ダイハツ、新型ムーヴへマイナーチェンジ!スマアシⅢ搭載しデザインが判明!

スポンサーリンク

ダイハツの軽自動車である、ムーヴのマイナーチェンジ情報です!

ダイハツは先日、スマアシ3をリリースしました。

同じ軽自動車のライバルであるスズキにこの点で負けておりました...

リリースしたものの、スマアシ3が搭載されたのはタントと新型ミライースのみで、ムーブの搭載には見送られていましたね。

ダイハツの基幹モデルである、ミライースのフルモデルチェンジの...

こちらはどうなるのでしょうか?

まずはムーヴについて確認してみましょう。

スポンサーリンク

ダイハツ・ムーヴってどんな特徴の車?

ダイハツ・ムーヴはダイハツにおける主力の軽自動車トールワゴンです。軽ハイトワゴンとも呼ばれることがあります。

トールワゴンの場合、スライドドアを装備せずヒンジドア(通常のドア)が装備されています。

スライドドアを非採用とすることで100kg以上軽量化し燃費が向上する上、価格も安く設定できます。

初代はミラベースとして、1995年に発売されました。

当時、軽トールワゴンを再開発、再定義に成功したワゴンRの人気が絶頂でダイハツは軽トールワゴンを持っていなかったため、ワゴンRに対抗する為大急ぎで開発されたようです。

大急ぎで開発されたものの完成度やポテンシャルは非常に高く、進化を重ねるごとに更に完成度を熟成させ現在ではダイハツの屋台骨の一つまで成長しました。

また、歴代人気が高く通常のムーヴ、スポーディなデザインを採用しているムーヴカスタムの2種類があります。

現行モデルの6代目ムーヴの特徴は?

現在のムーヴは2014年にフルモデルチェンジが行われ、6代目となりました。

これまでのムーブに比べて大きな違いとして、足回りや骨格、サスペンション、高剛性のシャシー採用によって軽量化しつつ運転が楽しめるモデルになっています。

更に吸音材の見直しやボディ構造の変更、サスペンションの変更によって静粛性、風切音、ノイズキャンセリングも向上し、質感や快適性が大幅に向上しています。

また、当時最先端であったスマアシⅡが搭載されています。

現在ではスマアシⅢがリリースされ型落ちとなっているものの、基本的な性能は非常に高く事故を防ぐという点においてないクルマと比べると圧倒的な差があります。

安全にも気を配っている、ダイハツらしい機能ですね。

インテリアでは、オシャレで合理的なデザインとなっています。

大きなナビ画面が先進的なデザインです。

軽トールワゴン特有の圧倒的な広々空間も捨て置けません。リアは前後にスライドさせることが出来る上、リクライニングも可能となっています。

このクラスの後部座席の広さは普通車では再現できないレベルですね。

6代目ムーブのエンジンは?

軽自動車なので、自然吸気エンジンの660ccとインタークーラーターボの660ccの2種類があります。

前期型に比べエンジンの最適化が行われており、燃費が向上しトルクも若干ながら向上しているポイントも見逃せませんね。

自然吸気エンジンで31.0km/L、ターボエンジンで27.4km/Lと非常に素晴らしい数値を叩き出しています。

それでは、ムーヴのマイナーチェンジ情報をごらんください。

スポンサーリンク

新型ムーヴのマイナーチェンジ情報

ムーブのモデルチェンジサイクルは5年程で、現在のモデルは2014年にデビューしています。

現在の6代目ムーブへとフルモデルチェンジしてから3年経過していることもあり、大規模なマイナーチェンジが実施されるようです!

それではマイナーチェンジ情報を見てみましょう!

スマートアシスト3を採用!

ついに念願のスマアシ3が搭載されます!

スマアシ3の搭載によって、これまでシングルカメラセンサーだったものがデュアルカメラセンサーとなり、目の前の障害物や人を正確に把握することができるようになります!

スマアシ3はスマアシ2に比べてより多くの機能が搭載され、より早い速度でも作動可能となります!

詳しくはこちらをご覧ください。

同じ軽自動車のライバルであるスズキにこの点で負けておりました...

デザイン変更へ!

ムーブ、ムーブカスタム両方共、デザインが大幅に変更されます。

カタログからデザインが判明しています!

カタログがリーク!

カタログがリークされ、デザインが判明しました!

ノーマルは横基調のメッキグリルとなりましたね!

カスタムは横基調のフロントグリルから大きなアンダーグリルのデザインへと変更されています。

ホイールもとてもかっこいいデザインですね!

価格は?

価格はほぼ横ばいとなる予定ですが、一部上級グレードは値下げとなります。

最近では質感を上げるという名目のもと値上げ、新しい技術を搭載したという名目のもと値上げが多い傾向にありましたから、主力車種であるムーブの値下げは素晴らしい配慮ですね!

発売日は?

現在発売日は未定であるものの、発表日は2017年8月1日を予定しているとのことです。

恐らく発表と同時に発売開始となるので、8月1日を待ちましょう!

輸送中のカスタムがリーク!

輸送中のムーヴカスタムがリークされました!

並べてみるとマイナーチェンジ型ムーヴカスタムとダイハツトールのデザインはシンパシーがあります。

ダイハツの共通デザインとなるのでしょうか?

スポンサーリンク

現在判明しているマイナーチェンジ情報は?

現在、新型ムーブのマイナーチェンジについてこのような情報が判明しています。

スマートアシスト3が搭載

エクステリアデザインにおいて、カスタムは大幅に変更

価格はほぼ横ばい、一部グレードにおいて値下げ

発売日は8月1日予定

そしてリーク通り、8月1日に発表となりました!

マイナーチェンジが発表!

ダイハツニュースリリースより、

ダイハツ 軽乗用車「ムーヴ」、 軽福祉車両「ムーヴ フロントシートリフト」をマイナーチェンジ~スマートアシストⅢ採用などで安全・安心性能を向上し、内外装も刷新~

ダイハツ工業(株)は、軽乗用車「ムーヴ」、軽福祉車両「ムーヴ フロントシートリフト」をマイナーチェンジし、8月1日(火)から全国一斉に発売する。

今回のマイナーチェンジでは、歩行者にも緊急ブレーキ対応する「スマートアシストⅢ」を搭載※2。また、4箇所のカメラにより、車両の前後左右を映すことで、上から見下ろしたような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を採用※3し、安全・安心性能を向上させながら、『ムーヴ』を中心に価格を見直し、さらにお求めやすい設定とした。

また、『ムーヴ』『ムーヴ カスタム』ともに内外装を刷新。『ムーヴ』ではメッキフロントグリルの採用などにより、シンプルで上質なエクステリアを実現。『ムーヴ カスタム』では新開発の多灯薄型LEDヘッドランプや、クリアタイプのインナーレンズを採用したリヤコンビネーションランプなどによる、先進的で上質感あるエクステリア、新意匠のインパネガーニッシュなどによる上質感あるインテリアとした。

リーク通り、スマアシ3搭載となりました。

更に新しくパノラマモニターも採用されており、駐車も非常に容易となりそうですね!

画像

画像はこちら。

カスタムではLEDライトが様々な箇所に設置されており、先進的な印象を与えます。

リークされたカタログでは分かりにくかったのですが、ヘッドライトは2連型となっているようです。現在人気のヘッドライトデザインですね!

インテリアは、非常にスポーディかつ上質です。

軽自動車でもトップレベルのインテリアデザインとなりましたね。

価格

価格はこちら。

リーク通り、若干の値下げとなっています。

軽自動車にかぎらず大抵の車が値上げ一辺倒でしたから、素晴らしい配慮ですね!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする