ホンダ、ジェイドをマイナーチェンジへ!よりスポーディなデザインに進化!

スポンサーリンク

ジェイドは中国のミニバン市場に対するアプローチとして販売されたこともあり、マイナーチェンジの一番槍は中国だったようです。

ホンダは2017年から、既存モデルを一斉にマイナーチェンジする計画を立てているようです。

ホンダ、ヴェゼルのモデルチェンジ間近!リーク・噂のまとめ!

実際にグレイス(海外名:シティ)のマイナーチェンジや、

ホンダ、海外用グレイスをビッグマイナーチェンジへ!国内向け導入も?
数少ない5ナンバーセダンとして活躍しているグレイス。どうやら海外向けですが、フェイスリフトを含むビッグマイナーチェンジがなされたようです。...

現在計画中で、最も力を入れているであろうフィットのマイナーチェンジもスパイショットされ始めています。

ホンダ、フィットのビッグマイナーチェンジ!ホンダセンシング搭載&デザイン大幅変化!国内でスパイショットも!
ホンダの屋台骨であるフィット3。ついにビッグマイナーチェンジのようです。

どうやらジェイドはすでに中国ではマイナーチェンジされ、販売されているようです。

ジェイドってどんな車?

ジェイドはミニバンの中国戦略車ということもあり、中国の東風本田によって製造・販売されています。ただし、日本での製造は埼玉製作所によって製造されています。

timthumb

ジェイドはホンダが得意とするワゴン型ミニバンです。

5ナンバーでありながら広々とした空間で人気を博したストリームと、ブランド力とスポーツ性で人気を博した前期型オデッセイを統合し開発されています。

デザインはストリームとオデッセイを上手に統合しており、ワゴン型ミニバンの需要をしっかりとつかんでいますね。

また、車重が重いにもかかわらずエンジン性能が高い為、ハイブリッド/RS共に1500ccのダウンサイジング化に成功しています。

また、高性能な自動ブレーキシステムを有しているホンダセンシングが搭載されています。この点においても、ジェイドは決して商品力が劣っているわけではありません。

しかしながら、後部座席をキャプテンシートと呼ばれる手すり付きの座席を採用しており、6人乗りのシート配列が2:2:2となるためミニバンの魅力であるシートアレンジが制限されてしまいます。

また、3列目は狭い上に座席の取り出し難易度も高いため、デザインや性能の割に日本では不遇なミニバンとなっています。

また、日本でもSUVブームが席巻しており、ミニバン需要がじわじわと減っています。

ミニバン需要が減少しており、ミニバンのメリットであるスライドドアを装備していないことや、ウォークスルーとなっていないジェイドはミニバンとしての主流を外している点も販売がイマイチ伸びない理由の一つであると考えられます。

サイズは?

全長4650mm、全幅1780mm、全高1530mm、車重は1510kgです。

3列シートワゴン型ミニバンということもあり、全長は長めであるものの全高は旧式の立体駐車場を利用できるサイズに留めてあります。

全幅も比較的狭いため、Cセグメントワゴンのような感覚で運転できそうですね。

エンジンは?

日本におけるジェイドでは、1500ccハイブリッドエンジンと1500ccダウンサイジングターボエンジン(レギュラー対応)が搭載されています。

車重が1510kgと重めであるものの、ホンダのハイブリッドエンジンである”スポーツハイブリッドi-DCD”は非常に完成度が高く、先進的な変速機を採用することでスポーディな変速に加え、モーターによる補助でスピーディな運転が可能なハイブリッドとなっています。

簡単に言えば踏めば一気に加速し、自然なギアチェンジでストレスがありません。

1500ccダウンサイジングターボエンジンは強烈なパワーがあり排気量換算で2400cc近いパワーを有しています。

ターボエンジンの場合、オイルやエレメント交換期間が早いためハイブリッドに比べると維持費がかかりますが、そのデメリットを十分カバーできるスポーツ性能があります。

それでは、ジェイドのマイナーチェンジ情報を見てみましょう。

マイナーチェンジ版がスパイショット!

マイナーチェンジ版のジェイドは2種類存在します。恐らくですが、片方はマイルドなデザイン、片方スポーディなデザインであるから、NA1.8Lと1.5Lターボだと考えられます。

NA1.8Lエンジン版

620x0_1_autohomecar__wkgh5fgk6hgadtafaagwpiuos3y756

620x0_1_autohomecar__wkjbxvgk6qkacd6laagokx60szu356

現行との比較

timthumb 620x0_1_autohomecar__wkgh5fgk6hgadtafaagwpiuos3y756

スパイショットの都合上角度が違いますが、現行との違いはフォグデザイン、センターエアーダクト、フロントグリルデザインが変化していますね。

1.5Lターボ版

620x0_1_autohomecar__wkgh4lgnwmuatmrzaahffhe_cmw062

620x0_1_autohomecar__wkgh4vgk6hcazc2paafqweibgk4187

1.8L版と比べホイールデザインやマフラーが大きく異なっていますね。

ジュエルアイも搭載され、より高級感あるエクステリアとなっています。

ドアハンドルもメッキになっていますね。

読みづらいですが、リアの右下にはTURBOのバッジが追加されています。

現行との比較

timthumb 620x0_1_autohomecar__wkgh4lgnwmuatmrzaahffhe_cmw062

1.8Lタイプと同様、大きな違いはフロントグリルデザインとフォグデザインの変更が大きな違いですね。

また、ジェイドがリリースされてから初めてジュエルアイを搭載されています。

マイナーチェンジモデルが発表へ!

広州モーターショーにて、マイナーチェンジ版ジェイドが発表されました。

新しいカラーとして、ボルドーレッドが追加されています。

また、2:2:2のキャプテンシートタイプと、

2:3のベンチシートタイプが販売されるようになりました。

これなら、Cセグメントワゴンがほしい人も選択肢に入るモデルとなることでしょう。

日本での展開は?

日本での展開は現状不明ですが、ホンダとしてはジェイドの販売が落ち込んでいる現状、テコ入れする可能性は高いと考えられます。

また情報が入り次第追記します。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?