ホンダ3代目新型インサイト2018年復活 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

かつて販売されていたホンダのコンパクトセダン、3代目インサイトの復活情報です。

本記事ではホンダ新型インサイトのフルモデルチェンジに伴うエンジン、デザイン、価格、発売日といった変更点を記載します。

ホンダは1999年にハイブリッド第一弾として、ホンダインサイトを発売しました。

ほぼ同時期に運命的なライバルとも言えるモデルがあります。トヨタプリウスです。

ホンダインサイトはトヨタプリウスを打倒するために生まれてきた存在とも言えるほど、トヨタプリウスとの関係が深いモデルです。

ホンダインサイトはトヨタプリウスとデザイン・ハイブリッドシステムで大きな違いがあります。

まるでレーシングカーのような独特なデザイン、リアホイールスカートの採用、徹底的に空気抵抗を抑えたデザイン、そして当時最先端のハイブリッドを搭載されています。

しかしながら販売面においてトヨタプリウスに水を開けられ、ホンダインサイト販売を停止することになりました。

ハイブリッド技術の熟成とともに2代目モデルが2009年に復活し、それなりの販売台数をさばいたものの再びトヨタプリウスに販売面で大きく負けてしまい、再び2014年に停止となっています。

そんなホンダインサイトですが、更にハイブリッド技術を熟成させ3代目モデルがリリースされるようです。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする