ホンダ、ヴェゼルのモデルチェンジ間近!リーク・噂のまとめ!

スポンサーリンク

海外メディアからの噂です。

以下、HR-Vと表記しますがHR-Vはヴェゼルの海外向けのネーミングです。

ヴェゼルといえば、2年連続でSUV販売台数1位となった車種です。フィットベースのSUVです。

諸外国ではヴェゼルではなく、HR-Vという名前で販売しています。グリルデザイン以外はほぼおなじと言えます。

3748

01_l

また、あまり知られておりませんが中国限定でヴェゼルの兄弟車であるXR-Vがあります。

honda-xr-v-concept

アヴァンシアとUR-Vの兄弟のようなものでしょうね。

ホンダ、新型UR-Vがリーク!CR-Vを越える大型SUV!
アヴァンシアとUR-Vは別車種のようで、アヴァンシアはホンダにおけるフラッグシップモデルのようです。アヴァンシアのデザインは素晴らし...

今激熱状態のコンパクトSUV市場の中で、国内、国外共にホンダ車の中でも大きな競争力を持つ同車ですが、2018年のフルモデルチェンジが行われるのではないか?というリークがなされたようです。

概要

car laneより、

2018HR-V リデザインへ

ホンダは、2017年から2018年にかけて多数のモデルをビッグマイナーチェンジないしフルモデルチェンジの計画があり、そのうちの一つはHR-Vであると発表しました。

現行である第二世代は完全に再設計し、角ばったデザインはより曲線的となり、3ドアは隠しハンドルによる5ドアコンパクトクロスオーバーとなりました。HR-Vは初代と打って変わって大きな成功を収めたのであるから、3代目へとシフトすることは不思議ではありません。

2018年HR-Vは、2代目HR-V同様に曲線を多く活用しキープコンセプトデザインであるが新しいホンダのエッセンスを加えることがわかっています。ただし、HR-Vの欠点であったインテリアデザインはシビック程度まで向上すると考えられます。

また、エンジンとトランスミッションも同様に現行とほぼ同じラインナップでしょう。これは、2つの異なるパワートレインを提供しようとしていることを意味します。つまりホンダは異なる市場に異なるエンジンを提供するという方針を継続します。したがって、ヨーロッパ、日本、中国、米国でパワートレーンが区別されるということです。ですから、HR-Vの競争力である高燃費は維持するでしょう。

ヨーロッパでは酷評されてしまったCVTはDCTへと変更され、1.5リットルVTECターボエンジンにDCTまたは6速MTのいずれか搭載されます。

米国ではシビックのCVTで駆動する1.8リッターエンジンが搭載されるでしょう。

こちらは公式発表ではありませんが、2018年ホンダHR-Vは、価格が改善されないと考えられます。内装の改善も相まって、$20,000程まで上る可能性もあります。(現在のベースグレードが$19,365です。)

来年から再来年にかけて、ホンダは多数のモデルチェンジをするようです。

実際一番槍として、フィットベースのセダンであるグレイスのビッグマイナーチェンジをスパイショットされております。

ホンダ、海外用グレイスをビッグマイナーチェンジへ!国内向け導入も?
数少ない5ナンバーセダンとして活躍しているグレイス。どうやら海外向けですが、フェイスリフトを含むビッグマイナーチェンジがなされたようです。...

キープコンセプトでありながら新しいホンダのエッセンスというと、新型シビック以降のスポーディなデザインへと変化するということでしょうか?

ホンダ、シビックを日本でも発売へ!ハッチバック、タイプRも!今夏発売!
ついに来ました!Cセグメント車における大本命でしょう。

どうやらアメリカではフィットベースでありながら$19,365は高いと評価されているようです。日本とはあまり大きい価格差はないようですね。

まだ噂の段階ということもあり、デザインやパワートレーンに対する言及はかなり控えめですが、1.5リッターVTECターボエンジンを搭載が検討されている様子です。

NAエンジンの2.4リッター並のパワーのあるエンジンですから、相当オーバースペック気味ですね。

また、1.0リッターターボエンジンも搭載されるのではないか?という報道もありますね。

ホンダ、1.0リッターターボをフィットやヴェゼルに搭載か!?
フィットといえば、Bセグメントに属する世界戦略車でありそのエンジンはNA1.2,1.5リッターガソリンエンジンや、ハイブリッドといったエンジ...

こちらはフィットにも検討されている、これからホンダの基軸となるであろうエンジンです。

国内ではハイブリッドによる燃費&パワーの補強も相まってハイブリッドグレードが大人気な同車です。フルモデルチェンジがなされたとしても、国内向けに現在と同じパワートレーンが導入されるでしょうね。

詳細は追って追記します。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?