VW新型ポロへフルモデルチェンジ!エンジン・デザイン・価格が判明!

スポンサーリンク

VWポロの特徴

ポロはフォルクスワーゲンの中で最も小さい小型車であり、日本におけるフォルクスワーゲンの中核モデルです。

特に女性からの支持が厚く、オシャレで可愛いデザインであるのが特徴です。

また、欧州車でありながら比較的安めであることも訴求力となることでしょう。

旧型ポロ

初代は1975年にリリースされており、デザイン性に特化したビートルとは異なり実用的かつコンパクトな車として開発されました。

モデルによってはハッチバックだけでなくセダン型のポロも存在したようです。

フルモデルチェンジのサイクルは6年~14年と、非常に長く乗られてきたモデルもあったようです。

現行モデルのVWポロの特徴

現行のポロは5代目であり、2009年にデビューしています。

来年後半にフルモデルチェンジをするとなれば、5代目のモデルは約8年となります。Bセグメント車の中では比較的長いモデルです。

2017年時点では、3種類のモデルが販売されています。

現行型ポロ

トレンドラインと呼ばれる、一番人気のあるモデル、

現行型クロスポロ

クロスオーバーSUV風に味付けされているクロスポロ、

現行型ポロGTI

スポーディなポロGTIの3種類です。

VWポロのサイズは以下のとおりです。

3,995
1,685
1,460

国内で小型車を運転している人や、軽自動車からステップアップする人にとってはちょうど良いサイズですね!

全長は4m未満、全幅も1.7m未満ですから5ナンバーで国産コンパクトカーと同等のサイズですね。

エンジンはトレンドライン/クロスポロではCJZ1200ccターボと力強い走りも兼ね揃えたモデルです。

このサイズですと、平均的なエンジンは1200ccノンターボですからオシャレなデザインにも関わらず非常にパワフルです。

また、スポーツモデルであるポロGTIは1400ccターボエンジンです。スポーツモデルにふさわしいパワーですよ!

それでは、リークされている情報を見てみましょう。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする