CX-5、遂にFMC間近!?ロサンゼルスモーターショーにてワールドプレミアか!?

スポンサーリンク

どうやら色々な情報が噂され始めています。

2012年のデビューから5年しかたっていませんが……。

※2016/8/7 スパイショットがリークされました。

目次1 マツダ・CX-5はどんな特徴の車なの?1.1 魂動デザインとは?1.2 スカイアクティブテクノロジーとは?1.3 前期型のサイズは?1.4 前期型のエンジンは?2 2代目CX-5が公式発表へ!2.1 概要2.2 ...

scoop892

以前、CX-5は2016年LAモーターショーにFMCが発表されるのではないか?という記事を公開しましたね。

2016/11/16 新型CX-5が公開されました!こいつは気になる

正直……これ、さすがに無いだろうと思っていました。

なぜならまだ5年しかたっていないこと、ビッグマイナーチェンジが去年行われたこと、いまだマツダにとってドル箱SUVであったこと、Gen2には間に合わないだろう、という報道であったこと。

しかしながら、火のないところに煙は立たぬといいます。

ここ最近になって、様々なクチコミ情報が出てきました。

そして、様々な口コミを統合すると、このような情報が浮かび上がってきます。

2016年11月のロサンゼルスモーターショーにてワールドプレミアされる。

また、国内向けでは年内フルモデルチェンジが発表され1月~5月の間にリリース。

3列シートSUVもほぼ同時期に発表。

Gen2搭載は間に合わないかも?と言葉を匂わせた。

アイアクティブセンスが複眼カメラとなり、性能が大幅に向上。(2016年8月版のMCアテンザから実装される?)歩行者認識も可能となる。

アクセラに搭載されたGベクタリングコントロールも搭載。

パワートレーンは共通。ただし、海外向けには2500ccターボも実装が予定されている。国内は不明。

デザインはキープコンセプトだが、新しいジェネレーションデザインへと変更される。

複数の口コミから、このような情報が浮かんできます。

以前のリークから、Gen2には間に合わないという話がありましたが、どうやらそれは正しいようですね。

3列シートSUVはミニバンと代替し、CX-5ベースという噂もありますが……国内でCX-9の仮ナンバーが発見された写真もあります。

CX-9が日本にもデビューしてもおかしくありません。

ミニバンは国内人気こそ高かれど、国外人気はイマイチなものです。開発リソースは限られていますから、ミニバンからSUVへと注力先を変える...
でてきたでてきたじょうほうがでてきた リーク情報通りの画像です。でっけえ!

Gen2には間に合わなかったとのことなので、恐らく噂されているプラットフォームのFR化は間に合わないことでしょう。

※ニッケイの飛ばし記事です。 信ぴょう性は定かではないですし、まだ検討の段階です。

Gベクタリングコントロールとは、先日発表されたFMC版アクセラ以降搭載された機能です。

こちらの機能、とても革新的。走りを訴求するマツダらしい機能といえます。

アクセラのビッグマイナーチェンジより実装された機能です。長くなってしまうので別記事としました。

口コミではこれからマイナーチェンジされるアテンザから搭載されるという複眼カメラ。

アイアクティブセンスが大幅に向上したアクセラには搭載されているように見えますが……?

切望されていたアップデートが一斉に行われています。

なんにせよ、CX-5も歩行者も検知できるようになったのは素晴らしいですね。

さてさて、気になるデザインについて。

キープコンセプトですが、新しいジェネレーションデザインとのこと。

新しいジェネレーションデザインとは……間違いなく、RX-VISIONのことをさしていることでしょう。

これから先のデザインについてサラッと書いてあります。 そろそろ、新しい魂動デザインの準備を始めているのでしょうね。 皮切りは時期CX-5...

RX-VISIONと、越の違い。

越はこれまでのジェネレーションの橋渡しであり、現行デザインの集大成です。

一方、RX-VISIONは新たなジェネレーションとして生まれ変わるデザイン。

漢字一文字のコンセプトネームから、英語へと変化したのはそういうこととのことです。

次期型のCX-5デザインは、少なからずRX-VISIONのデザインが踏襲されているかもしれませんね。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?