ホンダのミニバンであるフリード、遂に新型デビューのようですね

スポンサーリンク

徹底的に日本の道路状況に合わせたような車です。
初代からホンダのマーケティングセンスが光った車でしたね。


ホンダ公式サイトより

新型コンパクトミニバン「FREED(フリード)」をホームページで先行公開
Hondaは、今秋にフルモデルチェンジを予定している新型「FREED(フリード)」に関する情報を、本日、Hondaホームページで先行公開しました。
フリードは、2008年の発売以来、「ちょうどいい」をコンセプトとし、コンパクトなボディーの5ナンバー車ながら、広々とした室内空間や使い勝手を兼ね備えることで、ファミリー層を中心に幅広く支持されてきました。
今秋、「ちょうどいい」フリードが、その居住性、燃費性能、走行性能などさらに進化して登場します。
ホームページでは、新型フリードに関する情報を順次公開します。
先行公開ページのアドレスは以下の通りです。

http://www.honda.co.jp/FREED/new/
兄貴分のステップワゴンはワクワクゲートという名の革新的なテールゲートを搭載していた上
レギュラー対応の1.5リッターターボエンジン、ホンダセンシングと
ホンダの技術や発想をこれでもかと積んだ車種です。
しかしながら、現行のデザインがウケなかったのか
他社のミニバンに比べ安く、安全装置類もしっかりしていたのに
売上が芳しくない様子。
今のミニバンのデザインとしてのメインストリームは
メッキ分が多めでグリルが特大、内装も超豪華なタイプが流行りのようですし
ステップワゴンは如何せんファミリー向けすぎるデザインなのかもしれません。
そのメインストリームを引き継いでいる車種としてオデッセイがありますが
オデッセイも……イマイチ。
現状、ミニバンはシエンタとヴォクシーの2強状態のようです。
ミニバン人気・販売台数ランキングを比較!
一方のフリードは、むしろ徹底的に日本の道路状況や顧客の理想を叶えたような車です。
モデルサイクル的にそろそろということもあり販売数を絞っておりますが
遂にデザインが公表されました!
こちらです。
img_02.jpg
現行のステップワゴンをそのまま小さくしたようなデザインですね。
非常にさっぱりしていて、老若男女誰でも乗れそうなデザインです。
ヘッドライトは……シビック以降、採用された「ジュエルアイ」ではないみたいです。
【LAモーターショー15】シビッククーペが公開されたようです
ジュエルアイはとても美しいデザインだと思うのですがミニバンには……合わないのでしょうか?
一度見てみたい。
新型も5ナンバーサイズで留めるのならライバルは間違いなくシエンタでしょうね。
3列シート、5ナンバー、1500cc、ハイブリッドと完全にバッティングしております。
現行のフリードよりもシエンタが選択されている理由の一つとして
その奇抜なデザインもありますが、なんといってもコストパフォーマンスの高さです。
シエンタはエントリーモデルが170万、ハイブリッドのエントリーモデルが225万円。
更に、トヨタセーフティセンスCは、停止車両に対し50kmまで止まれます。
カローラ アクシオ:被害軽減ブレーキ試験 CCRs50km/h
かなりギリギリですけどねww
一方のフリードはエントリーモデルが175万、ハイブリッドのエントリーモデルが221万円です。
金額的にはほぼ同じですから、シエンタに対抗するためにも
価格を上げるわけにはいきません。
トヨタセーフティセンスCに対抗できる、ホンダセンシングも今ならあります。
後は如何にしてシエンタよりも優位にできるか?ワクワクゲートは?
これから情報が公開されていくことに期待です。

スポンサーリンク