ホンダ新型ヴェゼル2020年フルモデルチェンジの最新情報 デザインエンジン価格の詳細

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホンダ新型ヴェゼルのデザイン

コンパクトクロスオーバーSUVのホンダヴェゼルのフルモデルチェンジ情報です。

本記事ではホンダ新型ヴェゼルのフルモデルチェンジに伴う変更点について記載します。

2020年に行われる予定のホンダ新型ヴェゼルのフルモデルチェンジについて現在判明している情報ををざっくりまとめると以下の変更点があります。

  • ホンダ新型ヴェゼルのエクステリアデザイン
  • ホンダ新型ヴェゼルのインテリアデザイン
  • ホンダ新型ヴェゼルの派生車種
  • ホンダ新型ヴェゼルのエンジン
  • ホンダ新型ヴェゼルのプラグインハイブリッドモデル
  • ホンダ新型ヴェゼルのホンダセンシング
  • ホンダ新型ヴェゼルの予測されている発売時期・発売日
  • ホンダ新型ヴェゼルの予測されている価格

事前情報として現行型ホンダヴェゼルの特徴や仕様について本記事でも簡単に触れていますが、詳細に知りたい方はこちらをご覧ください。

それではホンダ新型ヴェゼルのフルモデルチェンジ情報を見てみましょう。

スポンサーリンク

ホンダ新型ヴェゼルのフルモデルチェンジの変更点

ホンダヴェゼルはコンパクトSUVと呼ばれるセグメントに属します。コンパクトSUVのモデルチェンジサイクルは5年~6年です。

現行型ホンダヴェゼルは2013年に発売開始となっていることから、ホンダ新型ヴェゼルのフルモデルチェンジは2019年~2020年が予定されていますよ♪

ホンダ新型ヴェゼルの変更点について予測されている情報を一つずつご紹介します♪

ホンダ新型ヴェゼルのエクステリアデザイン

ホンダ新型ヴェゼルのデザイン

ホンダ新型ヴェゼルのエクステリアデザインについて、現在のところ詳細の情報は入っておりません。

ただし、事前情報によるとホンダ新型ヴェゼルのエクステリアデザインは新しいホンダデザインとして開発されているとされています。

参考までに新しいホンダデザインが搭載されているホンダ新型アコードの存在があります。こちらを見る限りある程度の予測が出来ます。

ホンダ新型ヴェゼルのデザインは大きく転換することとなりそうですね。

ホンダ新型ヴェゼルの派生車種

ホンダヴェゼルの中国仕様 XR-Vの画像

ホンダヴェゼルには中国限定モデルの派生車種として、よりオフロード風にアレンジしたXR-Vが存在します。

この現行型XR-Vが日本国内でそのままリリースされることはなさそうであるものの、ホンダ新型ヴェゼルは新しく派生車種がリリースされると報道されています。

ホンダ新型ヴェゼルの派生車種はソリッド感を打ち出した箱型シルエットを採用しており、ヴェゼル特有のクーペシルエットとは大きく異なります。

その他足回りやエアロパーツといったポイントにも手を加えられ、実質的に別車種とも言えるような違いがありそうです。

ホンダ新型ヴェゼルはサイズアップする?

ホンダ新型CR-V デザイン

ホンダ新型ヴェゼルでは新しい派生車種がリリースされる他、米国市場を鑑みてサイズアップすると報道されています。

現行型ホンダヴェゼルはホンダフィットをベースとしていますが、ホンダフィットは2019年のフルモデルチェンジに伴い派生車種のWR-Vを国内販売する計画があります。

ホンダWR-Vが販売されるとホンダ新型ヴェゼルとサイズがバッティングする恐れがあるため、サイズアップし差別化を図るのが狙いでしょう。

この場合、ホンダCR-Vとバッティングする為次期型となるホンダ新型CR-Vは更なるサイズアップとなることでしょうね……。

ホンダ新型ヴェゼルは新世代ハイブリッドエンジン搭載

ホンダ新型ヴェゼルのエンジン

ホンダ新型ヴェゼルは以下のパワートレーンが搭載されます。

  • 直列4気筒直噴1500ccガソリンエンジン
  • 直列4気筒1500cc i-MMDスポーツハイブリッドエンジン

ホンダ新型ヴェゼルではホンダ新型インサイト同様に1500cc i-MMD スポーツハイブリッドが採用されます。

尚、ホンダヴェゼルにこれまで採用されてきたi-DCTはi-MMDへと置き換わることから開発停止となる予定です。

ここでi-MMDハイブリッドはライバルメーカーや現行型ハイブリッドシステムと何が違うのか簡単にご説明させていただきます。

i-MMDハイブリッドのメリット

i-MMD(インテリジェンドマルチモードドライブ)は高い燃費性能と俊敏なスポーツ性能を両立させ、なおかつ大容量2モーター式ハイブリッドシステムです。

i-MMDハイブリッドが他ハイブリッドと異なる点は、EVが得意とする市街地ではEV走行に、EVが苦手とする高速巡航ではエンジン走行に切り替えることで、死角のない完全無欠を実現ことです。

これまでのホンダの小型車に搭載されていたハイブリッドは踏み込んだ時のアシストのみだったため大幅な進歩だと言えます。

ホンダ新型ヴェゼルはプラグインハイブリッド搭載

EVとガソリンエンジンのいいとこ取りが可能なプラグインハイブリッドはじわじわと様々なメーカーからリリースされています。

ホンダは現在のところEVやPHVはあまりリリースされておりませんが、ホンダ新型ヴェゼルにはPHVが搭載されるでしょう。

しかしながら、ホンダ新型ヴェゼルのPHVモデルはある程度遅れて発売されることでしょう。

ホンダ新型ヴェゼルの発売日・発売時期

現在のところ、ホンダ新型ヴェゼルの具体的な発売日・発売時期は判明しておりません。

しかしながら予測として、ホンダヴェゼルのベースはホンダフィットであることからホンダフィットのフルモデルチェンジのサイクルに合わせると考えられています。

ホンダフィットのフルモデルチェンジサイクルは6年であることから、ホンダ新型フィットのフルモデルチェンジは2019年であると考えられています。

ホンダヴェゼルはホンダフィットの発売後約1年後に発売されていることから、ホンダ新型ヴェゼルは2020年下旬にフルモデルチェンジすると言われています。

ホンダ新型フィットが2019年フルモデルチェンジ 変更点の最新情報

ただしもともとフルモデルチェンジで搭載する予定だったターボエンジンが2018年に前倒しとなったことからより技術を熟成し延期となる可能性も示唆されています。

ホンダ新型ヴェゼルの具体的な発売日・発売時期が判明次第お伝えします。

ホンダ新型ヴェゼルの価格

ホンダ新型ヴェゼルについて、具体的な価格は現在のところ判明していません。

しかしながら、ハイブリッドの機構がi-DCTに対し高価なi-MMDが搭載されることを考えるとハイブリッドモデルは値上げとなることが考えられます。

ホンダ新型ヴェゼルの価格について、具体的な情報が判明次第お伝えします。

スポンサーリンク

2020ホンダ新型ヴェゼルのフルモデルチェンジ情報まとめ

  • ハイブリッドはi-MMD搭載
  • 時期をずらしPHVも追加
  • 発売時期は2020年頃が濃厚
  • 価格はハイブリッドモデルの値上げが濃厚

それでは最後に、ホンダヴェゼルの歴史や特徴について振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

ホンダヴェゼルの特徴

ホンダ現行型ヴェゼル 画像

ホンダヴェゼルは2013年に発売開始となったコンパクトクロスオーバーSUVです。

ホンダにおける小型車の基幹モデルであるフィットをベースでコンパクトSUVとしてラインナップされています。

ホンダヴェゼルは独特なスタイリングや非常に広い車内空間、パワートレーンと様々なポイントで高い評価を受けています。

なんと超高過熱状態のSUV市場で2014年、2015年、2016年と販売台数日本ナンバー1に輝いています。圧倒的な人気ですね!

ホンダヴェゼルは、2013年デトロイトモーターショーにてリリースされた”ホンダ・アーバンSUVコンセプト”に由来するモデルです。

非常にかっこよくこのコンセプトに一目惚れした方も多いことでしょう。

ホンダアーバンSUVコンセプトの画像

ちなみにホンダヴェゼルは海外ではネーミングが変更されており、HR-Vという名前で販売しています。

デザインにおける違いはグリルデザインが若干異なる程度です。

ホンダヴェゼル HR-Vの画像

ホンダヴェゼルとホンダHR-Vはデザインこそほぼ同じですが、パワートレーンは大きく異なっています。

また、中国限定でヴェゼルをオフロード風に味付けしたXR-Vがあります。

ホンダヴェゼルの中国仕様 XR-Vの画像

こちらはアグレッシブでタフなデザインとなっており、サスペンションも変更されSUVらしいパワーをより引き出したモデルです。

ラインナップの拡充のためにも、XR-Vの国内展開はぜひ期待したいですね。

ホンダヴェゼルの人気の理由

ホンダヴェゼルの人気の理由は?

ホンダヴェゼルの人気の秘訣は、SUVの力強さ×クーペの美しさ×ミニバンのような使い勝手×ハイブリッドの低燃費を全て同時に叶えたことでしょう。

具体的には、SUVの車高の高さとタフなフロントフェイス、クーペの締りのある美しいルーフ、ミニバンの車内空間の広さと車種をi-DCDによる低燃費×ハイブリッドパワーを兼ね揃えています。

現在でこそホンダヴェゼルのようなデザインのコンパクトクロスオーバーSUVは多いものの、ミニバンのような車内空間の広さまで実現したSUVはありません。

あれもこれもと理想を全て1台に集約した上、コンパクトクロスオーバーSUVブームの黎明期に先陣を切ってリリースされたことも大きなポイントです。

ホンダヴェゼルの人気の理由は外観だけではありません。

内装も価格相応以上の素晴らしいインテリアデザインとなっています。非常に上質、合理的、機能性の高いデザインであり、人気が高い理由がよくわかります。

ホンダヴェゼル インテリアの画像

また、内装のラインナップも多く5種類以上のインテリアデザインが選べるのもナイスです。

上部から見るとこのようなデザインとなっています。上質ですね。

ホンダヴェゼル シートの画像

座席は後部座席でも非常に広く作っており、なんと身長が185cmの方でも広々座れるように設計されています。フィットベースの恩恵ですね。

広さを犠牲にしてデザインを優先するコンパクトクロスオーバーSUVが多い中、この広さは圧倒的な強さがあります。

ホンダヴェゼル シート座り心地の画像

ホンダヴェゼルの広さは座席だけではなくトランクも非常に広く作っており、フルフラットとなる設計となっています。最近では数少ないフルフラットです。

運転席を一番前までスライドさせることで、身長180cmの方でも車中泊ができるほどの広さですよ!

ホンダヴェゼル トランクの画像

更に予防安全技術も抜かりはありません。安全運転支援システムのホンダセンシングが選択することが出来ます!

ホンダセンシングとは、ホンダの予防安全技術の総称を呼びます。

ホンダセンシングには車種ごとに違いはあるものの以下のような機能も追加されています。

ホンダヴェゼルの場合、すべての機能が搭載されています。嬉しいですね!

  • 衝突被害軽減ブレーキ……前走者、対向車、歩行者との衝突回避を支援
  • 歩行者事故低減ステアリング……ステアリング操作し歩行者との衝突を回避
  • アダプティブクルーズコントロール……適切な車間距離を保ちつつ設定速度で自動走行
  • 車線維持支援システム……車線の中央を走行できるように支援
  • 路外逸脱抑制機能……車線を検知し、はみ出さないようにステアリング操作
  • 誤発進抑制機能……アクセルとブレーキを間違えた際、車両を停止し警告
  • 先行車発進お知らせ機能……停車時に先行車が発信したことをお知らせ
  • 標識認識機能……標識を検知しタコメーター上のディスプレイに表示

これだけの魅力を同時に叶えたからこそ、年連続SUV販売台数ランキングNo1の偉業を達成したのでしょう。

ホンダヴェゼルのエンジンは2種類

ホンダヴェゼル エンジンの画像

ホンダヴェゼルは、以下の2種類のエンジンが搭載されています。

  • 直列4気筒1500cc直噴ガソリンエンジン
  • 1500cc i-DCD SPORTHybridエンジン

ホンダヴェゼルは車重が比較的重めであるため、燃費を改善しつつパワーもアシストするハイブリッドエンジンが好まれています。

ホンダのハイブリッドエンジンである”スポーツハイブリッドi-DCD”は非常に完成度が高く、踏めば排気量以上のパワーで即座に加速し、自然なギアチェンジでストレスがありません。

当然ハイブリッドエンジンですから燃費も非常によく、車重が重いSUVでありながらJC08モードで23.4kmを記録しています。

車重は比較的大きめですが、1500ccでもハイブリッドエンジンでは十二分に加速が出来るエンジンに完成度を高めていますね!

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする