ダイハツの底力。かっこいいコンパクトSUVを出している件について

スポンサーリンク

実はダイハツは、日本では軽自動車メーカー同然ですが
インドネシア、マレーシアといった東南アジアでも頑張っている会社なのです。


以下引用

画像の「FT Concept 」はADMのラインナップで最上級モデルをイメージした本格FR-SUVだ。7人が充分に乗車できる広い室内と、ダイナミックで高品質な洗練されたデザインを表現している。
一見すると親会社のトヨタ「ハリアー」を思わせるデザインだが、なんと1.5Lのガソリンエンジンを搭載したFRということで、意外とコンパクトだ。
ボディサイズは全長4350mm × 全幅1750mm × 全高1690mmなので、BMW「2シリーズアクティブツアラー」をリフトUPしたぐらいの大きさだ。

ソース:オートブログ
画像はこちら。
001.jpg
ハリアーの「ぐわぁっ!!!!」という口を怒り口に変えているデザインみたいですね。
Cピラーが若干もさっとしておりますが、表情も適度に鋭く、見る限りデザインは相当良さそうです。
リア見てみないとわからないけど。
サイズはVEZELより若干長いですが幅は短く、基本的には日本でも十分に運用できるサイズ。
エンジンも1500ccですから日本にむちゃくちゃフィットしそうな車なのですが……。
なぜか7人乗り。笑
1500ccで7人乗りって……ターボなしで走れるの?
なんでこんなわけわからんもん作っとるんやと思って調べてみると
アニュアルレポートにありました。
以下引用

 インドネシア市場においては、MPV(Multi Purpose Vehicle)
がボリュームゾーンを占めていますが、低燃費・低価格なコンパク
トカー「アイラ」と、小口配送需要の高まりや個人事業主の増加によ
り、燃費・小回りの良さで支持されている商用車の「グランマックス」
が堅調な販売となりました。

ソース:ダイハツ アニュアルレポート
とあるように、インドネシアではMPVが大人気のようです。
インドネシアにおけるMPVのラインナップのテコ入れとして7人乗りのSUVを開発したのでしょうね。
5人乗りで出てくれれば欧州、日本のコンパクトSUV市場でもそこそこの影響力のある車になりそうなものですが……。
どうなるのでしょうか。