ホンダ新型ジェイドへ2018年5月マイナーチェンジ 価格・発売日・5人乗りモデルの最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホンダ新型ジェイドのマイナーチェンジ情報

海外で先行してマイナーチェンジされていましたが、同じ内容の変更が国内でも展開される計画があります。

ホンダ新型ジェイドのマイナーチェンジ情報を見てみましょう。

中国でホンダ新型ジェイドが先行マイナーチェンジ

広州モーターショーにて、マイナーチェンジ版ジェイドが発表されました。

新しいカラーとしてボルドーレッドが追加されていますが国内販売では適用されない予定です。悲しいですね……。

ホンダ新型ジェイドのデザインホンダ新型ジェイドのデザインホンダ新型ジェイドのデザイン

ホンダ新型ジェイドのマイナーチェンジに伴うデザインの変更点は以下の通りです。

  • ジュエルアイヘッドライト搭載
  • 大型フロントグリル搭載
  • フォグライトがLEDに変更
  • フォグにメッキ加飾
  • タイヤホイールが変更
  • マフラーデザインが変更

ホンダ新型ジェイドは5人乗りモデルが追加

ホンダ新型ジェイドでは5人乗りモデルが追加され国内販売となります。

5人乗りのベンチシートモデルは後部座席を倒すと1850mmの非常に広い空間があるもののフルフラットにはならず、若干の段差があります。

ホンダ新型ジェイドの5人乗りモデルにおける後部座席は、同プラットフォームを採用しているホンダシビックに比べ10cm分後ろへスライドしています。

ライバルであるスバルレヴォーグと比較した際足元空間は+139mmと非常に広く、室内空間ではライバルと比較しても突出していることがわかります。

室内空間を重視しているホンダの車種の中でもトップクラスに広い後部座席となるでしょう。

足元空間は広いものの、残念ながらリクライニングは出来ません。

ホンダ新型ジェイド インテリアホンダ新型ジェイドの後部座席

また、これまで通り6人乗りモデルのホンダ新型ジェイドも併売されます。

ロールーフミニバンは絶滅危惧種となっていますから嬉しいポイントですね。

ホンダ新型ジェイド インテリア

ホンダ新型ジェイドRSのコンセプトカーがリリース

ホンダ新型ジェイドRSのデザインホンダ新型ジェイドRSのデザインホンダ新型ジェイドRSのデザイン

2018年東京オートサロンにて、ホンダ新型ジェイドRSのコンセプトカーがリリースされました。

こちらは同等のものが中国でも公開されており、コンセプトカーでありながら市販型と同等の型です。

ホンダ新型ジェイドRSではルーフが全車種標準でブラックとなります。ツートンルーフになるようですね。

ホンダ新型ジェイドのマイナーチェンジが公式発表

ホンダ新型ジェイドのマイナーチェンジが発表されました。

本カラーはRS専用カラーのプレミアムクリスタルオレンジ・メタリックであり、ツートンルーフカラーを採用しています。

ホンダ新型ジェイドのエクステリアデザイン ホンダ新型ジェイドのエクステリアデザインホンダ新型ジェイドのエクステリアデザインホンダ新型ジェイドのエクステリアデザイン ホンダ新型ジェイドのインテリアデザイン

ホンダ新型ジェイドのボディカラー

ホンダ新型ジェイドには以下のボディカラーが搭載される予定です。

  • プラチナホワイト·パール
  • クリスタルブラック·パール
  • スーパープラチナ·メタリック
  • モダンスティール·メタリック
  • コバルトブルー·パール
  • プレミアムクリスタルレッド·パール
  • プレミアムクリスタルオレンジ·メタリック

上位カラーに加えツートーンカラーとしてブラックルーフが選択可能です。

ただしツートーンカラー及び一部プレミアムカラーは下位グレードには搭載できません。

ホンダ新型ジェイドはホンダセンシングに新機能が追加

ホンダ新型ヴェゼル ホンダセンシング

ホンダ新型ジェイドにはホンダ独自の先進安全装備であるホンダセンシングが搭載されています。

ホンダセンシングには以下の機能が搭載されています。

  • 衝突を回避する衝突被害軽減ブレーキ(CMBS)
  • 適切な車間を保つアダプティブクルーズコントロール(全車速対応ではない)
  • 車線の中央保つ車線維持支援システム(LKAS)
  • 車線を感知し逸脱しないよう支援する路外逸脱抑制機能
  • 不注意による急発進を警告し抑制する誤発進抑制機能
  • 停車時に先行車が発進したことを知らせる先行者発進お知らせ機能
  • 標識を認識し安全運転を支援する標識認識機能

ホンダ新型ジェイドには上記の機能に加え新しく以下の機能が追加されます。

  • 歩行者との衝突を回避する歩行者事故軽減ステアリング
  • LEDヘッドライトを利用したオートハイビーム
  • 後方誤発進抑制機能
  • 雨滴感知式ワイパー

ホンダ新型ジェイドのエンジン

ホンダ新型ジェイド エンジン

ホンダ新型ジェイドのエンジンは以下の2種類が搭載されます。

  • 直列4気筒1500cc+i-DCDハイブリッドエンジン(24.2km/L)
  • 直列4気筒1500ccターボエンジン(18.0km/L)

ホンダ新型ジェイドに搭載されるハイブリッドエンジンは第二世代となり、様々なアップデートが行われます。

i-DCDハイブリッドの第2世代では、素晴らしい加速フィール、より高い静粛性、スポーディさのあるレスポンスの良い運転が可能となる調整が行われ、若干ですが燃費が改善しています。

特に走り出しのもたつきを大きく改善しており、スムースに走り出すことが出来るためストレスのない運転が可能ですね。

また、トランスミッションであるCVTにも調整が施されスポーディでレスポンスの良い運転が可能となります。

ホンダ新型ジェイドは静粛性向上

ホンダ新型ジェイドではガラスの厚さが向上する他、防音材の追加によって静粛性が大幅に向上します。

通常モデルから静粛性が非常に高いモデルでしたが、更に静粛性が向上することになりそうですね。

ホンダ新型ジェイドのグレードと価格設定

ホンダ新型ジェイドの価格について、現在噂されている価格は以下の通りです。

現在の価格新型の価格定員数エンジン
HYBRID X Honda SENSING2,920,0003,088,8006人乗りハイブリッド
HYBRID RS Honda SENSING新グレード2,898,7205人乗りハイブリッド
RS Honda SENSING2,530,0002,558,5205人乗りターボ
X Honda SENSING新グレード2,748,6006人乗りターボ
G Honda SENSING新グレード2,398,6806人乗りターボ

ただし一部カラー及びツートーンカラーは有料となります。

事前情報では値下げとなる情報が多かったものの、実際には値上げとなることとなりそうです。

ホンダ新型ジェイドの発売日・発売時期

ホンダ新型ジェイドの発売日は2018年5月18日となる予定です。

ホンダジェイドは1代限りとなる予定

ホンダジェイドは2019年に中国でフルモデルチェンジされるものの、国内向けホンダジェイドは残念ながら2020年をメドに販売が停止となる計画があるようです。

現在のところ、3列シートミニバンは次期型となるホンダシャトルへと統合されるという情報が信憑性が高いことからホンダシャトルの動向を確認する必要がありますね。

具体的な情報が入り次第お伝えします。

スポンサーリンク

ホンダ新型ジェイドのマイナーチェンジ情報まとめ

  • 中国で先行マイナーチェンジ
  • 5人乗りモデルが追加
  • エクステリアデザイン、インテリアデザインが変更
  • 金額は値下げ
  • 国内向けは2018年5月マイナーチェンジ
  • ホンダジェイドは2020年で廃止予定

出典:ホンダ製品ページ

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする