ダイハツ新型ミライースに2019年マイナーチェンジ 変更点の最新情報

スポンサーリンク

ダイハツミライース

ダイハツ新型ミライースが2019年にマイナーチェンジが行われる計画がリークされました!

本記事では、ダイハツ新型ミライースのマイナーチェンジに伴うエンジン、価格、デザイン、発売日といった変更点についてご紹介します♪

また、マイナーチェンジに伴い長年のライバルであるスズキアルトシリーズに対抗するためMTを搭載したスポーツモデルもリリースされる情報もありますよ!

まずはダイハツミラの歴史や特徴について簡単に振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

ダイハツミラの特徴と歴史

初代ダイハツミラ

ダイハツミラはダイハツが開発・発売するエントリーモデルの小型軽自動車です。

現在は少なくなりつつあるもののかつては派生車種が多数出ていました。

現在の派生車種は女性をターゲットにしたダイハツミラココア、燃費を重視したダイハツミライース、現在は商用となりつつあるダイハツミラの3種類があります。ダイハツミラダイハツミライースダイハツミラココア

この中でも派生車種としてリリースされたダイハツミライースは、現在ではミラシリーズの中心とも言える存在となっており、ミラシリーズにおける最多販売台数を稼いでいます。

1990年台にはライバルであるスズキアルトと共に軽自動車の中心として強烈な競争をしていました。

現在はホンダN-BOXやダイハツタントといったハイトールワゴンに人気が集まりミラVSアルトの対決は一段落しています。

しかしながらこの時代に培った技術やノウハウは現在でも”小さい車づくり”としてダイハツに引き継がれていることでしょう。

日本の軽自動車市場をアルトと共に維持・拡大していたモデルであり、軽自動車市場における祖の一つであるといえますね。

次に現在ダイハツミラシリーズの基幹モデルとなっている、ダイハツミライースについて簡単に振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

ダイハツミライースの特徴・歴史

現行型ダイハツミライース

ミライースは2011年にデビューした、ミラをベースとして低価格・低燃費を追求したモデルです。

現行型ダイハツミライースは2017年に発売されました。

ライバルはコンセプトが完璧にバッティングしているスズキ・アルトです。軽自動車における小型ハッチバックの2大巨頭と言えるでしょう。

当時のエコカーはプリウスやアクアといった高額車種がメインでした。

そこでダイハツミライースはアンチテーゼとして低価格と低燃費を両立した軽自動車として販売し、あっという間にミラシリーズの基幹モデルへと成長しました。

新たなコンセプト・妥協しない新技術・魅了する低燃費と低価格によって、2012年販売台数ランキングで軽自動車部門において1位を獲得しています♪

ニューモデル速報 第455弾 ミライースのすべて[Kindle版]
三栄書房 三栄書房 2015-03-18
売り上げランキング : 128076

by ヨメレバ

ダイハツミライースのサイズ

全長3395mm、全幅1475mm、全高1500mm、車重が730~790kgです。

非常にコンパクトにまとまっており、車重も相当切り詰めています。

この車重とコンパクトさが低燃費と低価格につながっているのでしょうね。

ダイハツミライースのエンジン

ダイハツミライースのエンジン

ダイハツミライースのエンジンは直列3気筒660ccのみです。ハイブリッドやターボといった設定はありません。

エンジンをアシストするバッテリー類やターボはラインナップされておりませんが、極限に切り詰められている車重のおかげで街乗りなら全く不都合がないでしょう。

それでは次のページからダイハツ新型ミライースのリーク情報を見てみましょう。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする