ホンダCR-V、FMCして日本でも再びラインナップするようです

スポンサーリンク

SUVにおいて、ホンダはVEZEL以外失敗しているように見えます。
なぜなのか


ミッドサイズSUVとして多く普及している車格の車です。海外では当然主力車種となります。
このセグメントでは、同価格帯で国内市場だけでもエクストレイル、CX-5、フォレスター、ハリアー、RAV4が存在します。
どれも利幅の大きそうな車で国内でもそこそこ販売台数を捌いているにもかかわらず
国内ではフェイスリフトしたCR-Vを販売せずそのまま販売が続いておりました……。
VEZELと販売時期が被ったからなのでしょうか?
そんな不遇のCR-Vですが、先日スパイショットが流出しました。
1043993.jpg
薄く点いているヘッドライトがシビック以降の共通アイデンティティのデザインですね。

このデザインを元に、レンダリングCGが出てきました。
2018-Honda-CRV-Carscoops-1.jpg

マッチョSUV好きにはなかなかの競争力のあるデザインではないのでしょうか。
次期型CR-Vですが、2017年前後(18ヶ月以内と予測されている)をめどにリリースされるとのこと。
又、ミッドサイズSUVに増えてきた7列シートもラインナップされるそうです。
S
ホンダの新型SUV、「BR-V」がタイモーターショーで公開されたようですね
こいつをそのまま日本に持ってきたほうがいいんじゃないのでしょうか。
サイズもヴェゼルよりも若干大きい程度のようですし。

又CR-Vは(一応)フラグシップSUVということもあり
次期型のエンジンにはPHEVもラインナップされるとのこと。
メインのパワートレーンとしては、「アースドリームパワートレーン」と呼ばれる2.0リッターNAや、シビックにも搭載された1.5リッターターボ、2.4リッターNAとなるそうです。
ベースはモジュラーシビックプラットフォームと呼ばれる
シビックベースのプラットフォームとなるそうで、サイズは現行よりもサイズアップするとのこと。