ダイハツ新型タント/タントカスタムへ2019年フルモデルチェンジ変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイハツ タント デザイン

ダイハツタント/タントカスタムの2019年に行われるフルモデルチェンジ情報です。

本記事では2019年に行われるダイハツ新型タント/タントカスタムのフルモデルチェンジに伴うデザイン、エンジン、価格、発売日といった変更点について記載します♪

なお、本記事ではダイハツ新型タント/タントカスタムについて以下の情報を速報でお伝えしています。

  • ダイハツ新型タント/タントカスタムのエクステリア(外装)デザイン
  • ダイハツ新型タント/タントカスタムの新しいインテリア(内装)デザイン
  • ダイハツ新型タント/タントカスタムの新型プラットフォーム
  • ダイハツ新型タント/タントカスタムの新型エンジン
  • ダイハツ新型タント/タントカスタムの新型スマートアシスト
  • ダイハツ新型タント/タントカスタムの予測されている発売日・発売時期
  • ダイハツ新型タント/タントカスタムの予測されている価格

記事の後半ではダイハツタント/タントカスタムの特徴や歴史について言及しておりますが、詳細に知りたい方はこちらをご覧ください。

それでは2019年にフルモデルチェンジが行われるとされているダイハツ新型タント/タントカスタムについて見てみましょう!

スポンサーリンク

ダイハツ新型タント/タントカスタムのフルモデルチェンジ情報

コンセプトカーがリリースされたほか、様々なリークが行われています。

1つずつ見てみましょう。

ダイハツ新型タントのコンセプトカーがリリース

ダイハツ新型タント コンセプトカー ダイハツ新型タント コンセプトカー

2017年東京モーターショーにてダイハツ新型タントのコンセプトカーがリリースされました。

DN U-Spaceコンセプトという名前であるものの、ダブルAピラーやセンターピラーレスといったダイハツタントのエッセンスが組み込まれています。

ここから、DN U-Spaceコンセプトはダイハツ新型タントではないかとされています。

ダイハツ新型タントカスタムの予想デザイン

ダイハツ新型タントカスタムの予想デザイン

カーセンサー様よりダイハツ新型タントカスタムの予想CGがリークされました。

ダイハツタント伝統のダブルAピラーやショートノーズを引き継ぎつつ、ライバルに負けない大型フロントグリルが搭載されています。

上記のDN U-Spaceコンセプトにも近いシルエットデザインですから、本予想デザインに近いデザインで発売されるかもしれません。

ダイハツ新型タント/タントカスタムは助手席スライドシート搭載

ダイハツ新型タントの予想画像

ダイハツ新型タント/タントカスタムではDU U-Spaceに搭載されていた、助手席のチップアップされ前方へとスライド出来る機能が搭載されます。

コンセプトと同じ助手席側センターピラーレスも実現すると考えられることから、猛烈な広さの開口サイズがありますね。

ライバルであるホンダN-BOXに対抗した素晴らしいコンセプトだと言えます。

ダイハツ新型タント/タントカスタムは新型スマートアシスト(スマアシ)が搭載

ダイハツ新型タント/タントカスタムに搭載されるスマートアシスト

ダイハツ新型タント/タントカスタムには現在未発表の最新型となるスマートアシスト(スマアシ)が搭載されます。おそらくスマアシⅣとなるでしょう。

現在ダイハツが搭載しているスマアシⅢはセンサーが少なく自動ブレーキの有効速度においてライバルであるホンダN-BOXやスズキスペーシアに遅れを取っています。

ちなみに現行型ダイハツタントに搭載されているスマアシⅢには以下の機能が搭載されています。

発売当初は高性能であったものの現在では若干遅れを取っている機能です。

  • 止まるをアシスト
  • 飛び出さないをアシスト
  • 気づくをアシスト
  • 夜道の運転をアシスト

ダイハツ新型タント/タントカスタムでは上記の機能に加え以下の機能が追加されるでしょう。

  • 渋滞対応型アダプティブクルーズコントロール(ACC)
  • 夜間歩行者、自転車認識
  • 車両後部衝突被害軽減ソナー
  • 車線逸脱防止警報
  • 標識認識機能

ダイハツ新型タント/タントカスタムはハイブリッドエンジン搭載

ダイハツ新型タント/タントカスタムのエンジン

ダイハツ新型タント/タントカスタムでは、以下のエンジンが搭載されます。

  • 直列3気筒660ccガソリンエンジン(新開発)
  • 直列3気筒660ccガソリンターボエンジン(新開発)
  • 直列3気筒660ccハイブリッドエンジン(新開発)

驚くことに、ダイハツ新型タント/タントカスタムに搭載されるエンジンはすべて新開発となります。

特に驚くべきポイントはハイブリッドエンジンが新設されることでしょう。

ダイハツ新型タント/タントカスタムに搭載されるハイブリッドエンジンはフルハイブリッドと呼ばれるEV走行可能なハイブリッドシステムです。プリウスレベルです。

スズキのマイルドハイブリッドに対する大きなアンチテーゼとなり、フルハイブリッドが搭載されるのは軽自動車史上初となります。

ダイハツ新型タント/タントカスタム燃費はスズキ新型スペーシアを大きく凌駕することとなりそうですね。

ダイハツ新型タント/タントカスタムは新型プラットフォーム採用

ダイハツ新型タント/タントカスタムのプラットフォーム

ダイハツ新型タント/タントカスタムでは、ダイハツ新型ミライースにも搭載されているDNGA”Daihatsu New Global Architecture”が搭載されるでしょう。

DNGAは良品廉価をキーワードに「低燃費」・「低価格」・「安全・安心」を追求したダイハツ最先端のプラットフォームです。

新型プラットフォームの採用によって走行性能・静粛性・燃費が大幅に向上し、軽自動車には軽視されがちな運転を楽しむことが出来ますよ!

また、シャシーにもテコ入れが行われておりボディ剛性が大幅にアップするでしょう。

ダイハツタントはセンターピラーレスとなっていますから、ボディ剛性が若干低めです。

補強されることで運転も楽しめるようなモデルとなりそうですね。

ダイハツ新型タント/タントカスタムの価格

ダイハツ新型タント/タントカスタムの価格について、信憑性のあるリークは現在のところ行われておりません。

しかしながらこれまでのモデルサイクルから考えると通常モデルのタントは価格はあまり上昇せず、ほぼ横ばいになると考えられるでしょう。

ただしタントカスタムはシーケンシャルウインカーの採用やインテリアの質感向上によって価格が上昇することが考えられます。

ダイハツ新型タント/タントカスタムの発売は延期か?

ダイハツ新型タント/タントカスタムの発売日について、信憑性のあるリークは現在のところ行われておりません。

具体的な発売日は現在のところ不明であるものの、一説によると2018年11月頃にフルモデルチェンジが計画されているという報道がありました。

しかしながらライバルのホンダN-BOXやスズキスペーシアに凌駕するため、敢えてフルモデルチェンジを遅らせて更なるアップデートが行われるのではないかと考えられています。

そのため現在の予想ではダイハツ新型タント/タントカスタムの発売時期が2019年上旬まで延期となったのではないかと予測されています。

具体的な発売日が判明次第、お伝えします。

スポンサーリンク

ダイハツ新型タント/タントカスタムのライバル

ダイハツ新型タント/タントカスタムは軽自動車における”ハイトールワゴン”と呼ばれる車種として位置づけがされています。

ライバルには2017年夏にフルモデルチェンジされたホンダ新型N-BOXがあります。

ホンダ新型N-BOXははフルモデルチェンジ後も根強い人気があり軽自動車試乗における王者と言えるでしょう。

もう一方、2017年冬にフルモデルチェンジとなったスズキ新型スペーシアも強力なライバルです。

こちらは室内空間を更に広げた他、簡易的とはいえ明らかに燃費が向上するハイブリッドも搭載しホンダN-BOXの牙城を崩そうと動いていますね。

また、2018年夏頃リリースとされているホンダ新型N-VANもライバルとなります。

こちらは商用車モデルとなるものの、ダイハツタントの最大の特徴の一つであるセンターピラーレスを採用し広義的にはバッティングする部分もあるでしょう。

これらそれぞれのライバルを表で比較すると以下のような違いがあります。

ホンダN-BOXスズキスペーシアホンダN-VANダイハツ新型タント
エンジン660cc自然吸気orターボ660cc自然吸気orターボ+マイルドハイブリッド660cc自然吸気orターボ660cc自然吸気orターボorハイブリッド
プラットフォーム2017年に開発2017年に開発2017年に開発2017年に開発されたDNGA
先進安全装備ホンダセンシングスズキセーフティサポートホンダセンシングスマアシⅣ?
差別化ポイントクラス最大の室内空間クラス最高の燃費助手席側センターピラーレス助手席側センターピラーレス、助手席チルトアップ

スポンサーリンク

ダイハツ新型タント/タントカスタムのフルモデルチェンジ情報まとめ

  • コンセプトカーがリリース
  • スマアシⅣが搭載
  • ハイブリッドエンジン搭載
  • 新型プラットフォームの全面採用
  • 2018年11月頃発売予定

ダイハツ新型タント/タントカスタムの変更点比較表

現行型ダイハツタントと2019年型ダイハツ新型タントを比較すると以下のような違いがあります。

大規模なフルモデルチェンジとなり、更なるダイハツ新型タントの魅力となりそうですね。

2018ダイハツタント2019ダイハツ新型タント
エンジン660cc自然吸気orターボ660cc自然吸気orターボorハイブリッド
プラットフォーム2010年に開発2017年に開発されたDNGA
先進安全装備スマアシⅢスマアシⅣ?
座席助手席をチルトアップ可能

出典

それでは最後のダイハツタント/タントカスタムの歴史や特徴について簡単に振り返ってみましょう。

ダイハツタント/タントカスタムの特徴

ダイハツ初代タント

ダイハツタントは2003年にデビューしたハイトワゴンです。

初代から現行モデルまで引き継がれている特徴として、ブラックアウトしているダブルAピラーのデザインがあります。

このブラックアウトしているダブルAピラーの特徴はダイハツタントを判断する最大の材料ですね。

初代モデル及び2代目モデルはスズキワゴンRが開拓したハイトワゴン形状であり、現在のハイルーフ・スライドドアを装備したスーパーハイトワゴンではありませんでした。

ニーズの変化や市場の動向を的確に判断し更なるユーザーを確保していますね。

現行型ダイハツタント/タントカスタムの特徴

ダイハツ タント デザインダイハツタントカスタム デザイン

3代目となる現行型ダイハツタントは2013年に発売されました。

2015年と2016年にマイナーチェンジが行われ、都度様々なアップデートが行われています。

もちろん歴代搭載されているブラックアウトしているダブルAピラーも搭載されています。

現行型ダイハツタントではノーマルモデルとカスタムモデルが搭載され、より広い顧客へとアプローチが行われています。

ノーマルモデルのダイハツタントでは可愛らしく老若男女問わない可愛らしいデザインに対し、
カスタムモデルではLEDヘッドライトや大型フロントグリルによって若者向けのデザインとなりました。

また、現行型ダイハツタントは初代・2代目から大きくコンセプトチェンジしています。

軽自動車において大きな人気を博したスライドドア・ハイルーフ・低床によって、使い勝手を大きく重視したスーパーハイトワゴンへとモデルチェンジされました。

まるで軽自動車のミニバンですね。

また、新しくスマートアシスト(スマアシ)が搭載されています。

スマアシはダイハツが開発した安全予防装置であり、以下の機能が搭載されています。

  • 自動ブレーキシステム
  • エマージェンシーストップシグナル
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報
  • 横滑り防止装置

安全装置からデザインまで、まさしくダイハツにおけるすべてを注ぎ込んだとも言えるダイハツタントですね。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする