ホンダ、ヴェゼルのモデルチェンジ間近!リーク・噂のまとめ!

スポンサーリンク

海外メディアからの噂です。

最近、ホンダは意欲的にマイナーチェンジに取り組んでいます。

フィットが今夏マイナーチェンジするようですし、

ホンダ、フィットのビッグマイナーチェンジへ!リーク情報まとめ!
ホンダの屋台骨であるフィット3。ついにビッグマイナーチェンジのようです。

ステップワゴンもマイナーチェンジの情報があります。

ホンダ、ステップワゴンのマイナーチェンジ間近!ハイブリッド搭載か!?
ついにマイナーチェンジの情報がわずかに出回り始めているようです。

更に、軽自動車のN-BOXもマイナーチェンジするようです。

ホンダ、N-BOXフルモデルチェンジ間近!フロントフェイスデザインが公開!リーク情報まとめ!
ホンダの屋台骨へと進化したN-BOX。ついにフルモデルチェンジ間近のようです!

その流れに沿うように、ヴェゼルもマイナーチェンジが行われるようです。

スポンサーリンク

ヴェゼルってどんな車?

ヴェゼルは、2013年にリリースされたフィットベースのSUVです。

ホンダにおけるコンパクトSUV唯一のモデルであり、ホンダにおける中核モデルです。

その独特なスタイリングや車内空間、パワートレーンと様々なポイントで高い評価を受けており、超高過熱状態のSUV市場で2014年、2015年、2016年と販売台数日本ナンバー1に輝いています。

01_l

ヴェゼルの特徴としては、SUVの力強さ×クーペの美しさ×ミニバンのような使い勝手×ハイブリッドの低燃費を全て同時に叶えた、素晴らしいクロスオーバーSUVです。

SUVのような車高の高さとタフなフロントフェイスに、クーペのようなグッとリアに向かって締りのあるルーフ、ミニバンのような車内空間の広さ、i-DCDによる低燃費×サポートパワーを兼ね揃えています。

あれもほしいこれもほしいという欲望を全て取り入れたようなモデルですね!

ちなみに海外ではネーミングが変更されており、HR-Vという名前で販売しています。グリルデザイン以外はほぼおなじと言えます。

海外ではハイブリッドモデルは存在せず、1.5Lディーゼルエンジンモデルと1.8Lガソリンエンジンのみが販売されています。

3748

また、あまり知られておりませんが中国限定でヴェゼルの兄弟車であるXR-Vがあります。

こちらはよりアグレッシブかつタフなデザインとなっており、国内向けにもぜひ販売してほしいデザインです。

honda-xr-v-concept

アヴァンシアとUR-Vの兄弟のようなモデルです。

ホンダ、新型UR-Vがリーク!CR-Vを越える大型SUV!
アヴァンシアとUR-Vは別車種のようで、アヴァンシアはホンダにおけるフラッグシップモデルのようです。アヴァンシアのデザインは素晴らし...

エンジンは?

国内向けヴェゼルでは、エンジンはハイブリッドエンジンとガソリンエンジンの2種類がラインナップされています。どちらも1500ccです。

車重が比較的重めであるため、ハイブリッドエンジンが好まれています。

ホンダのハイブリッドエンジンである”スポーツハイブリッドi-DCD”は非常に完成度が高く、先進的な変速機を採用することでスポーディな変速に加え、ハイブリッドの補助によってスピーディな運転が可能なハイブリッドとなっています。

簡単に言えば踏めば一気に加速し、自然なギアチェンジでストレスがありません。

また、ハイブリッドエンジンですから燃費も非常によく、車重が重いSUVでありながらJC08モードで23.4kmを記録しています。

車重は比較的大きめですが、1500ccでもハイブリッドエンジンでは十二分に加速が出来るエンジンですよ!

スポンサーリンク

概要

car laneより、

2018HR-V リデザインへ

ホンダは、2017年から2018年にかけて多数のモデルをビッグマイナーチェンジないしフルモデルチェンジの計画があり、そのうちの一つはHR-Vであると発表しました。

現行である第二世代は完全に再設計し、角ばったデザインはより曲線的となり、3ドアは隠しハンドルによる5ドアコンパクトクロスオーバーとなりました。HR-Vは初代と打って変わって大きな成功を収めたのであるから、3代目へとシフトすることは不思議ではありません。

2018年HR-Vは、2代目HR-V同様に曲線を多く活用しキープコンセプトデザインであるが新しいホンダのエッセンスを加えることがわかっています。ただし、HR-Vの欠点であったインテリアデザインはシビック程度まで向上すると考えられます。

また、エンジンとトランスミッションも同様に現行とほぼ同じラインナップでしょう。これは、2つの異なるパワートレインを提供しようとしていることを意味します。つまりホンダは異なる市場に異なるエンジンを提供するという方針を継続します。したがって、ヨーロッパ、日本、中国、米国でパワートレーンが区別されるということです。ですから、HR-Vの競争力である高燃費は維持するでしょう。

ヨーロッパでは酷評されてしまったCVTはDCTへと変更され、1.5リットルVTECターボエンジンにDCTまたは6速MTのいずれか搭載されます。

米国ではシビックのCVTで駆動する1.8リッターエンジンが搭載されるでしょう。

こちらは公式発表ではありませんが、2018年ホンダHR-Vは、価格が改善されないと考えられます。内装の改善も相まって、$20,000程まで上る可能性もあります。(現在のベースグレードが$19,365です。)

来年から再来年にかけて、ホンダは多数のモデルチェンジをするようです。

実際一番槍として、フィットベースのセダンであるグレイスのビッグマイナーチェンジがされました。

ホンダ、海外用グレイスをビッグマイナーチェンジへ!国内向け導入も?
数少ない5ナンバーセダンとして活躍しているグレイス。どうやら海外向けですが、フェイスリフトを含むビッグマイナーチェンジがなされたようです。...

キープコンセプトでありながら新しいホンダのエッセンスというと、新型シビック以降のスポーディなデザインへと変化するということでしょうか?

ホンダ、シビックを日本でも発売へ!ハッチバック、タイプRも!今夏発売!
ついに来ました!Cセグメント車における大本命でしょう。

まだ噂の段階ということもあり、デザインやパワートレーンに対する言及はかなり控えめですが、1.5リッターVTECターボエンジンを搭載が検討されている様子です。

NAエンジンの2.4リッター並のパワーのあるエンジンですから、強烈なパワーがあります。

また、1.0リッターターボエンジンも搭載されるのではないか?という報道もありますね。

ホンダ、1.0リッターターボをフィットやヴェゼルに搭載か!?
フィットといえば、Bセグメントに属する世界戦略車でありそのエンジンはNA1.2,1.5リッターガソリンエンジンや、ハイブリッドといったエンジ...

こちらはフィットにも検討されている、これからホンダの基軸となるであろうエンジンです。

国内ではハイブリッドによる燃費&パワーの補強も相まってハイブリッドグレードが大人気な同車です。フルモデルチェンジがなされたとしても、国内向けに現在と同じパワートレーンが導入されるでしょうね。

詳細は追って追記します。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?