アウディ、新しいフラッグシップSUVのQ8をデトロイトモーターショーにデビュー!

スポンサーリンク

世界5台モーターショーの一つ、デトロイトモーターショーも間近です。

以前、Q7をベースとしたテストカーがあったという記事を上げました。

こちらのQ7のテストカーのときは本当にQ8がリリースされるのか?と思っておりましたが、実際にリリースされる運びとなりました。

更に時期もドンピシャです。流石ですね。

SUVブームですから、SUVをどんどん拡充していますね。 ...

それでは詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

概要

car scoopより、

アウディのフラッグシップSUV!これはQ8のコンセプトカーとなるのか?

デトロイトモーターショーの3週間前でありながら、アウディは新しいSUVのコンセプトをリリースしました。

この新しいコンセプトカーは新しいデザイナーであるLichte氏における初めてのプロジェクトとなります。こちらはSUVとスポーツクーペのクロスオーバーとしてデザイニングされており、ブランドのフラッグシップであるA8と並ぶこととなるでしょう。

また、Lichte氏は新しい示唆を行いました。それはAudiのデザイン言語が長年にわたって幾分古くなってきたことを暗黙のうちに認め、ブランドの製品間でより多くの差別化が必要であることを暗示しました。

「一部の顧客の視点からは、必要な差別化に欠けていました。これは将来変更することになるでしょう。新しいアウディモデルはすべて、独自のキャラクターを持ち、正式な言語(外装とインテリアの両方)で表現します。

どうやらアウディのデザイナーが変わったようです。それにともなってほぼ共通のデザインとなっていましたが、それぞれ差別化される方向に進むようです。

アウディは他のメーカーに比べそれぞれのデザインがかなり似ているので、これからじっくりとデザインが変わるのは楽しみですね!

スポンサーリンク

画像

画像はこちらです。

q8-e-tron_2 q8-e-tron_1

q8-e-tron_3

見るからにグリルが大幅に大きくなっていますね!

また、これまでの六角形のシングルフレームグリルから少し変形しており八角形となっていますね!

また、SUVらしくグリルのメッキ部分も図太く、凹凸が大きく設定されているようです。

後ろにあるA8のコンセプトカーと思われる車と比べると全く違うデザインへと差別化されていますね!

スポンサーリンク

遂にデトロイトモーターショーにてデビュー!

先程遂にデビューしました。Q8 conceptという名前でリリースされています。

Q7の上位としてリリースされるようですから、A8と一緒により上位のフラッグシップモデルとなるのでしょう。

概要

auto guideより、

アウディ、Q8をデトロイトモーターショーにてデビュー。

Audi Q8のコンセプトは、アウディのSUVラインナップの最上位となる新しいフルサイズとしてデビューしました。 アウディQ8は、クーペSUVで、2018年には生産モデルとしてデビューする予定です。強いスタンス、窓枠、大型グリル、未来型のヘッドライト、シャープなデザインで、Q8のコンセプトは印象的な存在であり、傾斜されたルーフでも、後部座席の広さは保証すると宣言しています。

Q8にはアウディブランドのPHEVである、e-TRONが搭載されています。パワートレーンは、3.0リッターV6が搭載され、バッテリーは17.9 kWhの容量を持ち、37マイル(60 km)の電気駆動範囲を可能にします。バッテリー部分とガソリン部分の合計走行可能距離は621マイル(1,000km)と言われています。

もちろん、アウディQ8にはARヘッドアップディスプレイが付いたバーチャルコックピットが搭載されます。ダッシュボードにはボタンではタッチパネル式インフォテイメントシステムが導入されているため、非常にスッキリした見た目となることでしょう。

デビューは2018年後期だと考えられます。

スポンサーリンク

画像

画像はこちら。

エクステリア

audi-q8-concept-1

Static photo Colour: Bombay blue

Static photo Colour: Bombay blue

Detail

一度見たら忘れないような強烈なデザインです。

コンセプトカーですから、製品版に落とし込むまでにある程度現実的なデザインへと変更されることとなるでしょう。

とはいえアウディのデザインを差別化する上、フラッグシップモデルとのことですから、これぐらい大きなグリルを搭載してもおかしくありません。

インテリア

Cockpit

コクピットデザインの近未来感がすごいですね。

たしかにカーナビ周りと、拡張されているシフトレバー上部のディスプレイに一切ボタンがありません。

すっきりしているデザインですね。

Detail

アームレスト付近にあるタッチパネル式のディスプレイです。

こちらは温度調整のディスプレイなのでしょうか?

現在のところ、インテリアデザインは公開されているもののコンセプトカーのエクステリアデザインにはドアノブが無いためどうなっているのか不明です。

実用的な車となるときにはリデザインされるのでしょうね。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする