VW新型ポロへフルモデルチェンジ!エンジン・デザイン・価格が判明!

スポンサーリンク

6代目となるVW新型ポロの情報は?

欧州にて6台目VW新型ポロの情報が発表されました!

VW新型ポロの画像

新型ポロR 新型ポロR

新型ポロR

(ポロR)

新型ポロGTI

(ポロGTI)

新型ポロ

新型ポロ

(ポロ)

スポーディなポロR、アグレッシブなポロGTI、オシャレなポロでしっかりと差別化されています。

すべてのポロがよりギラギラとしたメッキや威圧感のあるヘッドライトに変わるのではないか?という報道がありましたが、現在のキープコンセプトで開発されていますね。

新型ポロインテリア

インテリアもオシャレで非常に上質ですね!

コクピットは非常にハイテクで、電子的なメーターとなるようですね。

VW新型ポロのエンジン

新型ポロエンジン

新型ポロのハイライン、コンフォートライン、トレンドラインには、3気筒1.0Lターボエンジンが搭載されます。

現行モデルは1.2Lでしたから、200cc分ダウンサイジングとなります。

馬力は65~75PSです。

一方でGTIは1.8Lターボエンジンには、ゴルフに搭載された1.5Lターボエンジンが搭載されるようです。

ダウンサイジングとなるものの、どちらも日本にピッタリの排気量となりそうですね。

尚、現在のところディーゼルエンジンモデルはラインナップされていないようです。

VW新型ポロのインフォテイメントシステムはジェスチャー対応

また、ゴルフに搭載されたジェスチャーコントロールが可能なインフォテイメントシステムが搭載されるようです!

こちらの機能は、手振りやミラーリングといった機能を使ってカーナビ画面へと反映させるものです。

新型ポロインテリア

新型ポロインテリア

VW新型ポロはオールインセーフティ搭載

新型ポロには新型ゴルフ以降搭載されている、オールインセーフティが搭載されています!

オールインセーフティには自動駐車システムや、

新型ポロインテリア

ACCが搭載、

新型ポロ ACC

人を検知可能な自動ブレーキシステムが導入されています。

新型ポロ 自動ブレーキ

VW新型ポロはプラットフォームが変更

新型ポロプラットフォームA0

VW新型ポロには、VWグループで採用されている新型プラットフォームのMQB A0が搭載されます。

新型プラットフォームであるMQB A0では、居住性や実用性と運転性能を両立したプラットフォームという特徴があります。

VW新型ポロは新型プラットフォームの採用に伴い、長さが4,053 mm(+81 mm)、幅が1,751 mm(+69 mm)、高さが1,446 mm(-97 mm)と延長しています。

VWポロで初めて3ナンバー化するモデルとなりますね。

VW新型ポロの価格

新型ポロ価格

VW新型ポロの価格が一部判明しました。

ドイツでは以下の価格となります。

トレンドライン 12,975€(167万円)
コンフォートライン 15,150€(195万円)
ハイライン 18,000€(232万円)

日本向けではLEDヘッドライトや歩行者検知安全装備が搭載され+50万程度となるのではないかと考えられます。

VW新型ポロの国内発売日・発売時期

VW新型ポロの国内における具体的な発売日は判明しておりません。

しかしながら発売時期は発表されており、2018年3月中旬と発表されています。

スポンサーリンク

VW新型ポロのフルモデルチェンジ情報まとめ

  • インテリア・エクステリアデザインが変更
  • ジェスチャーコントロール対応
  • プラットフォーム変更
  • サイズ拡大
  • 予防安全装置の追加
  • 価格の上昇
  • ダウンサイジングエンジン搭載

出展:フォルクスワーゲン製品ページ

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする