ホンダ新型CR-Vに2018年8月フルモデルチェンジ ターボとハイブリッド搭載し国内復活

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホンダ新型CR-Vのフルモデルチェンジに伴う変更点

ホンダ新型CR-Vは北米にて先行フルモデルチェンジされ順次欧州、中国とリリースされています。

日本でもホンダ新型CR-Vが復活し国内販売となるようです!モデルチェンジに伴う変更点を一つずつご紹介します!

ホンダ新型CR-Vのデザイン

ホンダ新型CR-Vのデザインが海外を先行に発表されました。

ホンダ新型シビックのようなソリッドウィングフェイスとジュエルアイが導入されています。

ホンダ新型CR-V デザインホンダ新型CR-V デザインホンダ新型CR-V デザイン

ホンダ新型CR-Vにスポーディなエアロパーツを搭載したモデューロモデルも販売されています。

ライバルであるハリアーのG’sが好調であることから販売される可能性も十二分に考えられます。

ホンダ新型CR-V modulo ホンダ新型CR-V modulo ホンダ新型CR-V modulo

ホンダ新型CR-Vのインテリアでは、合理的なインテリアに木目を採用し上質さをアピールしつつ、大型ナビを中央に配置し先進性も両立させていますね。

ホンダ新型CR-V デザインホンダ新型CR-V デザイン

ホンダ新型CR-Vのエンジンはターボとハイブリッドの2種類

現行型CR-V エンジン

ホンダ新型CR-Vは以下のエンジンが搭載されます。

  • 直列4気筒1500ccターボエンジン(190馬力)
  • 直列4気筒2000cc+i-MMDスポーツハイブリッド

サイズに対し排気量こそ少なめであるものの、ターボやハイブリッドで補強し十二分なエンジンを搭載しています。

ホンダのダウンサイジングエンジン技術が光っていますね。

ターボモデルでは同エンジンを搭載しているホンダステップワゴン(150馬力)と比べ大幅にスポーツ性能にチューニングされており、なんと190馬力となります。

また、ターボエンジンモデルは最大トルクもチューニングされ飛躍的に高く設定されており2500ccクラスのトルクを実現しています。

一方ハイブリッドモデルでは最先端のi-MMDハイブリッドを採用しており、実燃費でリッター20km近くまで走行すると言われています。

ホンダ新型CR-Vハイブリッドでは素晴らしい燃費と走行性能を両立しますね。

また、ホンダ新型シビックに初めて採用された可変ステアリングギアレシオ(VGR)も搭載されています。

VGRの搭載によってハンドリングレスポンスが飛躍的に向上し、操る楽しさがある運転が可能となります。

それではここで簡単にi-MMDは他のハイブリッドと何が違うのか、簡単に解説させていただきます。

i-MMDの特徴とは?

ホンダi-MMDハイブリッドの特徴

i-MMDはホンダの開発したハイブリッドシステムであり、3種類のモードを自動的に判別することで”高い燃費性能”と”俊敏なスポーツ性能”を両立させたハイブリッドシステムです。

市街地等、エンジンが得意でない状況においてバッテリーのみで駆動し燃費を改善させ、中速帯や高速帯といったバッテリーが得意でない状況ではエンジンのみで駆動することで高い燃費性能を実現します。

ホンダの小型用ハイブリッドシステムであるi-DCDに比べると、排気量が500ccも高い・モーターの高出力化しているという差別化がされています。

i-MMDハイブリッドは大型モデルに搭載される傾向が高く、モーターが高出力とすることで電気走行後続距離が増加・パワーアシスト機能の増加が見込めます。

ホンダ新型CR-Vは3列シート7人乗りモデルが追加

ホンダ新型CR-V 7シート

ホンダ新型CR-Vは国内販売において7列シートモデルも販売されます。

ただしこちらはバッテリーの事情からハイブリッドモデルにはなく、ガソリンエンジンモデル限定となります。

ホンダ新型CR-Vにはターボ、ハイブリッド共にAWDが設定

ホンダ新型CR-VではFFモデルとAWDモデルが販売される予定です。

これまでi-MMDハイブリッドにはAWD設定がなかったものの、ホンダ新型CR-Vではi-MMDハイブリッドにもAWDが設定されます。

ホンダ新型CR-Vに対する意気込みを感じますね。

ホンダ新型CR-Vはエンジンでデザインが差別化

ホンダ新型CR-Vのデザイン画像

ホンダ新型CR-Vではガソリンモデルとハイブリッドモデルでデザインが僅かに差別化されます。

ハイブリッドモデルではヘッドライトが青白く光るほか、グリル内に青色のラインが加飾されていますね。

ホンダ新型CR-Vはホンダセンシング搭載

ホンダ新型ヴェゼル ホンダセンシング

ホンダ新型CR-Vではホンダ独自の運転支援システムであるホンダセンシングが搭載されます。

ホンダセンシングには以下の機能が搭載されています。

  • 衝突を回避する衝突被害軽減ブレーキ(CMBS)
  • 歩行者との衝突を回避する歩行者事故軽減ステアリング
  • 適切な車間を保つアダプティブクルーズコントロール(ACC)
  • 車線の中央保つ車線維持シエンシステム(LKAS)
  • 車線を感知し逸脱しないよう支援する路外逸脱抑制機能
  • 不注意による急発進を警告し抑制する誤発進抑制機能
  • 停車時に先行車が発進したことを知らせる先行者発進お知らせ機能
  • 標識を認識し安全運転を支援する標識認識機能

更にホンダ新型CR-VではLEDヘッドライトを利用した前者即対応ACC、オートハイビーム、後方誤発進抑制機能、雨滴感知式ワイパーがといった機能が追加されると考えられます。

ホンダ新型CR-Vのプラットフォーム

現行型オデッセイ サスペンション

ホンダ新型CR-Vでは新型シビックと同じモジュール形式のプラットフォームが採用されます。

これに伴い下記のサイズへと拡大します。ホイールベースの拡大に伴って全長が大幅に拡大しています。

2016ホンダCR-V2018ホンダ新型CR-V
全長4,535mm4,590mm(+55mm)
全幅1,820mm1,850mm(+30mm)
全高1,685mm1,689mm(+4mm)
ホイールベース2,620mm2,659mm(+39mm)

ホンダ新型CR-Vのサイズは拡大したものの、ソナーやセンサーを大量に搭載したホンダセンシングを全面採用したことにより日本国内での運転難易度はより低くなっているでしょう。

更に新型プラットフォームを採用することにより、ワイドでローなデザインに加え低重心な走行、タイヤが路面に張り付くような走行が楽しむ事ができます。

また、ホイールベースが延長したことによる恩恵として室内空間が10%程度増加しており、再びフラットなカーゴルームを実現しています。利便性が◎です。

あらゆる点においてワンンランクアップのモデルとなりそうですね。

ホンダ新型CR-Vの価格とグレード

ホンダ新型CR-Vの価格とグレードは以下の通りです。

グレード価格(FF)税込価格(AWD)税込
EX3,230,280円3,446,280円
EX(7人乗り)3,446,280円3,662,280円
EX Masterpiece3,591,000円3,807,000円
EX Masterpiece(7人乗り)3,807,000円4,023,000円
ハイブリッドEX3,784,320円4,000,320円
ハイブリッドEX
Masterpiece
4,361,040円4,5777,040円
ハイブリッドEX
Masterpiece
ルーフレールなし
4,328,640円4,544,640円

※有料色のルーセブラックメタリック、プラチナホワイトパール、ミッドナイトブルービームメタリックの3種類は43,200円

※プレミアムクリスタルレッドメタリックは64,800円

ホンダ新型CR-Vの発売時期・発売日

ホンダ新型CR-Vの発売日は2018年8月30日が予定されています。

ただし元々の計画では2018年4月が予定されていたとのことですから、計画は大きく動いていると考えられています。

再び発売日が変更があった場合追記します。

スポンサーリンク

ホンダ新型CR-Vのライバル

ホンダ新型CR-V デザイン

ホンダ新型CR-VはホンダにおけるフラッグシップSUVとして復活します。

そのため、サイズはミドルクラスSUVではあるものの高級SUVと呼ばれる車種とバッティングさせると言われています。

ライバルの筆頭としては、トヨタハリアーが挙げられています。

トヨタハリアーの存在は、ホンダ新型CR-Vの開発において最大のライバル車種として意識されていたとも言われています。

他にもマツダにおけるフラッグシップSUVとして開発されたマツダCX-8もライバルとして意識していると言われています。

こちらもガソリンターボエンジンを搭載予定です。

少し先の話となりますが、マツダ新型CX-5はFRとなりランクアップすると言われています。

こちらもライバルとなるでしょう。

スポンサーリンク

ホンダ新型CR-Vのフルモデルチェンジ情報まとめ

  • デザインは海外と同様
  • パワートレインは1500ccターボとi-MMDハイブリッド
  • ハイブリッドモデルの実燃費は20km前後
  • 7人乗りモデルが追加
  • ホンダセンシング搭載
  • プラットフォームは新型シビックと共有
  • ライバルはハリアーを想定
  • 発売は2018年8月30日

出典:ホンダ製品ページ

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする