2016年ワールドカーデザインオブザイヤーの最終候補にCX-3とロードスターが選ばれたようですね

スポンサーリンク

名前が長いです。
最終候補一覧を見ると……。高級車ばかりです。

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は1月26日、「2016ワールドカーデザインオブザイヤー」のファイナリスト5台を発表した。
ワールドカーデザインオブザイヤーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の部門賞のひとつ。今回は2014年秋から2015年秋にかけてデビューした新型車の中から、最もデザイン性に優れた1台を選ぶ。
条件は、2016年5月末まで、世界の少なくとも1市場で販売されていること。世界23か国、74名のジャーナリストに5名のデザインの権威が加わり、審査を行う。
2016ワールドカーデザインオブザイヤーのファイナリスト5台は、以下の通り。
キャデラックCT6
マツダCX-3
マツダ・ロードスター
ジャガーXE
ランドローバー・ディスカバリー

ソース:レスポンス
このラインナップの中、まさかの2台がファイナリスト入りのようです。大したものですね。
マツダ以外の車は全体的に大きく、高級車ばかりです。
前回はこんな感じだったようです。

BMW 2シリーズ・アクティブツアラー
シトロエンC4カクタス
メルセデスベンツCクラス
ポルシェ・マカン
ボルボXC90

ソース:レスポンス
前回のファイナリストが特定の地域に固まっているように見えますが、多分気のせいでしょう。
前回優勝はC4カクタスだったそうです。
C4カクタスはサイズ的にもコンパクトSUVに分類されそうなサイズですし
CX-3が分が悪い……というわけでもないかもしれません。
しかしアメリカではでかいサイズの車程人気がありかっこいいとされるイメージがあるのですが
果たしてどうなのでしょうか。
これまでの受賞車の一覧はこちらです。流石にwikipedia先生ですね。
案外コンパクトカーも受賞しています。
しかも先代のデミオがワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。すごい。
グリーンカーにプリウスの名前がないですね……。