーとの縁が深いですね。

マツダ新型CX-5はデザインの変更なし

マツダ新型CX-5デザインの画像

2017年2月にフルモデルチェンジされたマツダ新型CX-5は、デザインの変更がありません。

発売されてまだ9ヶ月ですから、デザインの変更は時期尚早ですね。

デザインの変更非常に大きな変更であることから、大規模なマイナーチェンジと同時に行われることが多いといえます。

マツダ初代CX-5と同じタイミングであれば、大規模なマイナーチェンジは2019年後半となるのではないかと予想されています。

マツダ新型CX-5は2500cc直噴エンジンに大幅な改良

マツダ新型アテンザのエンジン画像

マツダ新型CX-5では以下のエンジンが搭載されます。

  • 直列4気筒2500cc直噴エンジン

今回の公表はLAモーターショーである為ディーゼルエンジンモデルは不搭載となっていますが、
国内販売の際にはディーゼルエンジンモデル、直列4気筒2000ccガソリンエンジンモデルも搭載されるでしょう。

ただし、残念ながら以前リークされていた直列6気筒3000ccエンジンは採用されないようです。

次回のビッグマイナーチェンジで追加されるのかもしれませんね。

マツダ新型CX-5のエンジンは気筒休止システムも搭載

マツダ新型CX-5では、以前リークされていた気筒休止システムも搭載されます。

気筒休止システムを搭載することによってエンジンの負荷が少ない低速時に気筒を休止し、燃費を向上することが出来ます。

マツダは未来に向けて、燃費改善へのアプローチを増やしている模...

また、同時にピストンの形状が変更され、高圧燃料噴射装置が搭載されます。パワーと燃費が更に改善する予定です。

気になる燃費は40km/h走行で20%向上、80km/hで5%向上と大幅な燃費改善ですね!

マツダ新型CX-5はエントリーグレードの装備が向上

マツダ新型CX-5のi-activsenseの画像

マツダ新型CX-5では、エントリーグレードの装備が向上し以下の装備が追加されます。

  • i-activsenseの標準装備
  • 17インチ合金ホイール
  • シートの質感が向上

北米モデルではi-activsenseの装備は標準では無い為、これらの装備が追加されるようです。

マツダ新型CX-5はマツダコネクトの性能が向上

マツダ新型CX-5のマツダコネクトの画像

マツダ新型CX-5では、マツダコネクトの性能が向上しジャイロが搭載されます。

ジャイロが搭載されるとGPSが途切れるトンネル内でも速度を元に正確にナビを続けることが出来るようになります。

マツダコネクトはいろいろな問題点があると言われているものの、解消するためにテコ入れを続けられているのはナイスですね。

マツダ新型CX-5は後部座席にヒートシーター搭載

マツダ新型CX-5では、これまで運転席と助手席限定だったヒートシーターが後部座席にも搭載されます。

ただし後部座席のヒートシーターは全グレード標準搭載とはならず、一部グレードに留まります。

おそらくLパッケージ限定となるでしょう。

マツダ新型CX-5は360°ビュー・モニター搭載

マツダ新型CX-5のアラウンドビューモニターの画像

マツダ新型CX-5では、アラウンドビューモニターこと360°ビュー・モニターが搭載されます。

360°ビュー・モニターはいろんな箇所が隅々まで見れるようになっているよう性能が大幅に向上し一新され、メーカーオプションで選択できるようになります。

細かな部分の視界が悪くなりがちなSUVにおいて、全体像が見れるのはナイスですね。

マツダ新型CX-5は後部座席の遮音性が向上

マツダ新型CX-5は後部座席の遮音性が大幅に向上します。

現行型マツダCX-5は運転席の遮音性は非常に高いものの、後部座席の遮音性について一部批判がありましたからナイスな改善点といえますね。

マツダ新型CX-5は車速連動ドアロック搭載

マツダ新型CX-5では車速連動ドアロックが標準搭載されます。

これによって手違いで後部座席のドアを開けてしまうことがなくなり、搭乗者をより安全にすることが出来ますね。

後部座席の快適性が大幅に改善されるようです。

マツダ新型CX-5は横ばい

マツダ新型CX-5の価格は横ばいという情報が判明しています。

ただし判明しているのはXDプロアクティブのみであり、グレード次第で僅かに値上げする可能性もあります。

具体的に判明次第お伝えします。

マツダ新型CX-5の発売日・発売時期

マツダ新型CX-5では2017年11月末のロサンゼルスモーターショーで発表され、2018年2月に米国で発売される予定です。

国内販売でも現在のところ2018年2月発売開始が予定されています。

最後のページでマツダ新型CX-5のマイナーチェンジの変更点をまとめましょう。

スポンサーリンク

マツダ新型CX-5のマイナーチェンジ情報まとめ

  • 2017年11月末のロサンゼルスモーターショーで発表
  • デザインの変更なし
  • 車速連動ドアロック搭載
  • 2500cc直噴エンジンに気筒休止システム搭載
  • エントリーモデルの装備が向上
  • 価格は横ばい
  • 2017年11月末のロサンゼルスモーターショーで発表
  • 2018年2月発売開始予定

出展:マツダ製品ページ

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする