ホンダ、ヴェゼルを新型へマイナーチェンジ!デザインの大幅変更へ!

スポンサーリンク

海外メディアからの噂です。

最近、ホンダは意欲的にマイナーチェンジに取り組んでいます。

フィットが今夏マイナーチェンジするようですし、

ホンダ、フィットを新型へマイナーチェンジ!ホンダセンシング搭載&デザイン大幅変化!

ステップワゴンもマイナーチェンジの情報があります。

ホンダ、新型ステップワゴンへマイナーチェンジ!2倍の燃費へと向上!
ホンダのステップワゴンのマイナーチェンジ情報です!

更に、軽自動車のN-BOXもマイナーチェンジするようです。

ホンダ、N-BOXを新型へフルモデルチェンジ!発売日や価格が判明!
ホンダの屋台骨へと進化したN-BOX。ついにフルモデルチェンジ間近のようです!

その流れに沿うように、ヴェゼルもマイナーチェンジが行われるようです。

スポンサーリンク

ヴェゼルってどんな特徴の車?

ヴェゼルは、2013年にリリースされたフィットベースのSUVです。

ホンダにおけるコンパクトSUV唯一のモデルであり、ホンダにおける中核モデルです。

ヴェゼルは、その独特なスタイリングや車内空間、パワートレーンと様々なポイントで高い評価を受けており、超高過熱状態のSUV市場で2014年、2015年、2016年と販売台数日本ナンバー1に輝いています。圧倒的な人気ですね!

01_l

ヴェゼルは、2013年デトロイトモーターショーにてリリースされた”ホンダ・アーバンSUVコンセプト”に由来するモデルです。

非常にかっこよく、このコンセプトに一目惚れした方も多いことでしょう。マイナーチェンジでこのデザインに近づくとうれしいですね!

ちなみに海外ではネーミングが変更されており、HR-Vという名前で販売しています。デザインにおける違いはグリルデザインが若干異なる程度となります。

3748

しかしながらパワートレーンは大きく異なります。国内向けはハイブリッドが主力ですが、海外向けのHR-Vは1.5Lディーゼルエンジンモデル1.8Lガソリンエンジンのみが販売されている点が大きな違いと言えます。

また、中国限定でヴェゼルをオフロード風に味付けしたXR-Vがあります。

honda-xr-v-concept

こちらはアグレッシブでタフなデザインとなっていおり、サスペンションも変更されSUVらしいパワーをより引き出したモデルです。

コンパクトSUVが人気な日本向けにも、販売を期待したいモデルですね!

ヴェゼルとXR-Vの関係は、アヴァンシアとUR-Vの兄弟のようなモデルです。

ホンダ、新型UR-Vがリーク!CR-Vを越える大型SUV!
アヴァンシアとUR-Vは別車種のようで、アヴァンシアはホンダにおけるフラッグシップモデルのようです。アヴァンシアのデザインは素晴らし...

ヴェゼルは”世界モデル”というキャッチフレーズであるように美しいCMを放映しています。

このCMの完成度も高さも素晴らしいですね。

なぜそこまで人気があったの?

ヴェゼルの特徴としては、SUVの車高の高さとタフなフロントフェイス、クーペの締りのある美しいルーフ、ミニバンの車内空間の広さと車種をi-DCDによる低燃費×ハイブリッドパワーを兼ね揃えています。

つまり、SUVの力強さ×クーペの美しさ×ミニバンのような使い勝手×ハイブリッドの低燃費を全て同時に叶えた、素晴らしいクロスオーバーSUVです。

あれもほしいこれもほしいという欲望を全て取り入れたようなモデルですね!

ヴェゼルの人気の理由は外観だけではありません。

内装も価格相応以上の素晴らしいインテリアデザインとなっています。非常に上質、合理的、機能性の高いデザインであり、人気が高い理由がよくわかります。

また、内装のラインナップも多く5種類以上のインテリアデザインが選べるのもナイスです。

上部から見るとこのようなデザインとなっています。上質ですね。

座席は後部座席でも非常に広く作っており、なんと身長が185cmの方でも広々座れるように設計されています。ここもホンダの技術が輝いています。

広さを犠牲にしてデザインを優先するコンパクトクロスオーバーSUVが多い中、この広さは圧倒的な強さがあります。

ヴェゼルの広さは運転席だけではありません。

トランクも非常に広く作っており、フルフラットとなる設計となっています!身長180cmの方でも車中泊ができるほどの広さですよ!

更に予防安全技術も抜かりはありません。

ホンダが開発している安全運転支援システムのホンダセンシングが選択することが出来ます!

ホンダセンシングとは、ホンダの予防安全技術の総称を呼びます。

ホンダセンシングには車種ごとに違いはあるものの以下のような機能も追加されています。

もちろんヴェゼルも全て搭載されていますよ!

これだけの魅力を同時に叶えたからこそ、年連続SUV販売台数ランキングNo1の偉業を達成したのでしょう。

エンジンは?

国内向けヴェゼルでは、エンジンはハイブリッドエンジンとガソリンエンジンの2種類がラインナップされています。どちらも1500ccです。

車重が比較的重めであるため、燃費を改善しつつパワーもアシストするハイブリッドエンジンが好まれています。

ホンダのハイブリッドエンジンである”スポーツハイブリッドi-DCD”は非常に完成度が高く、先進的な変速機を採用することでスポーディな変速に加え、ハイブリッドの補助によってスピーディな運転が可能なハイブリッドとなっています。

一言で言えば踏めば排気量以上のパワーで即座に加速し、自然なギアチェンジでストレスがありません。

当然ハイブリッドエンジンですから燃費も非常によく、車重が重いSUVでありながらJC08モードで23.4kmを記録しています。

車重は比較的大きめですが、1500ccでもハイブリッドエンジンでは十二分に加速が出来るエンジンに完成度を高めていますね!

それでは、マイナーチェンジ版ヴェゼルの噂を見てみましょう。

スポンサーリンク

ヴェゼルのマイナーチェンジ情報の概要

現在は国内からの情報は少ないものの、主に欧州や中国から一部情報がリークされています。

一つずつ見てみましょう。

マイナーチェンジ時期2018年の前半か?

海外の情報サイトであるcar laneによると、ホンダは2017年から2018年にかけて世界戦略車の大規模なマイナーチェンジを計画しており、そのうちの一つがヴェゼル(HR-V)であるとのことです。

実際一番槍として、フィットベースのセダンであるグレイスのビッグマイナーチェンジがされました。

ホンダ、グレイスを新型へマイナーチェンジへ!ホンダセンシングも搭載!
数少ない5ナンバーセダンとして活躍しているグレイス。フェイスリフトを含むビッグマイナーチェンジがなされたようです。

他にも2017年6月末からフィットのマイナーチェンジも実施されましたね。

ホンダ、フィットを新型へマイナーチェンジ!ホンダセンシング搭載&デザイン大幅変化!

更に国内販売車ではありますが、シャトルのマイナーチェンジもリークされています。

ホンダ、シャトルを新型へマイナーチェンジ!ホンダセンシング搭載&燃費向上へ!
フィットに引き続き、シャトルの情報も入ってきました!

この流れを見ると、フィットベースの小型車を中心に大規模なマイナーチェンジを実施していることがわかりますね。

この流れだと同じくフィットベースのヴェゼルが近々マイナーチェンジされても不思議ではありません。

car laneでは、2018年前半であると考えています。

デザインの大幅な変更へ!

まだマイナーチェンジが実施されていないシャトルを除き、フィット・グレイスはどちらも新しいホンダデザインへと進化しています。

水平基調のフロントグリルに一体しているヘッドライトはキラキラとしたジュエルアイが搭載され、非常に高級感溢れるデザインへとランクアップしています。

現在のヴェゼルは新しいホンダデザインには変更されていないことから、マイナーチェンジされたヴェゼルにはこれらの意匠が搭載されるでしょう。

シーケンシャルウインカーも搭載か?

シーケンシャルウインカーとは、流れるウインカーとも言われるウインカーが流れるように動くウインカーのことです。

最近では高級ブランド以外でトヨタのC-HR、ハリアーや、フォルクスワーゲンのゴルフでも採用されています。

ヴェゼルはデザインが求められる小型SUVということもあり搭載される可能性が高いといえます。

ただしハイブリッドのみや、上級グレードのみといった差別化は行われることになるでしょう。

ホンダセンシングがアップデートへ!

現在でもヴェゼルにはホンダセンシングが搭載されていますが、更にホンダセンシングの性能が向上すると考えられます。

30~100kmの区間で前の車に追随するアダプティブクルーズコントロール(ACC)の性能が向上し、全車速対応のACCへと性能アップとなるでしょう!

パワートレーンには変更なしか?

国内向けに搭載されているエンジンは1500ccガソリンエンジン及び1500ccハイブリッドの2種類ですが、これらに対し変更はないでしょう。

しかしながら以前シビックセダンに搭載された1.0リッターターボエンジンの存在から、フィットファミリーにも搭載される噂もあります。

サプライズ的にリリースされる可能性もありますね。

ホンダ、1.0リッターターボをフィットやヴェゼルに搭載か!?
フィットといえば、Bセグメントに属する世界戦略車でありそのエンジンはNA1.2,1.5リッターガソリンエンジンや、ハイブリッドといったエンジ...

また、ガソリンエンジン・ハイブリッドエンジン共に最適化によって燃費が僅かに向上します。

インテリアの質感も向上!

car laneによると、インテリアデザインは変更がないものの、細部への質感向上が予想されるとのこと。

実際、フィットやグレイスもインテリアの質感が大幅に向上しているところから、ヴェゼルにも適用される可能性は高いと考えられます。

新型ヴェゼルの予想CGも!

新型ヴェゼルの予想CGが各所から出てきました。

まだ予測の段階ですから確実とはいえませんが、一応掲載します。

CR-Vのようなジュエルアイを搭載しつつ、フォグ同士をアンダーグリルでつなげたデザインですね。

コンセプトカーから大きく離れたデザインへと変わっているようです。

中国にてテストカーのXR-Vがスパイショット!

先述したとおり、中国限定のヴェゼルの兄弟車モデルとしてXR-Vがあります。

どうやらカモフラージュされたXR-Vがリークされたようです!

中国ではこれまでハイブリッドモデルがありませんでしたが、シャシーに電池が搭載されていることからハイブリッドモデルが追加されるようです。

全体がカモフラージュされていることもあり、デザインの変更を含めたマイナーチェンジが中国にて近々行われるとのこと。

中国で最も早くヴェゼルのマイナーチェンジが行われるかもしれませんね。

スポンサーリンク

現在判明している新型ヴェゼルの情報は?

現在、マイナーチェンジ版新型ヴェゼルにはこのような変更点があるのではないかという報道があります。

マイナーチェンジは2017年末~2018年前半

インテリアの質感が向上

エクステリアデザインの変更

シーケンシャルウインカーの採用

ホンダセンシングのアップデート、ACCが全車速対応

パワートレーンに変更はない

詳細は追って追記します。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?