デトロイトモーターショーにて、北米カーオブザイヤーが決まったようです。

スポンサーリンク

正直、予定調和的にアレが来るのかなあと思っていましたが
意外や意外、あのクルマが優勝です。
……これ、日本でも絶対通用するクルマなのになあ……。

【デトロイトモーターショー16】ホンダ シビック 新型、北米カーオブザイヤーに…ロードスター 抑える
北米カーオブザイヤー主催団体は1月11日、米国で開幕したデトロイトモーターショー16において、「2016北米カーオブザイヤー」を新型ホンダ『シビック』に授与すると発表した。
北米カーオブザイヤーは今回で23回目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。年間販売台数は5000台以上が条件となるため、スーパーカーや一部高級車は選考から除外される。
2016北米カーオブザイヤーの乗用車カテゴリーの最終選考3台は、以下の通り。
シボレー・マリブ
ホンダ・シビック
マツダ・ロードスター
この中から、新型ホンダ シビック が新型マツダ『ロードスター』とGMの新型シボレー『マリブ』を抑えて、2016北米カーオブザイヤーに輝いた。シビックの同賞受賞は、2006年以来、10年ぶり2度目。

ソース:レスポンス
1000492.jpg
というわけで、シボレー:マリブやマツダ:ロードスターを出しぬいて
ホンダの10代目シビックが王者となりました。
シボレーのマリブは日本でラインナップされていないのでイマイチ分かりにくいのですが
シボレーのDセグメントセダンです。競合はカムリやアコードらへんです。
北米のセダン市場におけるシボレーの看板のような位置づけでしょうか。
正直、北米カーオブザイヤーの最終候補を見てマリブかなあと思っていたのですが……。
よくシビックがカーオブザイヤーに輝いたと思います。
ちなみにこの10代目シビックは、なんとスモールカー部門でカナダカーオブザイヤーにも選ばれております。

カナダ自動車ジャーナリスト協会は11月24日、新型ホンダ『シビック セダン』に、「2016カナダカーオブザイヤー」の「ベストニュー賞」を授与すると発表した。
カナダ・カー・オブ・ザ・イヤーは、カナダで権威のある自動車賞。およそ70名のジャーナリストが、投票を行い、カナダで最高の車を選び出す。
同賞の部門賞が、ベストニュー賞。これは、9種類の新車カテゴリーのそれぞれで、最高の1台を選出するもの。新型ホンダ シビック セダンは、スモールカー部門での受賞となった。

ソース:レスポンス
ちなみにサイズや排気量はこんな感じ。

全長 4,503mm
全幅 1,752mm
全高 1,435mm
エンジン 1.5L直4直噴VTECターボ

日本でも十分イケるサイズに加え、卓越した安全装置であるホンダセンシングも搭載。
グレイスとアコードの間を埋めるという点でも、国内でも十分戦えるスペックなのですが……。
日本でも出てくれればいいのですがね……。