ホンダ、新型CR-Vにフルモデルチェンジ!最新ハイブリッドを国内販売へ!

スポンサーリンク

国内では2016年8月にラインナップから外されてしまったCR-V。

北米での人気は大きいため、フルモデルチェンジとなったようです。

ホンダはマイナーチェンジやフルモデルチェンジを行いましたね。

フィットベースのセダンであるグレイスや、

数少ない5ナンバーセダンとして活躍しているグレイス。フェイスリフトを含むビッグマイナーチェンジがなされたようです。

よりアグレッシブなデザインとなり、ジュエルアイも採用したジェイドもあります。

ホンダのロールーフミニバン、ジェイドのマイナーチェンジ情報です!

これらはなかなか日本に入ってきませんが……。

シビックのように、”ホンダの新しい柱として”リリースするものもあります。

ついに来ました!Cセグメント車における大本命でしょう。

話を戻しまして、日本向けのCR-Vは2016年8月に販売停止となりました。

2016年8月終了モデルのHonda「CR-V」のカタログ情報、中古車情報をご覧いただけます。

ホンダは現在、SUVブームにも関わらずミッドサイズSUVが空白状態です。

果たして国内でも再び販売するのでしょうか?

スポンサーリンク

CR-Vってどんな特徴の車?

ホンダ・CR-Vは、かつて国内で販売されていたミドルサイズSUVです。

4代目前期型を持ってマイナーチェンジを停止し、そのままフルモデルチェンジとなり国内販売を停止しました。

最初期はホンダの財政難もあり、シビックをプラットフォームとしていましたがCR-Vの人気がうなぎのぼりとなった為プラットフォームをアコードと共有するようになりました。

初代モデルは?

初代モデルは1995年にデビューしています。

当時のCR-Vはまさしくクロスオーバーで高い走破性を持っているわけではなく、むしろ売りはシビックをベースにしていることで燃費の良さ、居住性の高さ、低価格でした。

また、様々な先進的なテクノロジーも搭載されており、発売直後はSUVには珍しく納期が3ヶ月となったモデルです。

2代目モデルは?

2代目モデル2001年にデビューしました。

初代モデルに比べよりクロスオーバーらしいデザインに加え、性能も大幅に向上しクロスオーバーらしい走破性を手に入れました。

また、初代で評価の高かった室内空間は引き継いでおり、ホイールベースも広かったことでまるでミニバンのように扱うことも出来たSUVでした。

国内ではSUVブームの終焉で売上は初代に比べ落ち込んだものの、欧州、北米で高い人気を誇り現在のCR-Vへの道筋を作ったモデルでもあります。

3代目モデルは?

3代目モデルは2006年にデビューしました。

初代・2代目の角ばった箱型のデザインからより丸みのあるデザインへと変更され、高級ブランドのSUVのような雰囲気を持つデザインとなります。

北米需要が高いことからプラットフォームの変更及び全幅の拡大がなされ、日本市場の中ではセグメントが一つ上がることとなります。装備や質感全体が大幅に見直されたこともあり、金額は2代目に比べ大幅に上回ることとなりました。

これは日本市場軽視というよりも、プレミアムクロスオーバーの需要が世界的に増加したことによる顧客層の開拓によるものでした。

結果北米では主力車種へと進化したものの、日本では大幅に売上を落とすこととなります。

4代目モデルは?

4代目モデルは2011年にデビューしました。

日本国内向けには、2代目以降搭載されなかった2000ccモデルが搭載されました。

その理由は価格を抑える目的もありますが、”お膝元である日本でも売れてほしい”というホンダの願いからのようです。

重量に対しエンジンパワーが低いため、CVTを採用し燃費向上に加えスムースな走り出しが可能となりました。

他国に比べ比較的安いだけでなく、様々な努力をしたものの国内での販売は芳しくはなく、ヴェゼルに統合され日本市場から姿を消しました。

価格は?

257万円~336万円と、ミッドサイズの中でも質感が高いこともあり比較的高額です。

とはいえこの価格では正直厳しいかもしれません……。

サイズは?

全長4535mm、全幅1820mm、全高1685mmです。重量1460-1540kgはです。

ホイールベースは2620mmです。

サイズはミッドサイズクラスであるもののホイールベースは同セグメント中最長クラスであり、後部座席は非常に広いでしょう。

エンジンは?

2000ccガソリンエンジンと2400ccガソリンエンジンの2種類です。

重量に対し適切なエンジン配分であるものの、ハイブリッドやダウンサイジングターボが搭載されなかったこともまずかったのかもしれません。

それでは、新型CR-Vを見てみましょう。

スポンサーリンク

新型CR-Vの画像

新型CR-Vは以下の通りです。

エクステリア

2017-honda-cr-v-755

2017-cr-v-3

2017-cr-v-5

2017-honda-cr-v-2

ミッドサイズSUVらしく、ルーフを過度に倒しすぎずむしろ水平基調とすることによってそのタフな雰囲気を醸し出しております。

また、現行とは違いフロントグリルのデザインもソリッドウィングフェイスとジュエルアイが導入されています。

ミッドサイズながら、よりサイズアップしたようにも見えますね。

インテリア

インテリアの画像はこちら。

2017-honda-cr-v-3

2017-honda-cr-v-8

高級な車であることもあり、内装も上質です。

スポンサーリンク

概要

ホンダは、第五世代のCR-Vをリリースしました。伴って新たなボディサイズ、新たな1.5リッターターボエンジンを追加しました。CR-Vはおよそ400万台もの数を米国で販売したように、CR-Vは競争力のあるセグメントをリードし、ブランドのラインナップに極めて重要なモデルであります。ライバルはトヨタRAV4、スバルフォレスター、シボレーエクイノックスとフォード・エスケープなど。

ホンダは2017 CR-Vは、市場での成功のコースを継続するためにすべての成分を有していると考えています。ホンダのシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー曰く、 「新しいホンダCR-Vは、これまで以上ないほどありとあらゆる方法で、高い燃費評価とともに、パフォーマンス、容量、プレミアムコンテンツを搭載し、価値を磨き上げました。」

新しく搭載された便利な機能としては、Car Play及びAndroid autoに対応した7インチナビ、リモートエンジンスタート、運転席と助手席で独立した温度調整機能、加熱サイドミラー、電動パーキングブレーキ(EPB)、背面のUSB充電ポート、8ウェイパワーで運転席と助手席を調整する仕組みです。

1.5リッターは少なく見えますが、184馬力であった2.4リッターNAエンジンよりも6馬力大きい、190馬力を保持しています。また、シビックXのプラットフォームと共有化しています。

新型CR-Vは、今年秋中に公開される予定です。

2.4リッターNAから、1.5リッターへと一気にダウンサイジングしました!このサイズで1.5リッターターボエンジンはすごいですね……。

また、新型CR-Vは新型シビックとプラットフォームが共有化されているそうです。新型シビックは走りの快適さも相当すごいとのことですし、新型CR-Vも期待できそうですね!

価格も判明!

北米向けであるため、現在のところ北米向けの価格しか判明しておりませんが価格が発表されました!

automotive newsより、

『ホンダの新型CR-Vは来月に発売される予定で、価格は現行モデルと著しく似ている。新型CR-Vは12月21日にディーラーに到着し、ベースであるLXモデルでは24,925ドル(約2,741,750円)であり、2016年より古いバージョンでは200ドル高い価格で販売されます。

最も人気があると予想されるEXトリムグレードは、前回より580ドル増の27,575ドル(約3,033,250円)となるでしょう。』

EXトリムグレード以上でなければナビやホンダセンシングはつかない為、ホンダは恐らくEXトリムグレード以上がメインボリュームとなるであろうと考えているようです。

日本で販売される場合、1$=110円とした場合ベースグレードの比較で170,321円増加となるようです。

ダウンサイジングターボが採用されていることも考えると、ベースグレードでも300万円代となるかもしれませんね。

i-MMDハイブリッド搭載が追加

2017上海モーターショーにて、中国向けCR-Vがワールドプレミアされました。

中国向けには、どうやらi-MMDハイブリッドが搭載されているようです!

ホンダニュースリリースより、

2017年上海モーターショーで新型SUV「CR-V HYBRID(ハイブリッド)」を世界初公開

Hondaは、中国・上海で開催されている2017年上海モーターショー(第17回上海国際自動車工業展覧会、プレスデー:4月19日~20日、一般公開日:4月21日~28日)において、新型SUV「CR-V HYBRID(ハイブリッド)」を世界初公開しました。
CR-V ハイブリッドは、2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-MMD」を搭載し、力強い走行性能と優れた環境性能を両立しました。

一方で大型車種にも搭載可能な2モーターハイブリッドである”i-MMD”は北米のアコード、日本のアコードとオデッセイに搭載されています。

それでは、ホンダのi-MMDとはどういうハイブリッドシステムなのか、見てみましょう。

i-MMDの特徴とは?

i-MMDはホンダの開発したハイブリッドシステムの一つであり、”高い燃費性能”と”俊敏なスポーツ性能”を両立させたハイブリッドシステムです。

ホンダはハイブリッドシステムに対し新たな付加価値を産んでおり、このi-MMDは非常に高い燃費性能を誇るだけでなく静かで、ダイレクト感のある楽しい走りが期待できるシステムですよ!

ホンダのもう一方のハイブリッドシステムであるi-DCDとの違いとしては、大排気量であり、あらゆる面で高性能であることが挙げられます。

まさしく、ホンダにとって10年先を見据えたハイブリッドシステムであるわけです。

i-MMDが搭載されたら燃費はどうなる?

i-MMDは大型車に特化したハイブリッドシステムであるということもあり、大型車であるCR-Vとの相性はバツグンです。

現在のところ、JC08モードでの燃費の計測は行われていないため不明ですが、1.5Lターボエンジンと比較し2倍近い燃費を叩き出すかもしれません!

単純比較は出来ませんが、1,880kgあるオデッセイの燃費が25.2kmであることを考えるとCR-Vの燃費は28km前後はクリアすると考えられます。

日本での発売も確定か!

オートワンより、

新型ハリアーや新型CX-5のライバルを模索

このところ日本市場で売れているのは、軽自動車とコンパクトカー、ミニバン、SUVである。この4ジャンルで90%以上の販売比率になっているほど。なかでもクルマ好きに支持されているのがSUVだ。国産車、輸入車問わず、高価格帯のモデルを含め売れ行きは好調。なのにホンダは北米で発売した新型CR-Vを日本に投入しなかった。

なぜか? 先代モデルが徹底的に売れなかったからだ。

どうするのかと思っていたら、新型CR-Vを日本市場にも導入するという情報が流れてきた。となれば、欧州で販売されている1.6リッターのクリーンディーゼル+9速ATの組み合わせか?

欧州市場向けの新型CR-Vは、ユーロ6対応のクリーンディーゼルを搭載しており、高い評価を得ている。日本に導入すれば、新型CX-5の好ライバルになりそうだけれど、どうやら違うようだ。日本のディーゼル規制をクリアさせようとしたら、相当の投資をしなければならず、結果として車両価格が新型CX-5を大きく上回るため断念した模様。

ということで、中国で先行発表されている新型CR-Vハイブリッドを日本で販売することになったそうな。現行アコードと同じ2モーター式のハイブリッドとなり(日産ノートe-POWERより伝達効率の良い優れたシステム)、実用燃費は20km/L近いというから、ライバルとなるハリアーハイブリッドを余裕で凌ぐ。

なんと日本でもCR-Vハイブリッドを販売するようです!

価格は判明していないものの、ハリアーをライバルとしているとのことですからエントリーグレードで280万以上となることでしょう。

これまでのCR-Vは日本向けに敢えてエンジングレードを落として価格を抑え発売していましたが、新型CR-Vはライバルをより上位の車として販売するようですね。

まとめ

CR-Vの日本での売上はこれまで芳しくありませんでした。それに伴いマイナーチェンジすらされず廃止されてしまいましたね……。

しかしながら、FMCしたCR-Vでしたら十分に競争力があるのではないかと思います。

日本向けでの販売時期はいつになるのか?金額はいくらになるか?続報は追って追記します!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?