ホンダ、シビックを国内生産として新しい柱へ!シビックハッチバックも間近か!?

スポンサーリンク

朗報です!

以前、シビックは日本でも発売される、という記事を掲載しましたね。

ホンダのセダンの中でずば抜けてかっこいい。 ホンダのセダン同士でもバッティングしない。 税制は日本向け。 こんなの、導入を待っているに...

この記事の続報となります。

なんとも、ファンやCセグメント車を検討している方にはサプライズだらけの記事です!

さすが「過去最高の出来」と言われる新型シビックです。

シビック復活を求めていたファンや、Cセグメント車が欲しいユーザーにはピッタリの車でしょう!

スポンサーリンク

概要

日刊工業新聞より、

ホンダは2017年秋にも国内で主力セダン「シビック」の生産を始める。17年内に日本で発売する。シビックの国内生産は10年に生産を終了して以来7年ぶりとなる。海外で主力のシビックを国内でも生産することによって、低迷する国内生産の稼働率を改善する。国内販売のテコ入れにもつなげる考えだ。

サプライヤーに生産計画を伝えた。生産場所は狭山工場(埼玉県狭山市)。北米など輸出モデルを同工場で生産することも検討している。

ホンダは18年度にも国内生産を90万台半ばまで拡大する方針を掲げている。15年度は76万台だった。小型車「フィット」などの輸出モデルの拡大で足元では増えているが、新規車種の生産を始めることによって、国内生産を着実に拡大基調にのせる考え。シビックは15年秋に全面改良し、北米を皮切りに発売。堅調な売れ行きを示している。シビックの国内生産は、ハイブリッド車(HV)仕様を最後に10年末に終了していた。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

この10代目シビック(通称シビックX)の実力は素晴らしいものが有ります。

シビックXシリーズのこれまで

シビック発売後、世界5大モーターショーの一つであるデトロイトモーターショーにて、ロードスターやマリブを退けて北米カーオブザイヤーを取りました。

北米カーオブザイヤーという名前ですが、デトロイトモーターショーにおいて最も権威のある賞となります。

正直、予定調和的にアレが来るのかなあと思っていましたが 意外や意外、あのクルマが優勝です。 ……これ、日本でも絶対通用するクルマなのにな...

エクステリアだけでなく、インテリアも評価されています。

WardsAuto社の2015年ベストインテリアの一つとして選定されました。

他の受賞車はBMW 7シリーズやレクサスRX、VolvoXC90等高級車ばかりです。

最も価格の安い車がシビックですが、コストのかけられる高級車と対等の評価がされています。

WardsAutoってどこやねんと思って調べたらアメリカの自動車関係のメディアのようです。 信ぴょう性は不明ですが、車の◯◯ベスト10ばか...

シビックシリーズは拡大しています。

国内でリリースされるか不明ですが、シビッククーペもリリースされて、

シビックセダン発売後1年越しに、シビックハッチバックもリリースされました。

アグレッシヴ×スポーディで、同じシビックでありながらセダンよりも若者向けのデザインといえます。

Cセグメントハッチバックは国内でもなかなかの需要がありますし、展開されるかもしれません。

10代目となる、こちらのシビックX。派生車種どれもデザインが素晴らしいですが、中でもハッチは群を抜いたかっこよさだと思います。 ...

そしてシビックシリーズにおいて最もアグレッシヴ×スポーディなシビックタイプRコンセプトもリリースされたばかり。

次期型のシビックタイプRの情報が出始めてきたのでまとめました。2016/11/25 加筆しました。

こちらもそう遠くないうちに市販版がワールドプレミアするでしょう。

シビックシリーズがここまで拡大したのも、評判の良さ、満足度の高さであるといえます。

そのシビックのプラットフォームを共有化させたSUVもリリースされましたね!

そう、あのCR-Vです。

国内では2016年8月にラインナップから外されてしまったCR-V。北米での人気は大きいため、フルモデルチェンジとなったようです。 ...

評判の良いシビックのプラットフォームに加え、SUVの力強いデザインを融合させた車です。

日本ではサイズもあり多くは売れませんでしたが、北米ではなんと日本車メーカーにおけるSUVにおいて最も売れている車です。

日本でもCX-5やハリアーによってミッドサイズSUVの市場が広がってきましたし、是非ともCR-Vも展開してほしいですね!

スポンサーリンク

まとめ

シビックはタイ工場で作られたものを日本へ輸入すると考えていましたが、まさかの現地生産であることに驚きましたね!

そもそも、シビックセダンが日本での発売が遅れた理由はハイブリッドでなければ売れないと考えていたからとのこと。

つまり、日本向けのシビックセダンにはターボだけではなくハイブリッドも搭載される可能性が高いといえます!

現在、ホンダの普通車のラインナップはガタガタですし、シビックシリーズやCR-Vを再びラインナップして巻き返してほしいですね!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?