VW、ゴルフのマイナーチェンジのまとめ!最新技術を一挙に搭載!!

スポンサーリンク

新しいエンジン、そして新たなテクノロジーとともについにデビューです!

何度か記事にしておりました、ゴルフのビッグマイナーチェンジのリーク。

最初はこの記事でした。

VW、ゴルフを初のビッグマイナーチェンジへ!次期型はどうなる?
定期的に新型に移行する噂が出ていますが、なんやかんや移行しませんね。

そして先程直前リークがありましたね。

最初のリーク記事を色付けし、より高画質にした写真がリークされました。

フォルクスワーゲン、ゴルフ7後期型がリーク!ゴルフGTが復活か!?
効果間近となっているゴルフ7の後期型ですが、エクステリアデザインがリークされました。

リーク画像は本物で、リークされていた情報もほぼ正しかったようです。

ただし、残念ながらGTの復活はなかったようですね……。

画像

全種類公開!

2017-vwgolf-01

全4種類です。

リークされていたゴールドがゴルフR、全長が長いのがヴァリアント、フォグ周りがLEDがゴルフGTE、そして3ドアの赤色がゴルフGTIです。

ゴルフオールトラックはなくなりましたね……。

新色であるゴールドをメインカラーに据え置くようです。

エクステリア

ゴルフR

2017-vwgolf-02 2017-vwgolf-07 2017-vwgolf-22 2017-vwgolf-24 2017-vwgolf-26

新形状のLEDヘッドライト、テールライトがとてもかっこいいですね。

ハニカムグリルもよく似合っております。

表情を変えておりますが、これまで通り誰が乗ってもオシャレな車です。

ゴルフGTE

2017-vwgolf-11 2017-vwgolf-12 2017-vwgolf-14

日本では最近発売されたばかりのゴルフGTE。

フロントグリルのラインは青色です。また、見にくいですがGTEバッジもあります。

フォグ周りにもLEDでデザインされていますね。

最もスマートなフロントフェイスとなっています。

ゴルフGTI

2017-vwgolf-19 2017-vwgolf-18

GTIもこれまで通り、フロントグリルは赤色で装飾されています。

他のホットハッチに比べ、アグレッシブな雰囲気はあまりありませんね。

しかしゴルフの中では明らかにアグレッシブなデザインですし、Cセグメントで3ドアとなっています。

インテリア

内装はこちらです。

2018-volkswagen-golf-refresh-09

こちらはゴルフRです。

2017-vwgolf-21

ゴルフGTIです。落ち着いたシックなデザインでありながら、アグレッシブな雰囲気がありますね。

2018-volkswagen-golf-refresh-12

こちらはゴルフGTEです。シンプルですね。

2018-volkswagen-golf-refresh-24

こちらはおそらくゴルフヴァリアントだと考えられます。

内装デザインはキープコンセプトです。

しかしながら……。

2017-vwgolf-39 2017-vwgolf-37 2017-vwgolf-34

リークされていたとおり、ジェスチャーコントロールを実装していますね!

また、タコメーターもデジタルとなり、ディスプレイ上で表示するようになっています。

ジェスチャーコントロール対応のナビゲーションシステムとより密接にリンクするためでしょうね。

追加されたハイテク技術!

こちらは、自動駐車システムでしょうか?

2017-vwgolf-51

こちらは高速道路自動運転システムを示唆しています。

また、プリクラッシュセーフティシステムも同梱されているようです。

2017-vwgolf-50

価格も判明!

フォルクスワーゲン公称として、MC版ゴルフの名前は「ゴルフ7.5」と呼ぶようです。

ゴルフ7.5の価格は17,850ユーロとなり、日本円で2,124,150円(1ユーロ=119円想定)となります!

ドイツでのゴルフ7.0の価格は16,975ユーロですから、価格差は875ユーロ(日本円で104,125円)の上昇となります。

概要

car scoopより、

最新鋭のゴルフ7は、先鋭的な共通デザイン言語、新たなエンジン、そして最新のテクノロジーを搭載!

新たなエンジンは燃料効率の良いパワートレインをもたらしました。

それだけではありません。新たなゴルフは、半自律システム、ジェスチャーコントロールと新しいインフォテインメントシステムを接続し、現在のテクノロジーを惜しみなく搭載された車として大規模改定が行われました!

しかし、視覚的変化は少ないです。ヘッドライト、テールライトのLED化やグリルデザインの変更程度です。これはゴルフ7が完成されているデザインの証拠でもあります。

そのカバーの下は、全く別物となっています。

新たなエンジンはより燃費を良くするために生まれた新たな1.5リッターTSIエンジンは、気筒のうち2つを一時停止することができる、アクティブシリンダーマネジメントシステムが搭載されています。それぞれは6速、7速DCGのよって接続されています。

また、GTIは再チューンナップされ、230PSから245PSへとアップグレードされました。

そしてコクピットは、アウディのような仮想コクピットへと変更されています。デジタル計器類一切を取り外し、必要に応じて変化できる9.2インチのコクピットへと変更されました。

ハイテク装備において、新しいドライバー補助が追加されました。それは車はテスラのオートパイロットのように、低速で短時間のための道をたどることを可能にすること、プリクラッシュセーフティシステム、車線はみ出し警告機能、自動駐車システムです。

ウインカーは、シグナルウインカーを採用しています。(翻訳者注:流れるようなLEDウインカーのことです。)これは、ノンプレミアムブランドでは初搭載となります。

公式動画も公開!

動画が公開されました。

0:20で流れるウインカーの模様が見られます!かっこいいですね!

LAモーターショーにてe-GOLFも展開へ!

11/17のLAモーターショーにて、e-Golfも展開となりました。

画像

画像はこちら。

db2016au00983_largea e-golf-2 e-golf-5

e-golf-7 e-golf-8

デザインはやはり、ゴルフに合わせたデザインとなりましたね。

表情に変化はありませんが、ヘッドライトデザイン等が変化しております。

e-golfの概要

carscoopより、

2017年のVWゴルフがリリースされたあと、改めてLAモーターショーにてe-Golfを発表した。

eゴルフは、24.2 kWhのバッテリーの代わりに新しい35.8 kWhのリチウムイオンバッテリーへと強化されています。フォルクスワーゲンによると、これにより航続距離ほぼ50%増加し、新しいe-Golfは1回の充電で最大124マイル(約200km)を走行することができます。

できるだけ実用的なモデルを作るために、新しいe-Golfにはすべて7.2kWの充電器が含まれています。これにより、通常の充電ステーションで6時間以内に電気式ハッチバックを充電できます。最上位のSELプレミアムモデルは、DC急速充電機能を採用しているため、DC急速充電ステーションから1時間以内にバッテリを80%充電することができます。

米価格の詳細はまもなく発表される予定です。

VWの技術だとしても純粋なEVで200kmなのですね……。

価格は低めとのことで、ライバルはリーフであるとのこと。

ゴルフGTEよりも安くなるのでしょうか?

続報は追って追記します。