ホンダ新型CR-Vへフルモデルチェンジ ハイブリッド搭載し国内販売

スポンサーリンク

ホンダのミドルサイズSUVである、CR-Vのフルモデルチェンジ情報です。

唯一のミドルサイズSUVであるCR-Vは2016年8月に販売停止となったため、

ホンダは現在、SUVブームにも関わらずミドルサイズSUVが空白状態です。

それに加え、昨今のホンダは軽自動車であるN-BOXのフルモデルチェンジやフィットファミリーのマイナーチェンジに力を入れていたため

CR-Vはもう復活しないのではないかと考えられていました。

ホンダのスライドドア付軽ハイトールワゴン、N-BOXのフルモ...

しかしながらSUVブームの過熱に伴い、CR-Vを再びラインナップに追加する計画があるようです。

まずはCR-Vについて振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

ホンダCR-Vってどんな特徴の車?

ホンダCR-Vは、かつて国内で販売されていたミドルサイズSUVです。

4代目前期型を持ってマイナーチェンジを停止し、そのままフルモデルチェンジとなり国内販売を停止しました。

最初期はホンダの財政難もあり、シビックをプラットフォームとしていましたがCR-Vの人気がうなぎのぼりとなった為プラットフォームをアコードと共有するようになりました。

初代CR-Vの特徴

初代モデルは1995年にデビューしています。

当時のCR-Vはまさしくクロスオーバーで高い走破性を持っているわけではなく、むしろ売りはシビックをベースにしていることで燃費の良さ、居住性の高さ、低価格でした。

また、様々な先進的なテクノロジーも搭載されており、発売直後はSUVには珍しく納期が3ヶ月となったモデルです。

2代目CR-Vの特徴

2代目モデル2001年にデビューしました。

初代モデルに比べよりクロスオーバーらしいデザインに加え、性能も大幅に向上しクロスオーバーらしい走破性を手に入れました。

また、初代で評価の高かった室内空間は引き継いでおり、ホイールベースも広かったことでまるでミニバンのように扱うことも出来たSUVでした。

国内ではSUVブームの終焉で売上は初代に比べ落ち込んだものの、欧州、北米で高い人気を誇り現在のCR-Vへの道筋を作ったモデルでもあります。

3代目CR-Vの特徴

3代目モデルは2006年にデビューしました。

初代・2代目の角ばった箱型のデザインからより丸みのあるデザインへと変更され、高級ブランドのSUVのような雰囲気を持つデザインとなります。

北米需要が高いことからプラットフォームの変更及び全幅の拡大がなされ、日本市場の中ではセグメントが一つ上がることとなります。装備や質感全体が大幅に見直されたこともあり、金額は2代目に比べ大幅に上回ることとなりました。

これは日本市場軽視というよりも、プレミアムクロスオーバーの需要が世界的に増加したことによる顧客層の開拓によるものでした。

結果北米では主力車種へと進化したものの、日本では大幅に売上を落とすこととなります。

4代目CR-Vの特徴

4代目モデルは2011年にデビューしました。

日本国内向けには、2代目以降搭載されなかった2000ccモデルが搭載されました。

その理由は価格を抑える目的もありますが、

”お膝元である日本でも売れてほしい”というホンダの願いからのようです。

重量に対しエンジンパワーが低いためCVTを採用し、燃費向上に加えスムースな走り出しが可能となりました。

他国に比べ比較的安いだけでなく、様々な努力をしたものの国内での販売は芳しくはなく、ヴェゼルに統合され日本市場から姿を消しました。

4代目CR-Vの価格

257万円~336万円と、ミッドサイズの中でも質感が高いこともあり比較的高額です。

とはいえこの価格では正直厳しいかもしれません……。

4代目CR-Vのサイズ

全長4535mm、全幅1820mm、全高1685mmです。重量1460-1540kgはです。

ホイールベースは2620mmです。

サイズはミッドサイズクラスであるもののホイールベースは同セグメント中最長クラスであり、後部座席は非常に広いでしょう。

4代目CR-Vのエンジン

2000ccガソリンエンジンと2400ccガソリンエンジンの2種類です。

重量に対し適切なエンジン配分であるものの、ハイブリッドやダウンサイジングターボが搭載されなかったこともまずかったのかもしれません。

それでは、新型CR-Vを見てみましょう。

スポンサーリンク

ホンダ新型CR-Vのフルモデルチェンジ情報

ホンダ新型CR-Vは北米にて先行フルモデルチェンジされ、順次欧州、中国とリリースされています。

日本でもフルモデルチェンジモデルが販売される情報があります!内容を見てみましょう!

ホンダ新型CR-Vのデザイン

ホンダ新型CR-V デザイン

ホンダ新型CR-V デザイン

ホンダ新型CR-V デザイン

新型シビックのようなソリッドウィングフェイスとジュエルアイが導入されています。

よりアグレッシブデザインとなったモデューロモデルもあります。

ライバルであるハリアーのG’sを考えるととリリースする可能性もあるでしょう。

ホンダ新型CR-V modulo ホンダ新型CR-V modulo ホンダ新型CR-V modulo

インテリアの画像はこちら。

ホンダ新型CR-V デザイン

ホンダ新型CR-V デザイン

インテリアでは木目パネルや新型シビックのような合理的なインテリアが採用されました。

これまでのCR-Vに比べると大幅に質感が向上しています。

また、新型CR-Vは国内販売において7列シートモデルも販売されます。

ただしこちらはハイブリッドモデルにはなく、ガソリンエンジンモデル限定となります。

ホンダ新型CR-V 7シート

ホンダ新型CR-Vのエンジン

現行型CR-V エンジン

ホンダ新型CR-Vは、国内販売において以下のエンジンが搭載される予定です。

  • 1500ccターボエンジン
  • 2000cc+i-MMDスポーツハイブリッド

廉価グレードの1500ccターボエンジンモデルと高級グレードのハイブリッドモデルとなるでしょうね。

ハイブリッドモデルでは実燃費でリッター20km近くまで走行するとされており、素晴らしい燃費と走行性能を両立しますね!

ホンダ新型CR-Vに搭載されるi-MMDハイブリッドとは?

i-MMDはホンダの開発したハイブリッドシステムの一つであり、”高い燃費性能”と”俊敏なスポーツ性能”を両立させたハイブリッドシステムです。

MMDはインテリジェントマルチモードドライブの略称です。

i-MMDは非常に高い燃費性能を誇るだけでなく静かで、ダイレクト感のある楽しい走りが期待できるシステムですよ!

ホンダのもう一方のハイブリッドシステムであるi-DCDとの違いとしては、大排気量であり、全てにおいて高性能であることが挙げられます。

具体的にはバッテリー容量が非常に大きいことから低速帯ではモーター主体の走行が可能である一方、
バッテリーが苦手な高速帯ではエンジン駆動となり最適な燃費をキープすることが可能です。

運転状況や速度状況においてモーター+エンジン、エンジンのみ、モーターのみと
3種類のパターンで駆動可能であることが最大の特徴であるといえますね!

ホンダ新型CR-VにはFFと4WDの設定

国内販売となるホンダ新型CR-Vでは、FFモデルと4WDモデルが販売される予定です。

ただしi-MMDには4WDモデルが存在しないことから、4WDはターボエンジンモデル限定となるでしょう。

ホンダ新型CR-Vはホンダセンシング搭載

ホンダ新型CR-Vでは安全運転支援システムのホンダセンシングが標準搭載となります。

ホンダセンシングとは、ホンダの予防安全技術の総称を呼びます。

ホンダセンシングには車種ごとに違いはあるものの以下のような機能も追加されています。

ホンダ新型CR-V ホンダセンシング

また、新型ステップワゴンでは新しく
渋滞対応可能な全車速対応型アダプティブクルーズコントロールが採用されています。

ホンダ新型CR-Vには、新型ステップワゴンと同等クラスの安全装置が搭載されることでしょう。

ホンダ新型CR-Vのプラットフォーム

現行型オデッセイ サスペンション

ホンダ新型CR-Vでは、新型シビックと同じモジュール形式のプラットフォームが採用されます。

新型シビックの国内販売の情報です!

これに伴い、

  • 全長:4,587mm
  • 全幅:1,854mm
  • 全高:1,689mm
  • ホイールベース:2,659mm

へとサイズが拡大します。

サイズは拡大したものの前述の通りホンダセンシングを全面採用したことにより日本国内での運転難易度は高くならないでしょう。

更に新型プラットフォームを採用することにより、ワイドでローなデザインに加え低重心な走行、タイヤが路面に張り付くような走行が楽しむ事ができます。

室内空間も10%近く増加していることから、あらゆる点においてワンンランクアップのモデルとなりそうですね。

ホンダ新型CR-Vの価格

ホンダ新型CR-Vの北米仕様の価格は280万~400万であることや、ホンダ社内ではハリアーのライバルとして開発が進められているようです。

デビューして暫くたちますが、遂にマイナーチェンジの情報が囁か...

少なくともハイブリッドモデルの価格はハリアーと同格となり大幅な値上げとなることが考えられるものの、
ガソリンエンジンモデルはある程度価格の上昇を抑えることができそうですね。

ホンダ新型CR-Vの発売時期・発売日

現在のところ、ホンダ新型CR-Vの発売日は2018年上旬が計画されています。
ただし様々な要因によって前後する可能性があります。

具体的な発売日が判明次第お伝えします。

スポンサーリンク

ホンダ新型CR-Vのフルモデルチェンジ情報まとめ

  • デザインは海外と同様
  • パワートレインは1500ccターボとi-MMDハイブリッド
  • ハイブリッドモデルの実燃費は20km前後
  • ホンダセンシング搭載
  • プラットフォームは新型シビックと共有
  • ライバルはハリアーを想定
  • 発表時期は2017年10月、発売は2018年上旬
スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする