ホンダ、グレイスを新型へマイナーチェンジへ!ホンダセンシングも搭載!

スポンサーリンク

数少ない5ナンバーセダンとして活躍しているグレイス。フェイスリフトを含むビッグマイナーチェンジがなされたようです。

以前、フィットのマイナーチェンジの情報がリークされ、驚くほど変化がありましたね。

同時にフィットベースのワゴンである、シャトルもマイナーチェンジの情報がささやかれています。

ホンダのフィットベースワゴン、シャトルのマイナーチェンジ情報です!

フィットベースの車は一斉にマイナーチェンジの予定のようで、どうやらグレイスもマイナーチェンジとなるようです。

スポンサーリンク

グレイスってどんな車?

グレイスは、フィットをベースとして開発され2013年に発売した小型セダンです。

海外ではグレイスではなく、シティという名前で販売されています。

grace-hybrid

現在、セダン需要自体が大幅に減っている上、5ナンバーのセダンの人気は加速度的に減少しています。主力の顧客は海外であるとは言え、国内でも選択肢を残してくれることは非常に嬉しいですね。

グレイスはホンダとしてもこれまでの価値観を大きく変えるために、”コンパクトカーの燃費性能×広い室内×スタイル、走り、質感”を掲げたコンセプトとしてリリースしています。

それでは、グレイスの魅力を見てみましょう。

グレイスの魅力は?

グレイスはもはや国内向けには絶滅しつつある、横幅を5ナンバーに抑えたセダンであるということでしょう。

今や片手で数える程度のモデルしかありません。非常にありがたい存在です。

また、グレイスはフィットから受け継いだ圧倒的な室内空間があります。

セダンということもあり、インテリアはコンパクトカー最高クラスの上質さがありますね!

セダンですから、後部座席に人を載せてナンボです。

5ナンバーのコンパクトカーとは思えないような後部座席の空間がありますよ!

グレイスの室内空間が広い理由は、ホンダが独自で設計・開発した”センタータンクレイアウト”によるものです。

通常の場合、ガソリンタンクは後部座席やトランクの下に配置されることが多いものの、グレイスは運転席の真下に配置することによって低重心化+後部座席・トランク容量の拡大につながりました。

フィットの場合、なんと同コンパクトカーのトランクに比べ約1.7倍ものトランク容量があるのです!

車体寸法はコンパクトカー、車内空間はそれ以上を実現させたホンダ特有の技術です。

また、コンパクトカーには珍しく後部座席にもクーラーがあります。

こういった細かな利便性も見逃せないポイントですね!

トランクもトランクスルーを採用しており、155cmの釣り竿を難なく積載することが可能です。

利便性も両立しています!

ハイブリッドの燃費の良さも見逃せません。

JC08モードで34.4km/Lをマークしており、他の5ナンバーセダンを凌駕しているポイントも素晴らしいですね!

では、グレイスのマイナーチェンジ情報を見てみましょう。

スポンサーリンク

概要

autocar indiaより、

2017 Honda Cityは、LEDランプや高度なインフォテインメントシステムなど、より多くのデバイスとともにシビックと同様のフロントスタイルを手に入れます。

ホンダのシティは、2013年新興国向けに作成されたものです。最も早いリリースはタイでした。主にASEANで販売され、インドでも販売されています。
ティーザー画像からわかるように、マイナーチェンジ版のシティはよりシビックのヘッドライトとなりました。LEDとなり、ジュエルアイを搭載しています。また、シビックに見られるものと同様、左右ヘッドライトをメッキグリルで横切ったデザインになっていることがわかります。フォグランプも変更され、シビックハッチバックのようなフォグ周辺デザインとなりました。また、よりスポーディなアルミホイールへと変更されています。
新しいホンダ・シティはまた、Android autoが搭載される上、スマートフォンと連携する新しいインフォテインメントシステムが搭載されるでしょう。最上級グレードは本革シートとソフトタッチのダッシュボードと一緒に標準として6エアバッグを取得します。
パワートレーンは現在の1.5リッターガソリン/ディーゼルエンジンに加え、1.0リッターターボエンジンが搭載されるかもしれません。

(以上のソースではシティと表記されていますが、シティはグレイスの海外での名前です。)

スポンサーリンク

画像

画像はこちら。

0_468_700_http-cdni-autocarindia-com-extraimages-20161223013210_teaser1

ヘッドライトは間違いなくジュエルアイです。

シビックに搭載されている、キラキラとしたヘッドライトですね。かっこいいです。

10代目となる、こちらのシビックX。派生車種どれもデザインが素晴らしいですが、中でもハッチは群を抜いたかっこよさだと思います。 ...

また、1.0リッターターボエンジンは新型シビックに搭載された新しいパワートレーンです。現在ではシビックハッチバック以外に搭載されていませんが、次に搭載されるのはグレイスではないか?と考えられているようです。

他にも、フィットやヴェゼルにも搭載される噂があります。

フィットといえば、Bセグメントに属する世界戦略車でありそのエンジンはNA1.2,1.5リッターガソリンエンジンや、ハイブリッドといったエンジ...

ホンダのターボエンジンはレギュラー対応で大きなトルクを出すのが特徴です。

グレイスにも搭載されたら訴求力になりそうですね!

リーク画像も!

はやくもリーク画像が出てきました!

0_0_355_http-cdni-autocarindia-com-extraimages-20161229031553_city1x 0_0_0_http-cdni-autocarindia-com-news-city2x

2017-honda-city-facelift-front-snapped-undisguised 2017-honda-city-facelift-rear-snapped-undisguised

f2fd5cfd-s 28525fa3-s

非常に精悍なフロントデザインとなっていますね!

新しいシビック/アコードのデザインをメッシュグリルにし、よりスポーディなデザインとなっています。

リアデザインも相変わらず非常にキレイにまとまっています。

メッシュが追加されよりスポーディなデザインとなっていますね。

インドにて公式発表へ!発売は2/14!

autocarindiaより、

シティのフェイスリフト、2/14リリースへ!

シティが2/14にフェイスリフトされることが判明した。

今回のマイナーチェンジで判明していることとして、シビックライクのスポーディデザインへと変化した。LEDヘッドライト、フォグランプの追加、フロントグリルの変更がある。

エンジンには変更がなく、1.5リッターガソリン/ディーゼルエンジンです。しかし不評であったサスペンションが変更され、マイルドな乗り味となりました。

サイドエアバッグが導入され、モバイルミラーとして利用できるインフォテイメントシステムが導入されています。これはBlaupunktと共同開発です。

画像

画像はこちら。

0_468_700_http---cdni.autocarindia.com-ExtraImages-20170201010850_citx 0_468_700_http---cdni.autocarindia.com-ExtraImages-20170112062748_city 0_468_700_http---cdni.autocarindia.com-ExtraImages-20170112062752_0_468_700_http---cdni.autocarindia.com-ExtraImages-20170112051548_cit6 0_468_700_http---cdni.autocarindia.com-ExtraImages-20170112062753_0_468_700_http---cdni.autocarindia.com-ExtraImages-20170112051548_cit7

完全な小型シビックと思いきや、フロントマスクを差別化しつつ、また良いデザインとなっています。

リアデザインが相変わらず素晴らしいです。

モバイルミラー機能の詳細は不明ですが、ナビ上にミラー機能が追加されるのでしょうか?

公式動画も!

公式動画も公開されました。

国内でのデビューも決定!

グレイスのマイナーチェンジも決定したようです!

ベストカーより、

フィット/シャトル/グレイスが一部改良(2017年秋頃)

ホンダは今秋までにフィット、シャトル、グレイスのコンパクト3モデルを一部改良すると同時に、安全パッケージ「ホンダセンシング」の標準装備車を設定します。フィットは6月上旬にも先行して改良を実施しますが、基本コンポーネンツを共有するほかの2モデルも今秋までには同様の改良が実施されます。

シャトルと同様に、フィットのマイナーチェンジの後にグレイスのマイナーチェンジが行われるようです。

フィットのマイナーチェンジが6月に行われるようですから、早くとも6月以降となるようですね。

マイナーチェンジ時期も判明!

マイナーチェンジ時期が判明しました!7月6日で決定のようです!

9月にマイナーチェンジという情報もありましたから、前倒しされたのかもしれませんね。

価格が判明!

価格も判明しました!

ガソリンモデルが177万円、ハイブリッドモデルが198万円~230万円となるようです!

ホンダセンシングのパッケージ価格は10万円となるようですね。

金額的には2万円~5万円程の値上げとなるようです。

燃費が判明!

燃費も判明しました!

ガソリンモデルの燃費は22.0km/L、ハイブリッドは34.8kmとなるようです!

どちらもわずかながら燃費が向上するようですね。

ティザーサイトが公開!

ホンダの特設サイトにて、公式発表がありました。

外観デザインを見る限り、インドで先行されたデザインと同様です。

新しくポジションライトも搭載されるようですね。

インテリアも質感が向上!

インテリアもチラ見せの段階ですが、非常に質感が高いです。

ベースであるフィット自体の質感も非常に高いため、グレイスの質感も大幅に向上していますね。

ホンダセンシングも搭載!

こちらもリーク通り、ホンダセンシングが搭載されることが判明しています。

フィットとは異なり、ホンダセンシングの全貌が現状は公開されていないもののすべての機能が使えるであろうと考えられます。

ホンダセンシングの機能は多彩で、これ一本あれば予防安全技術は全てトップクラスです。

安心して乗ることが出来ますね!

ディーラーでのスパイショットも!

ディーラーに続々届いているようで、スパイショットが撮影されています。

ヘッドライトが非常に凛々しく、これまでのグレイスの印象を一新するのではないのでしょうか?

グレイスのマイナーチェンジの事前情報

現在リークされている情報をまとめると、以下のような情報がリークされています。

マイナーチェンジは7月6日となる

デザインは海外で行われたデザインと同様

一部グレードにホンダセンシングが搭載される。パッケージ価格は10万程

価格は177万円~230万円

マイナーチェンジ内容を見る限り、非常に大規模なマイナーチェンジであるといえますね。

7/6に、リーク通りマイナーチェンジが発表されました。見てみましょう!

ついに公式発表へ!

ホンダニュースリリースより、

コンパクトセダン「GRACE」の改良モデルを発売

Hondaは、コンパクトセダンならではの扱いやすさと優れた燃費性能を備えた、5ナンバーセダン「GRACE(グレイス)」をマイナーモデルチェンジし、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」※1を採用。スポーティーなデザインに磨きをかけ、7月7日(金)に発売します。

7/7より発売開始のようです。早いですね!

マイナーチェンジの変更点を一つずつ見てみましょう。

エクステリアデザイン・インテリアデザインの変更!

エクステリアデザイン、インテリアデザインが変更され、質感が向上しました!

ヘッドライトはシビック・アコードのようなジュエルアイが搭載され、LEDポジションライトも搭載されていますね。

ホンダファミリーのフロントグリルからヘッドライトへ繋がった一体感のある表情です!

新しいカラーも追加!

新しいカラーが2色追加されています。

新型グレイスにピッタリのカラーですね!

(ブリリアントスポーティブルーメタリック)

(ルナシルバーメタリック)

燃費が若干向上!

ガソリンモデルが22.0km、ハイブリッドモデルが34.8kmと若干改善しています。

フルモデルチェンジではない為大きな向上はないものの、最適化によって燃費が改善したことは流石ですね。

ホンダセンシング搭載!

事前情報通り、全てのホンダセンシングの機能が搭載されたようです!

パッケージ価格は15万円程で、エントリーグレードのガソリンモデルでも搭載出来ますよ!

他メーカーではエントリーグレードには搭載できないようにするケースもある中、全てのグレードに搭載できるグレイスは素晴らしいですね。

価格諸元表

ホンダセンシングを搭載しなければ価格はほぼ横ばいですね。

エクステリア・インテリアの質感向上や燃費性能の向上を加味すると、実質的に値下げとも言えます。

グレイスのマイナーチェンジまとめ

いかがでしたでしょうか?

数少ない5ナンバーセダンのグレイスのマイナーチェンジは思われていた以上に素晴らしいマイナーチェンジであり、驚かれた方も多いと思います。

さすがホンダといえるような素晴らしい技術が多数搭載されていますね!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?