ホンダ、ジェイドを新型にマイナーチェンジへ!2列シート5人乗りタイプも追加!

スポンサーリンク

ホンダのミニバン、ジェイドのマイナーチェンジ情報です!

ホンダは2017年から、既存モデルを一斉にマイナーチェンジする計画を立てているようです。

ホンダ、ヴェゼルを新型へマイナーチェンジ!デザインの大幅変更へ!

実際にグレイス(海外名:シティ)のマイナーチェンジや、

ホンダ、グレイスを新型へマイナーチェンジへ!ホンダセンシングも搭載!
数少ない5ナンバーセダンとして活躍しているグレイス。フェイスリフトを含むビッグマイナーチェンジがなされたようです。

現在計画中で、最も力を入れているであろうフィットのマイナーチェンジもスパイショットされ始めています。

ホンダ、フィットを新型へマイナーチェンジ!ホンダセンシング搭載&デザイン大幅変化!

どうやらジェイドはすでに中国ではマイナーチェンジされ、販売されているようです。

スポンサーリンク

ジェイドってどんな特徴の車なの?

timthumb

日本ではあまり見かけない車種ですから、あまり知らない方も多いと思います。知名度が低いものの非常に出来の良いミニバンですよ!

ジェイドはミニバンの中国戦略車ということもあり、中国の東風本田によって製造・販売されています。ただし、日本向けのジェイドは埼玉製作所によって製造されています。

ジェイドはホンダが得意とするワゴン型ミニバンで、先代ストリームとオデッセイを足して2で割ったような車となっています。

デザインはストリームとオデッセイを上手に統合しており、ワゴン型ミニバンの需要をしっかりとつかんでいますね。

また、車重が比較的重いもののエンジン性能が高い為、ハイブリッド/RS共に1500ccのダウンサイジング化に成功しています。

1500ccなので税金が安くなり、ダウンサイジングエンジンなので燃費も向上しますよ!

また、最新鋭でかつ高性能な自動ブレーキシステムを有しているホンダセンシングが搭載されています。

ホンダセンシングとは、ホンダの予防安全技術の総称を呼び、基本的にはこれらの機能が搭載されています!

ジェイドには全て搭載されており、安心して運転することが出来ますね!

恐らく、ジェイドで最も好みの分かれるポイントはシートでしょう。

ジェイドはセカンドシートにおいてキャプテンシートと呼ばれる手すり付きの座席を採用しています。キャプテンシートはセカンドシートまでは非常に快適であるものの、サードシートは狭い上荷物が詰めなくなるデメリットがあります。

更に昨今の日本ではSUVブームが席巻しており、ミニバン需要がじわじわと減っています。

ミニバン需要が減少しており、ミニバンのメリットであるスライドドアを装備していないことや、ウォークスルーとなっていないジェイドはミニバンとしての主流を外している点も販売がイマイチ伸びない理由の一つであると考えられます。

サイズは?

全長4650mm、全幅1780mm、全高1530mm、車重は1510kgです。

3列シートワゴン型ミニバンということもあり、全長は長めであるものの全高は旧式の立体駐車場を利用できるサイズに留めてあります。

全幅も比較的狭いため、Cセグメントワゴンのような感覚で運転できそうですね。

エンジンは?

ジェイドは、エンジンはハイブリッドエンジンとダウンサイジングターボの2種類がラインナップされています。どちらも1500ccです。

ミニバンはファミリーの需要が高く、ファミリーは燃費を重視する傾向にあるためハイブリッドエンジンが多く選択されているようです。

ホンダのハイブリッドエンジンである”スポーツハイブリッドi-DCD”は非常に完成度が高く、先進的な変速機を採用することでスポーディな変速に加え、ハイブリッドの補助によってスピーディな運転が可能なハイブリッドとなっています。

一言で言えば踏めば排気量以上のパワーで即座に加速し、自然なギアチェンジでストレスがありません。

当然ハイブリッドエンジンですから燃費も非常によく、車重が重いミニバンでありながらJC08モードで25.0kmを記録しています。

車重は比較的大きめですが、1500ccでもハイブリッドエンジンでは十二分に加速が出来るエンジンに完成度を高めていますね!

それでは、ジェイドのマイナーチェンジ情報を見てみましょう。

スポンサーリンク

中国でジェイドがマイナーチェンジ!

マイナーチェンジ版のジェイドは1.8Lと1.5Lターボの2種類存在します。

ハイブリッドは存在しない為、主戦力となるエンジンはターボであると考えられます。

マイナーチェンジモデルが発表へ!

広州モーターショーにて、マイナーチェンジ版ジェイドが発表されました。

新しいカラーとして、ボルドーレッドが追加されています。

また、2:2:2のキャプテンシートタイプと、

2:3のベンチシートタイプが販売されるようになりました。

これなら、Cセグメントワゴンがほしい人も選択肢に入るモデルとなることでしょう。

ベンチシートモデルは後部座席を倒すと1850mmの非常に広い空間があるもののフルフラットにはならず、若干の段差があるようです。

CMもあります。

ジュエルアイが採用!

ヘッドライトには、新型シビック以降搭載されているジュエルアイヘッドライトが搭載されると考えられます。キラキラとしていて非常に美しいヘッドライトです。

ジュエルアイヘッドライトはソリッドウィングフェイスと呼ばれる、水平なフロントグリルと組み合わさってジェイドにしか表せない一体感のあるデザインとなるでしょう。

まるでシーケンシャルウインカーのようなウインカーデザインですが、残念ながら通常のウインカーでした。

日本でのジェイドに動きが!

口コミサイトによると、国内向けのジェイドは10月以降の受注に対しストップがかかっているようです。

その理由は現在のところ判明していませんが、長らく放置されていたのでテコ入れの為にもマイナーチェンジの可能性も十分にあると考えられますね!

続報は追って追記します!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?