VW新型ポロへフルモデルチェンジ!エンジン・デザイン・価格が判明!

スポンサーリンク

新型ポロのフルモデルチェンジ情報です!

フォルクスワーゲンは、排気ガススキャンダル以降精力的にマイナーチェンジを行っています。

例えば先日、心臓とも言えるゴルフのマイナーチェンジを行いましたね。

さすがゴルフというアップデート内容でした。

新しいエンジン、そして新たなテクノロジーとともについにデビュ...

フォルクスワーゲンは国内にも注力しています。

国内向けには後回しにされていたティグアンもリリースされました。

このタイミングで投入ということは、新型CX-5、新型CR-V...

そんなフォルクスワーゲンですが、エントリーモデルであるポロのフルモデルチェンジの情報が入ってきました。

スポンサーリンク

ポロってどういう特徴の車なの?

ポロはフォルクスワーゲンの中で最も小さい小型車であり、日本におけるフォルクスワーゲンの中核モデルです。

特に女性からの支持が厚く、オシャレで可愛いデザインであるのが特徴です。

また、欧州車でありながら比較的安めであることも訴求力となることでしょう。

旧型ポロ

初代は1975年にリリースされており、デザイン性に特化したビートルとは異なり実用的かつコンパクトな車として開発されました。

モデルによってはハッチバックだけでなくセダン型のポロも存在したようです。

フルモデルチェンジのサイクルは6年~14年と、非常に長く乗られてきたモデルもあったようです。

現行モデルのVWポロは?

現行のポロは5代目であり、2009年にデビューしています。

来年後半にフルモデルチェンジをするとなれば、5代目のモデルは約8年となります。Bセグメント車の中では比較的長いモデルです。

2017年時点では、3種類のモデルが販売されています。

現行型ポロ

トレンドラインと呼ばれる、一番人気のあるモデル、

現行型クロスポロ

クロスオーバーSUV風に味付けされているクロスポロ、

現行型ポロGTI

スポーディなポロGTIの3種類です。

サイズは

3,995
1,685
1,460

となります。国内で小型車を運転している人や、軽自動車からステップアップする人にとってはちょうど良いサイズですね!

全長は4m未満、全幅も1.7m未満ですから5ナンバーで国産コンパクトカーと同等のサイズです。

エンジンはトレンドライン/クロスポロではCJZ1200ccターボと力強い走りも兼ね揃えたモデルです。

このサイズですと、平均的なエンジンは1200ccノンターボですからオシャレなデザインにも関わらず非常にパワフルです。

また、スポーツモデルであるポロGTIは1400ccターボエンジンです。スポーツモデルにふさわしいパワーですよ!

それでは、リークされている情報を見てみましょう。

スポンサーリンク

6代目となるVW新型ポロの情報は?

様々な情報がリークされています!

まずは公式発表から見ましょう!

VW新型ポロの画像

新型ポロR 新型ポロR

新型ポロR

(ポロR)

新型ポロGTI

(ポロGTI)

新型ポロ

新型ポロ

(ポロ)

スポーディなポロR、アグレッシブなポロGTI、オシャレなポロでしっかりと差別化されています。

すべてのポロがよりギラギラとしたメッキや威圧感のあるヘッドライトに変わるのではないか?という報道がありましたが、現在のキープコンセプトで開発されていますね。

新型ポロインテリア

インテリアもオシャレで非常に上質ですね!

コクピットは非常にハイテクで、電子的なメーターとなるようですね。

動画もリリースされています!

VW新型ポロのエンジンは?

新型ポロエンジン

新型ポロのハイライン、コンフォートライン、トレンドラインには、3気筒1.0Lターボエンジンが搭載されます。

現行モデルは1.2Lでしたから、200cc分ダウンサイジングとなります。

馬力は65~75PSです。

一方でGTIは1.8Lターボエンジンには、ゴルフに搭載された1.5Lターボエンジンが搭載されるようです。

ダウンサイジングとなるものの、どちらも日本にピッタリの排気量となりそうですね。

尚、現在のところディーゼルエンジンモデルはラインナップされていないようです。

VW新型ポロはインフォテイメントシステムも一新!

また、ゴルフに搭載されたジェスチャーコントロールが可能なインフォテイメントシステムが搭載されるようです!

こちらの機能は、手振りやミラーリングといった機能を使ってカーナビ画面へと反映させるものです。

新型ポロインテリア

新型ポロインテリア

VW新型ポロはオールインセーフティも搭載!

新型ポロには新型ゴルフ以降搭載されている、オールインセーフティが搭載されています!

オールインセーフティには自動駐車システムや、

新型ポロインテリア

ACCが搭載、

新型ポロ ACC

人を検知可能な自動ブレーキシステムが導入されています。

新型ポロ 自動ブレーキ

VW新型ポロはプラットフォームが変更!

新型ポロプラットフォームA0

新採用のMQB A0が搭載されます!

新しいプラットフォームの採用に伴い、長さが4,053 mm(+81 mm)、幅が1,751 mm(+69 mm)、高さが1,446 mm(-97 mm)と延長しています。

他Bセグメント車同様に荷室やトランクルームを拡大し、利便性を追求しつつ、直線安定性を高めるプラットフォームとなるようです。

新型ポロは長さ4mを超えて、幅は3ナンバーとなるようですね。

VW新型ポロの価格が判明!

新型ポロ価格

ちょっと見えにくいかもしれませんが……。価格が判明しました!

ドイツでは

トレンドライン12,975€(167万円)
コンフォートライン15,150€(195万円)
ハイライン18,000€(232万円)

となります!

日本向けではLEDヘッドライトや歩行者検知安全装備が搭載され+50万程度となるのではないかと考えられます。

詳細は追って追記します。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする