Audiの大黒柱の一つ、A3。マイナーチェンジに伴いフェイスリフトしたようですね

スポンサーリンク

北京モーターショーやNYモーターショーにあわせると思ってばかり。
変なタイミングでリリースしましたね。

アウディ A3 改良新型、欧州で発表…表情変化
ドイツの高級車メーカー、アウディは4月6日、改良新型『A3』と『A3スポーツバック』を欧州で発表した。
A3は、アウディの主力コンパクトカー。2012年春、ジュネーブモーターショー12で初公開された。今回、3ドアのA3と5ドアのA3スポーツバックが、デビュー4年を経て、初の大幅改良を受けた。
外観は、フロントを中心にフェイスリフト。六角形が強調された新グリルをはじめ、ヘッドライト、バンパーが新デザインとなり、表情が変化した。アウディが力を入れるヘッドライトについては、キセノンプラスが標準。オプションで、セグメント初の「マトリクスLED」が用意される。リアは、テールランプやバンパーが新しい。
室内は従来デザインを、ほぼ踏襲。ただし、ステアリングホイールが3本スポークの新デザインとなり、MMI(マルチ・メディア・インターフェイス)も最新版にアップデート。新型『TT』から導入が開始された「アウディ・バーチャル・コクピット」が、オプションで選択できる。
欧州仕様のエンジンは、ガソリン3、ディーゼル3の合計6ユニット。中でもガソリンには、A3としては初めて、3気筒の1.0「TFSI」を設定。直噴1.0リットル直列3気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力115hp、最大トルク20.4kgmを発生する。アウディは、「この入門ガソリンエンジンは燃費に優れ、運転する楽しさも一切犠牲にしていない」と説明している。

ソース:レスポンス

画像はこちら。
1038542.jpg
ニコォ……
1038543.jpg
なかなか大きなマイナーチェンジですね。
ビッグマイナーチェンジといっても過言ではないでしょう。
見た目はA4と全く変わらなかったのが、大きな差異が生まれるようになりました。
マトリクスLED、アウディ・バーチャル・コクピットもオプションで実装等
A4のフルモデルチェンジに遜色ないアップデートです。
また、エンジン部分ではA1と共通エンジンである1.0リッターターボエンジンも実装。
……現行の車重、1.4tぐらいあるけど走るのかな。笑
内装はこちらです。
1038544.jpg
こりゃええデザインですわ
メーター部分がアウディ・バーチャル・コクピットでしょうね。
動いているところを見てみたい……!!!
価格はいくらなのか?いつから発売なのか?セダンにはいつ適用されるのか?
国内にはいつ発表されるのか?
詳細はまだまだこれからです。どうなるのでしょうか。