ダイハツ、スマートアシストⅢへアップグレード!スズキとの比較は?

スポンサーリンク

同じ軽自動車のライバルであるスズキにこの点で負けておりましたが、グレードアップによってどうなったのでしょうか?

軽自動車のメーカーであり、最近は小型車にも注力しているダイハツ。

最近では、トヨタ/ダイハツアライアンスとして、パッソや

ルーミー/タンクをリリースしましたね。

軽自動車や小型車と、スズキとかなり近いセグメントの車を作っております。

海外での展開も発展途上国向けであり、永遠のライバルといえる企業です。

スポンサーリンク

ダイハツのスマートアシスト(スマアシ)とは?

スマートアシストとは、ダイハツの自動ブレーキシステムのことです。SAや、スマアシと略されることもあります。

2012年に初搭載された後、2015年にスマートアシストⅡをリリースし、矢継ぎ早に2016年にスマートアシストⅢがリリースされています。

最初期は自動ブレーキシステムのみが搭載されておりましたが、バージョンアップされるごとにより先進的な技術が搭載されたため、自動ブレーキにとどまらず様々な機能が追加されています。

スポンサーリンク

どういう機能なの?

スマートアシストはレーダーやカメラを用いて前方の状況を自動で判断し、一定条件下において衝突を回避できる予防安全技術群を搭載しています。

スマアシⅠでは自動ブレーキシステム限定のシステムでしたが、バージョンアップするにつれて新しい機能が追加されました。

止まるをアシスト

止まるをアシストは、自動ブレーキシステムのことです。前方に障害物・車・人といった危険を事前に回避することが出来ます。

スマアシⅡでは~50kmまで、スマアシⅢでは80kmまで自動ブレーキが作動します。

また、スマアシⅢはカメラを装備しているため歩行者も認識できます。歩行者の場合50kmまで被害を軽減します。

飛び出さないをアシスト

飛び出さないをアシストは、誤発進を抑制するシステムです。エンジン作動後にシフトの入れ違いやアクセルやブレーキの入れ間違いを検知し、自動でブレーキをかけます。

こちらはスマアシⅡ以降に搭載されており、スマアシⅡでは前方のみ、スマアシⅢでは前後をカバーします。

気づくをアシスト

気づくをアシストは、停止後に前方の車が発信しても車が動かない場合ブザーで知らせます。

スマアシⅡ以降では車線からズレた時にブザーで知らせます。

夜道の運転をアシスト

夜道の運転をアシストは、ヘッドライトが点灯している際、対向車にあわせてハイビーム・ロービームを自動で切り替えます。

夜道の運転をアシストはスマアシⅢ限定機能です。

それでは、若干ネタバレになってしまいましたが(笑)、概要を見てみましょう。

スポンサーリンク

概要

ダイハツニュースリリースより、

歩行者へのブレーキ対応を追加した衝突回避支援システム 「スマートアシストⅢ」を開発
~世界最小ステレオカメラ※1を採用、軽乗用車「タント」に搭載し本日発売~

ダイハツ工業(株)(以下、ダイハツ)は、ダイハツ独自の衝突回避支援システム「スマートアシスト」を改良し、「スマートアシストⅢ」を開発した。一部改良した軽乗用車「タント」、軽福祉車両「タント スローパー」「タント ウェルカムシート」に搭載し、11月30日(水)から全国一斉に発売する。(タント一部改良の内容については同日発行の別リリースをご参照)

スマートアシストは、交通事故低減に向け、日常の生活においてクルマを使う中で求められる安全・安心を提供するため、2012年に軽自動車で初めて※2ダイハツが搭載した衝突回避支援システムである。現在は軽を中心としたスモールカー9車種に搭載しており※3、2016年7月には搭載車種の累計販売台数が100万台を突破するなど、スモールカーに最適な機能と、6万円※4というお求めやすい価格設定で多くのお客様からご支持をいただいている。

今回新たに開発したスマートアシストⅢは、世界最小※1の「小型ステレオカメラ」を採用し、衝突回避支援ブレーキ機能が歩行者にも対応、作動速度域の拡大を実現したことで、従来よりもさらに安全性を向上した。ステレオカメラを小型化したことで、将来的にはタントのようなモアスペース系のみならず、より小型な軽自動車での搭載が可能となる。また、ダイハツ初のオートハイビームも搭載し、夜間の安心・安全性能を向上した。さらに、機能は充実化しながら、価格は据え置きとし、従来どおりスモールカーを必要とされているお客様に身近な機能とした。

1.主な進化内容
◇衝突回避支援ブレーキ機能
<歩行者対応 衝突回避支援ブレーキ機能追加>
・世界最小サイズの小型ステレオカメラをフロントガラス上部に設置したことで、ステレオカメラが前方の車両や歩行者との距離を検知。従来の対車両のみならず、歩行者に対しても速度が約4~50km/hの場合に衝突回避支援ブレーキを作動

<作動速度域向上>
作動速度が従来の約4~50km/hから約4~80km/hへ向上(対歩行者の場合は約4~50km/h)、衝突回避の相対速度も約4~20km/hから約4~30km/hへ向上したことで安心・安全性が向上

<被害軽減ブレーキアシスト追加>
・車両が衝突危険を認識した際、運転者のブレーキの踏み込みがあった場合には、強力なブレーキアシストを作動することで衝突回避、もしくは被害軽減を実現

2.新たな機能の追加
◇ダイハツ初となるオートハイビーム
・対向車のヘッドランプなど前方の明るさを検知し、ヘッドランプのハイ/ロービームを自動切り替え。夜間でも対向車を気にせず運転に集中でき、安全性をさらに向上

本日付で、スマートアシストの機能は大幅に向上し、看板車であるタントに実装となりました!

tanto_20161130001m

タントはダイハツの中でも比較的高額車種でありながら台数をさばける看板車です。

トールワゴンの中では大きな競争力を持つ同車ですが、今回のテコ入れでより魅力が上がりましたね!

スマアシⅡからⅢになって何が変わったの?

スマアシ3はこのような特徴があります。

image_1130m

まず、カメラがシングルからダブルとなりました。これによってより正確に目の前の障害物を把握することが出来るようになりました。

また小型であるため、様々な車種に応用ができます。

sc0000

次に対車両の事前ブレーキがこれまでの4~50kmから、4~80kmへと向上しました。

歩行者はこれまで検知こそしておりましたが、自動ブレーキは動作しませんでした。
スマアシⅢからは4~50kmまで感知しブレーキをかけれるようになりました。

また、緊急ブレーキ・被害軽減ブレーキも大幅に向上しています。

sc0001

自分でイチイチ切り替えずに済むのは非常に楽ですね!

解説動画もあります。

こちらを見ると一目瞭然です。

ライバル・スズキのデュアルカメラブレーキサポートとの違いは?

ダイハツの最高性能であるスマアシⅢと、スズキの最高性能であるデュアルカメラブレーキサポートを比較するとこのような違いがあります。

システム名スマートアシストⅢデュアルカメラブレーキサポート
方式デュアルカメラデュアルカメラ
衝突回避(対歩行者)~50km(~30km)~50km(~30km)
前方衝突警告~100km~100km
被害軽減ブレーキ~80km~100km
誤発進前方可能可能
誤発進後方可能不可能
オートハイビーム可能可能
価格64,800円75,600円

スマートアシストは被害軽減ブレーキの性能がデュアルカメラブレーキサポートに比べ若干劣る一方で、後方の誤発進を回避することが出来ます。

どちらも一長一短ですが、スマアシⅢは若干安いです。

性能的には大きな違いはありませんから、好みの車で選べば間違いないでしょう。

まとめ

軽自動車は街乗りをメインとして設計されていることもあり、カメラの歩行者認識は大きな訴求力になることうけあいでしょう!

平成30年からは保険料の減額もありますから、全ての車種にステレオカメラの自動ブレーキシステムは導入してほしいですね!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする