ホンダ新型オデッセイが2019年フルモデルチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホンダ新型オデッセイ

ホンダ新型オデッセイの2019年に行われるフルモデルチェンジ情報です。

本記事では2019年に行われるホンダ新型オデッセイのフルモデルチェンジに伴うデザイン、エンジン、価格、発売日といった変更点について記載します♪

なお、本記事ではホンダ新型オデッセイについて以下の情報を速報でお伝えしています。

  • ホンダ新型オデッセイのエクステリアデザイン
  • ホンダ新型オデッセイのインテリアデザイン
  • ホンダ新型オデッセイの先進安全装備(ホンダセンシング)
  • ホンダ新型オデッセイの走行性能
  • ホンダ新型オデッセイのエンジン
  • ホンダ新型オデッセイの発売日・発売時期
  • ホンダ新型オデッセイの価格

また、記事の後半ではホンダオデッセイの特徴や歴史について言及しておりますが詳細に知りたい方はこちらをご覧ください。

それでは2019年にフルモデルチェンジが行われるとされているホンダ新型オデッセイについて見てみましょう!

スポンサーリンク

ホンダ新型オデッセイのフルモデルチェンジ情報

ホンダオデッセイは約6年周期でモデルチェンジしています。

現在のホンダオデッセイは2013年に発売開始となっていることから、2019年にホンダ新型オデッセイがフルモデルチェンジするという情報が判明しています!

トヨタ新型ランドクルーザーの変更点について予測されている情報を一つずつご紹介します♪

ホンダ新型オデッセイのエクステリアデザイン(外装)

ホンダ新型オデッセイ デザインホンダ新型オデッセイ デザイン

ホンダ新型オデッセイのエクステリアデザインについて、現在のところ具体的な情報は入っておりません。

また、走行テストを行っているホンダ新型オデッセイのテストカーも撮影されていないことからエクステリアデザインのシルエットも不明です。

しかしながらホンダ新型オデッセイのエクステリアデザインの情報がディーラーを通し一部リークされているようです。

リーク情報によるとホンダ新型オデッセイのエクステリアデザインは以下のようなデザインとなる模様です。

ホンダ新型オデッセイのエクステリアデザインのポイント!
  • ホンダの最新アイデンティティのジュエルアイが搭載
  • 全高が大きくなる
  • デザインはキープコンセプト
  • フロントグリルはホンダ新型アコードに似ている

ホンダ新型オデッセイでは2018年に北米向けに発表されたホンダ新型アコードのデザインに近いデザインとなる模様です。

現行型のホンダデザインに比べグリルが拡大している他、ジュエルアイヘッドライトが変更されていることがわかりますね。

ホンダ新型オデッセイのインテリアデザイン(内装)

ホンダ新型オデッセイ インテリアホンダ新型オデッセイ インテリア

ホンダ新型オデッセイのインテリアデザインについて、現在のところ具体的な情報は入っておりません。

また、走行テストを行っているホンダ新型オデッセイのテストカーも撮影されていないことからインテリアデザインの実物のリークもありません。

しかしながらホンダ新型オデッセイのインテリアデザインの情報がディーラーを通し一部リークされているようです。

リーク情報によるとホンダ新型オデッセイのインテリアデザインは以下のようなデザインとなる模様です。

ホンダ新型オデッセイのインテリアデザインのポイント!
  • 全高の拡大によって室内居住空間が更に拡大する
  • 使い勝手を向上させる為ポケットやドリンクホルダーの追加
  • 大型ディスプレイの搭載
  • シートの材質が変更

ホンダ新型オデッセイでは全高の拡大によって他ミニバンに対抗できる室内空間へと拡大します。

また、細かいながら乗員数の多いミニバンにはありがたいポケットやドリンクホルダーの追加があります。

ドリンクホルダーはドリンクだけではなくスマホを置くこともできることからたくさんあるに越したことはありませんね。

ホンダ新型オデッセイのエンジン

現行型オデッセイ エンジン

ホンダ新型オデッセイは以下のエンジンが搭載されると言われています。

  • 直列4気筒2400ccガソリンエンジン
  • 直列4気筒1500ccガソリンターボエンジン
  • 直列4気筒2000ccハイブリッドエンジン

ホンダ新型オデッセイは基本的には変更がないものの、新しくガソリンターボエンジンモデルが追加されると言われています。

ガソリンエンジンモデル及びハイブリッドエンジンは排気量や機構そのものは大きな変更がないものの最適化が行われ燃費やトルクが向上すると言われています。

ホンダ新型オデッセイの走行性能

現行型オデッセイ サスペンション

ホンダ新型オデッセイでは高級ミニバン相応に走行性能が向上します。

具体的な情報は現在のところ判明していないもののライバルであるトヨタアルファード、ヴェルファイアに匹敵する静粛性と走行安定性を確保すると言われています。

ホンダ新型オデッセイはこれまで以上に高級化を目指し開発されるでしょう。

ホンダ新型オデッセイの先進安全装備(ホンダセンシング)

新型オデッセイ ホンダセンシング

ホンダ新型オデッセイではホンダセンシングをアップデートしホンダセンシングの上位互換システムが搭載されると言われています。

具体的な情報は現在のところ判明していないものの、日産が開発したプロパイロットに匹敵する先進安全装備を期待したいですね。

ホンダ新型オデッセイの発売日・発売時期

ホンダ新型オデッセイの具体的な発売日は現在のところ判明しておりません。

しかしながらホンダ新型オデッセイの発売時期はおおよそ判明しており、2019年末ではないかと言われています。

ホンダ新型オデッセイの具体的な発売日が判明次第お伝えします。

ホンダ新型オデッセイの価格

ホンダ新型オデッセイの具体的な価格は現在のところ判明しておりません。

しかしながらホンダ新型オデッセイの価格はさらなる高級化を目指すとされており、大幅な値上げが考えられています。

予定されているライバルはトヨタアルファード、トヨタヴェルファイアとされていることから、それ相応に質感等が向上するでしょう。

ホンダ新型オデッセイの価格が判明次第お伝えします。

スポンサーリンク

ホンダ新型オデッセイのフルモデルチェンジ情報まとめ

  • ホンダ新型オデッセイのエクステリアデザインはキープコンセプト
  • ホンダ新型オデッセイのインテリアデザインは大幅に質感が向上
  • ホンダ新型オデッセイの走行性能や静粛性が向上
  • ホンダ新型オデッセイの先進安全装備(ホンダセンシング)は大幅アップデート
  • ホンダ新型オデッセイのエンジンは共通
  • ホンダ新型オデッセイの発売日・発売時期は2019年後半を予定
  • ホンダ新型オデッセイのは値上げが濃厚

最後にホンダオデッセイの特徴と歴史について簡単にご紹介します。

スポンサーリンク

ホンダオデッセイの特徴と歴史

初代オデッセイ

オデッセイはホンダのミニバンであり、1994年に初代モデルがデビューしています。

当時のホンダはセダンやクーペ以外の車種が壊滅的であり、業績が低迷していました。

開発費の捻出も厳しい中、アコードをベースとして開発した同車はこれまでのミニバンの標準であった”ハイルーフ”や”スライドドア”を敢えて排除せざるを得ないモデルとして生まれています。

しかしながらハイルーフとスライドドアを排除した結果他にはない卓越したデザインとなり、セダンをベースとしているため運動性能が通常のミニバンよりも遥かに高く、同時に低床や低重心化することで他のミニバンと圧倒的な差別化に成功しました。

オデッセイを皮切れとして、2000年代初頭から2000年代後半まで続いたロールーフミニバンの全盛期の時代となります。

新しいミニバンの価値観を産んだオデッセイは、大型車における販売台数においてクラウンを抜き去り1位に輝いていた上、RJCカーオブザイヤー、日本カーオブザイヤー特別賞を受賞しました。

もちろん販売面でも大ヒットを収め基幹モデルへと成長し、現行モデルで5代目となるまで愛されているモデルです。

現行モデルのホンダオデッセイの特徴

現行型オデッセイ

現行モデルは5代目となり、2013年にデビューしています。

これまで搭載されてきたアイデンティティである非スライドドア、非ハイルーフから一新し、ミニバンのニーズに合わせて両側スライドドア、若干ハイルーフが搭載されています。

低重心はプラットフォームを一新することで更に低くなり、センタータンクレイアウトと合わせることでハイルーフの典型的なミニバンのライバルよりも室内空間は広く設計されています。

ニーズにあわせたものの、最大のアイデンティティであるスポーツ性能を出来る限り活かしたコンセプトですね。

現行型ホンダオデッセイの魅力

現行型オデッセイ 魅力

オデッセイの魅力は、オデッセイしかない独特なスタイリング、走行性能の高さ、走るラウンジと銘打っているほどの快適で上質な室内空間、低燃費、そしてミニバンの使いやすさと、ミニバンの理想を兼ね揃えたミニバンであることでしょう。

高い走行性能!

現行型オデッセイ 走行性能

オデッセイの走行性能の高さは素晴らしく、ホンダの技術を惜しみなく活用しています。

超低床プラットフォームと呼ばれる、極限まで低くしたプラットフォームを採用することによって、ワイド&ローなデザインと地を這うような高い走行性能を両立しています。

また、低床とすることで室内高を上げすぎず3列目シートまで実感できる広さがあります。

室内高をあげすぎないことによって風の抵抗を減らし、風切り音も削減、燃費改善と、オデッセイ独自の価値向上にもつながっています。

現行型オデッセイ サスペンション

また、ミニバンなので乗客を乗せることを前提としていることから、サスペンションにもこだわりがあります。

安定感とスポーディさを両立しており、走りと室内空間を広げるためトーションビーム式サスペンションを採用しています。

ダンパーも細かい振動やコーナリングの減衰力を高めるダンパーを活用することで、乗員に負担をかけないでしょう。

現行型オデッセイ 最小回転半径

サイズは比較的大柄ながら、最小回転半径は5.4mと他のミニバンよりも小さいです。

ホンダセンシングと組み合わせることによって取り回しが容易となり、初めてのミニバンだとしても手間取ることなく運転することができますね!

快適で上質な室内空間!

現行型オデッセイ インテリア

ミニバンですから、人を載せることを優先的に考えられています。

オデッセイはホンダにおけるフラッグシップミニバンということもあり素晴らしい室内空間となっていますよ!

ワゴンタイプのミニバンは3列目シートが犠牲になりがちですが、オデッセイは3列目シートも広く、ミニバンとしての役目を完璧にクリアしています。

また、低床プラットフォームによって地上からのステップ高がわずか30cmと、限界まで低く作られており、乗降の負担も大きく軽減していますね。

ホンダセンシング搭載!

予防安全技術も抜かりはありません。

ホンダが開発している安全運転支援システムのホンダセンシングが選択することが出来ます!

ホンダセンシングとは、ホンダの予防安全技術の総称を呼びます。

ホンダセンシングには車種ごとに違いはあるものの以下のような機能も追加されています。

現行型オデッセイ ホンダセンシング

エンジンは?

現行型オデッセイ エンジン

エンジンは2400ccガソリンエンジンと、2000cc+i-MMDSPORT HYBRIDの2種類があります。

i-MMDはホンダの開発したハイブリッドシステムの一つであり、”高い燃費性能”と”俊敏なスポーツ性能”を両立させたハイブリッドシステムです。インテリジェントマルチモードドライブの略称です。

i-MMDは非常に高い燃費性能を誇るだけでなく静かで、ダイレクト感のある楽しい走りが期待できるシステムですよ!

HONDA SPORT HYBRID i-MMD New Accord

ホンダのもう一方のハイブリッドシステムであるi-DCDとの違いとしては、大排気量であり、全てにおいて高性能であることが挙げられます。

具体的にはバッテリー容量が非常に大きいことからモーター主体の走行が可能であったり、高速道路ではより高いレスポンスのためにエンジンをタイヤと直結しスポーディかつ振動の少ない運転が可能となります。

運転状況や速度状況においてモーター+エンジン、エンジンのみ、モーターのみと3種類のパターンで駆動可能であることが最大の特徴であるといえますね!

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする