VW新型ゴルフへフルモデルチェンジ!ゴルフ8no発売時期や価格は?

スポンサーリンク

フォルクスワーゲンのCセグメントハッチバック、ゴルフのフルモデルチェンジ情報です!

ゴルフは非常に高い知名度だけでなく、派生車種によって世界中のCセグメント市場を席巻しています。

また、あらゆる面での完成度が高いことから高級車ブランドから廉価ブランドまで全てのメーカーがベンチマーク(目標)としているモデルでもあります。

そんなゴルフですが、先日大規模なマイナーチェンジということもあり、現行モデルのサイクルは長くなるのでは?という報道がある一方で、早くも8代目のリーク情報がなされています。

まずはゴルフについて振り返ってみましょう!

スポンサーリンク

ゴルフってどんな車?

ゴルフは1974年にデビューした、フォルクスワーゲングループにおける中核中の中核モデルです。

当初は3ドアモデルでしたが、徐々にサイズが拡大し5ドア車にチェンジします。

初代ゴルフには横置き前輪駆動エンジンによるサイズのコンパクト化に成功し、コンパクトでありながら広い室内空間の両立に成功し、大きな人気を博しました。

この仕組は現在でも引き継がれています。

日本での人気も非常に高く、2015年まで外国車メーカー販売台数ランキングNo1の車種でした。

2016年ではMINIに王座を奪還されましたが、国内向けにもマイナーチェンジが実施されれば2017年には再びNo1になるポテンシャルとブランドは間違いなく保持しているでしょう。

もちろんフォルクスワーゲングループ全体の中でも稼ぎ頭であり、フォルクスワーゲンにおける大黒柱とも言えるような存在です。

だからこそフォルクスワーゲンとして、ゴルフ全力を出したフルモデルチェンジを行うでしょう。

スポンサーリンク

現行モデルは?

2017-vwgolf-02

現行モデルは2012年にデビューし、2016年にビッグマイナーチェンジが行われています。

このマイナーチェンジは、国内でも販売が開始されていますよ!

新しいエンジン、そして新たなテクノロジーとともについにデビューです!

現行モデルのゴルフは、6代目ゴルフに比べて新しいプラットフォームの採用によってサイズを拡大化しつつも100kg近い軽量化に成功しています。また、ホイールベースの延長によって後部座席の快適性も大幅に改善されています。

ただし全高は小さくなっているため、トレンドデザインである「ワイド&ロー」と呼ばれる、スポーディなデザインへと進化しています。

2017年時点では、大きく分けて5つのモデルが販売されています。

スタンダードなゴルフ、

実用性を追求し、トランク部分を伸ばしてステーションワゴンに味付けされたゴルフヴァリアント、

ゴルフヴァリアントをSUV風に味付けした、ゴルフオールトラック、

スポーディモデルであるゴルフGTI、

最速モデルである、ゴルフRの5種類です。

フォルクスワーゲンで最も派生車種の多い車となっています。

サイズは?

全長/全幅/全高でみると、4255mm/1799mm/1452mmとなります。

昔はCセグメント車といえば5ナンバーの時代もありましたが、現在は少しずつ拡大しているため平均的なCセグメント車であるといえます。

全高が1550mm以下ですから、日本の立体駐車場にも入ることが出来るのも見逃せないポイントですね!

搭載エンジンは?

搭載エンジンは1.2Lターボエンジン、1.4Lターボエンジン、2.0Lターボエンジン、1.6Lディーゼルターボエンジン、2.0Lディーゼルターボエンジンの4種類です。

全てダウンサイジングターボエンジンとなっており、排気量に対し強烈にハイパワーなエンジンを搭載されています。

ちなみに国内ではディーゼルエンジンがリリースされていません。

それでは、次期型ゴルフであるゴルフ8のリーク情報を見てみましょう。

スポンサーリンク

現在判明している新型ゴルフ8の情報は?

その人気の高さ・知名度の高さから、様々な人が注目しています。

情報を一つずつ見てみましょう!

前倒しの噂が?

まだ記憶に新しい、ディーゼルエンジンの排ガススキャンダルがありましたね。

あの問題によって、ゴルフのフルモデルチェンジが前倒しとなった噂が出回りました。

真偽は不明であるものの、フルモデルチェンジの際に搭載されるリークがなされていた様々な先進技術は全てマイナーチェンジで実施されましたね。

新しいエンジン、そして新たなテクノロジーとともについにデビューです!

今なおゴルフ8が前倒しになるかは不明であるものの、先進技術は出し切っている以上、更に新しい先進技術が要求されることとなるでしょう。

デザインはアルテオン似?パサート似?

ゴルフ8のレンダリングCGがリークされています。

vw-golf-8-0

こちらはパサートやティグアンの直線的なグリルをゴルフに落とし込んだものですね。

ゴルフは老若男女誰でも乗れるデザインであることがウリの一つですから、ちょっと威圧的すぎるデザインかもしれませんね。

2017年3月ジュネーブモーターショーにて、フォルクスワーゲンの新たなフラッグシップモデルとしてCCと代替されたアルテオンがリリースされました。

こちらのアルテオンは新しいフォルクスワーゲンのグリルデザインとして設計されていることもあり、アルテオンに似せたゴルフ8のデザインも作成されています。

どちらにせよ、威圧感の強いデザインとなるのかもしれませんね。

2019年にリリースか?

海外の様々なリークサイトから、2019年フランクフルトモーターショーにて発表、2020年にかけて世界的に販売されるという情報があります!

モデルサイクルとしては7~8年でフルモデルチェンジとなりますから、非常に近しいタイミングであると考えられます。

新型プラットフォームが採用!

新型ゴルフには、現在のプラットフォーム”MQB”を進化させた軽量化させたモジュラー型プラットフォームの”MQB evo”が採用されるようです!

MQB evoの採用によってサイズが若干拡大し、100kg程度の減量が見込めますよ!

また、ホイールベースが延長し後部座席の快適性と居住性、トランク容量、直進安定性が改善されます。

マイルドハイブリッド搭載か?

1.2Lガソリンエンジン、1.4Lガソリンエンジン、新規開発の1.5Lディーゼルエンジンが搭載されるのに加え、マイルドハイブリッドエンジンも搭載されるリークがされています!

マイルドハイブリッド搭載によって燃費が若干改善し、アシストパワーもありトルクフルな運転が楽しめますよ!

現在判明している情報は?

現在、以下の情報が判明しています。

新しいプラットフォームである、MQB Evoが搭載
最大70kg前後軽量化
サイズアップしホイールベースが延長

マイルドハイブリッドエンジンが追加
発表時期は2019年、発売時期は2020年
フロントマスクはアルテオンとポロを混ぜたようなデザイン

情報が入り次第、追記します。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?