ホンダ、シビックを日本でも発売へ!ハッチバック、タイプRも!今夏発売!

スポンサーリンク

ついに来ました!

Cセグメント車における大本命でしょう。

ホンダニュースリリースより、

日本で今夏発売予定の新型「CIVIC(シビック)」シリーズを東京オートサロン2017で日本初披露

Hondaは、千葉県の幕張メッセにて開催中の「東京オートサロン2017」<1月13日(金)〜15日(日)>において、2017年夏に日本で発売を予定している新型「CIVIC(シビック)」シリーズの3モデル、「シビック ハッチバック」、「シビック セダン」、「シビック TYPE R(タイプアール)」のプロトタイプモデルを日本で初めて公開しました。

新型シビックシリーズは、新設計のプラットフォームを採用し、スポーティーかつ上質な走行性能を実現したほか、居住性、燃費性能、安全性能、デザイン性など、すべての領域で優れた性能を追求しました。日本仕様のシビック ハッチバック、シビック セダンのパワートレインには、力強い走りと高い燃費性能を兼ね備え、さらに高出力となった1.5L直噴VTEC TURBOエンジンを搭載します。
シビック セダンは埼玉製作所 寄居完成車工場での生産を予定しており、シビック ハッチバック、シビック TYPE Rはホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッド<Honda of the U.K. Manufacturing. Ltd.>での生産を予定しています。

14842728089831484272809086

遂に国内でもデビューするようですね!

以前、新型シビック(通称:シビックX)がリリースされ、その人気から国内でも販売することが発表されてから約1年です。

ホンダのセダンの中でずば抜けてかっこいい。 ホンダのセダン同士でもバッティングしない。 税制は日本向け。 こんなの、導入を待っているに...

シビックはデザインだけではなく、インテリアも評価されています。

合理的でハイテクなデザインを評価され、2016年におけるベストインテリアも受賞しています。

WardsAutoってどこやねんと思って調べたらアメリカの自動車関係のメディアのようです。 信ぴょう性は不明ですが、車の◯◯ベスト10ばか...

そして、日刊工業新聞よりこんな情報も、

シビックを再びホンダの看板として持ち上げるため、ブランドを磨き直すようです。

スポンサーリンク

国内向けのシビックは何の車種が?

現在、シビックの派生車種は3車種+プロトタイプが1車種です。

シビックセダン、シビッククーペ、シビックハッチバック、シビックタイプRとなります。

そのうち、国内で販売されるシビックはセダン、ハッチバック、タイプRです。

シビックセダンはその完成度の高さから、なんと昨年デトロイトモーターショーにて、北米カーオブザイヤーを受賞しております!

世界5大モーターショーのうちの一つであるデトロイトモーターショーにて、最も権威のある賞です!

ちなみにシビックセダンのみ国内生産となります。

正直、予定調和的にアレが来るのかなあと思っていましたが 意外や意外、あのクルマが優勝です。 ……これ、日本でも絶対通用するクルマなのにな...

次にシビッククーペがリリースされました。

但しシビッククーペは国内では販売されないようです。デザインは良いのですが、かなり尖っているため国内には確かに適さないかもしれませんね……。

そして大本命である、シビックハッチバックです!

セダン需要が少なく、スポーツ需要も少ない国内では最も販売台数が捌けるのではないのでしょうか。

10代目となる、こちらのシビックX。派生車種どれもデザインが素晴らしいですが、中でもハッチは群を抜いたかっこよさだと思います。 ...

そしてタイプRです。

タイプRは9代目と異なり限定販売ではないようです。

前回のタイプRは購入権利が売買されたのもあるかもしれませんね……。

次期型のシビックタイプRの情報が出始めてきたのでまとめました。2016/11/25 加筆しました。

スポンサーリンク

価格はいくらになるのか?

北米ホンダではすでにシビックが発売されており、セダンとハッチバックのみ価格が分かります。

セダンの価格

セダンの場合は以下のような価格帯です。

sc0000

1$=115円として、2,155,100円~2,737,000円といったところです。

セダンは国内生産ですし、大きく価格は変わらないと考えられます。

ハッチバックの価格

一方のハッチバックは、以下の通りです。

sc0001

同じ条件で考えると、2,265,500円~2,909,500円となります!

ライバルはCセグメント車ハッチバック全般となりますから、大体同じぐらいの価格帯となります。

但し、イギリスで生産した車を国内で販売することとなるので車両本体価格はエントリーグレードでも250万以上になりそうですね……。

スポンサーリンク

ハッチバックには隠されたグレードもあり!

尚、ハッチバックには未発売の最上位グレードである、ツーリンググレードがあります。

最上位グレードは北米ホンダでは2月以降の発売となり、価格は現在発表されておりません。

最上位グレードはプロトタイプと非常に似せたデザインとなっており、非常にアグレッシブなデザインとなっています。

現在まだ未発売ですが、マフラー2本出し、ジュエルアイヘッドライト、スポーディなホイールを履いたこちらのシビックハッチバックもこれから発売予定です。

恐らくこちらは相当高い価格になるのではないのでしょうか……。

ついに事前リーク!国内販売は7月から開始へ!

シビックファミリーについて、ついに事前リークが始まったようです。

ベストカーより、

ホンダは新型シビックシリーズを7月下旬に繰り上げ投入する方向で検討を進めています。

4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプRの3ボディ構成で、4ドアセダンのみが国内生産で、ほかはイギリスからの輸入モデルです。

パワーユニットはタイプRが2Lターボでほかは1.5LターボとNA2Lを搭載。安全パッケージである「ホンダセンシング」標準装備車を設定します。

シビックファミリーはタイプRを含め、すべて販売されるようですね!

発売時期は7月下旬ということですから、思った以上に早く販売するようです。

ホンダセンシングとは?

ホンダセンシングは、ホンダの予防安全技術の総称を呼びます。

ホンダセンシングには車種ごとに違いはあるものの、基本的には以下の機能をすべて盛り込んでいます。

国内トップクラスの予防安全技術が搭載されていれば、安心して運転できますね!

日本での価格はいくらか、具体的な発売日、スペック内容等、詳細は追って追記します!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?