来年リリースの新型A8は、アウディ初の自動運転技術が搭載されるようです

スポンサーリンク

新しい技術はフラグシップに搭載する定石です。
他社に比べ圧倒的に搭載スピードが遅いアウディ。一体どこまでの技術が搭載されるのでしょうか。

アウディ A8 次期型、2017年発表へ…自動運転技術搭載
ドイツの高級車メーカー、アウディの最上級サルーン、『A8』。同車が2017年、欧州でモデルチェンジを受けることが確定した。
これは5月12日、アウディがドイツで開催した年次株主総会において、明らかにしたもの。同社のルパート・シュタートラーCEOは、「2017年、新型A8を初公開する予定」と発表している。
現行A8は、2009年12月にデビュー。初代A8から15年間に渡って脈々と受け継がれるオールアルミボディ構造の「ASF」(アウディ・スペース・フレーム)を採用。現行型では高張力アルミを導入するなどさらに進化し、一般的なスチールボディ車と比較して、約40%もの軽量化を実現した。
2013年末には、大幅改良モデルを発表。現行型のデビューからちょうど4年を経て、内外装を中心に、初の大がかりな改良が施された。
今回アウディは、新型A8の2017年のデビューを確約。アウディは、「自動運転技術を搭載したアウディブランド初の量産車になる」と説明している。

ソース:レスポンス
どうやら新型A8は来年デビューのようです。2017年ですね。
実はライバルであるメルセデスは、先日FMCしたEクラスでは
1.スマホがスマートキーになる
2.高速道路での自動運転(レーンキープ、車線変更)
3.遠隔で車庫へと入庫

と、素晴らしい機能が盛り沢山です。もちろん自動ブレーキもあり。
デトロイトモーターショーにて新型Eクラスがワールドプレミアしたようですが、苦しんでいる様子ですね。
自動運転技術においては、他社の遅れを取っているアウディ。
遂にフラグシップのFMCを目前としております。
ベンツEクラスにどこまで追いつけるのか、またはどこまで追い越せるのか、楽しみですね。