アテンザがJDパワー魅力度調査のミッドサイズ部門で2期連続で1位になったようです

スポンサーリンク

やるじゃん!


n329.jpg

米国の民間調査会社、JDパワー社は7月22日、「2015年米国自動車商品魅力度(APEAL)調査」の結果を明らかにした。乗用車カテゴリーの魅力度ランキングでは、日本車で唯一、マツダ『アテンザ』が部門別の第1位を獲得した。

ソース:レスポンス
アテンザって横幅185センチぐらいあるんですがミッドサイズなんですね。
私が横たわるよりでかいのに!
これ確か去年もなったよなあ……?と思ったら、ソース元にもありましたね。

一方、日本車では唯一、ミッドサイズ部門で、マツダ アテンザ が1位。2年連続で、同部門を制している。

ちなみに、去年の記事はこちら。

米国の民間調査会社、JDパワー社は7月23日、「2014年米国自動車商品魅力度(APEAL)調査」の結果を明らかにした。乗用車カテゴリーの魅力度ランキングでは、日本車で唯一、マツダ『アテンザ』が部門別の第1位を獲得した。

ソース:レスポンス
USマツダを見てみるとすでにビッグマイナーチェンジ後のアテンザになっているようなので、新型でもそこそこの評価を得ているみたいですね。
ちなみにアメリカではアテンザの最安グレードが本体価格$21,495。$1=120円として、2,579,400円也。
気になるのは……JDパワーとはどれぐらいの影響力があるのかですが、日本にいるとちょっとわからないですね。
マツダは欧州で売れているイメージがありましたが、IR情報のセグメント別売上高を見ると実は日本>北米>欧州≧中国のようですね。

日本では、売上高が2兆5,281億円(前期比2,649億円増、11.7%増)、セグメント別営業利
益(以下、利益)は1,424億円(前期比311億円減、17.9%減)となりました。北米は、売上高が
1兆2,561億円(前期比4,125億円増、48.9%増)、利益は379億円(前期比366億円増)、欧州
は、売上高が6,229億円(前期比824億円増、15.2%増)、利益は149億円(前期比65億円増、
76.3%増)、その他の地域では、売上高が4,834億円(前期比692億円増、16.7%増)、利益
は135億円(前期比77億円増、132.5%増)となりました。

ソース:平成27年決算短信
こうやって決算短信を見ていると、実はこのメーカーはここが強かった!とか実はこのメーカー、こんなことも手がけている!とかわかって面白いですね。