VW、ゴルフを新型へマイナーチェンジ!国内販売も発表!

スポンサーリンク

新しいエンジン、そして新たなテクノロジーとともについにデビューです!

何度か記事にしておりました、ゴルフのビッグマイナーチェンジのリーク。

最初はこの記事でした。

VW、ゴルフを初のビッグマイナーチェンジへ!次期型はどうなる?
定期的に新型に移行する噂が出ていますが、なんやかんや移行しませんね。

そして先程直前リークがありましたね。

最初のリーク記事を色付けし、より高画質にした写真がリークされました。

フォルクスワーゲン、ゴルフ7後期型がリーク!ゴルフGTが復活か!?
効果間近となっているゴルフ7の後期型ですが、エクステリアデザインがリークされました。

リーク画像は本物で、リークされていた情報もほぼ正しかったようです。

ただし、残念ながらGTの復活はなかったようですね……。

画像

全種類公開!

2017-vwgolf-01

全4種類です。

リークされていたゴールドがゴルフR、全長が長いのがヴァリアント、フォグ周りがLEDがゴルフGTE、そして3ドアの赤色がゴルフGTIです。

ゴルフオールトラックはなくなりましたね……。

新色であるゴールドをメインカラーに据え置くようです。

エクステリア

ゴルフ

2017-vwgolf-02 2017-vwgolf-07 2017-vwgolf-22 2017-vwgolf-24 2017-vwgolf-26

新形状のLEDヘッドライト、テールライトがとてもかっこいいですね。

ハニカムグリルもよく似合っております。

表情を変えておりますが、これまで通り誰が乗ってもオシャレな車です。

ゴルフGTE

2017-vwgolf-11 2017-vwgolf-12 2017-vwgolf-14

日本では最近発売されたばかりのゴルフGTE。

フロントグリルのラインは青色です。また、見にくいですがGTEバッジもあります。

フォグ周りにもLEDでデザインされていますね。

最もスマートなフロントフェイスとなっています。

ゴルフGTI

2017-vwgolf-19 2017-vwgolf-18

GTIもこれまで通り、フロントグリルは赤色で装飾されています。

他のホットハッチに比べ、アグレッシブな雰囲気はあまりありませんね。

しかしゴルフの中では明らかにアグレッシブなデザインですし、Cセグメントで3ドアとなっています。

インテリア

内装はこちらです。

2018-volkswagen-golf-refresh-09

こちらはゴルフRです。

2017-vwgolf-21

ゴルフGTIです。落ち着いたシックなデザインでありながら、アグレッシブな雰囲気がありますね。

2018-volkswagen-golf-refresh-12

こちらはゴルフGTEです。シンプルですね。

2018-volkswagen-golf-refresh-24

こちらはおそらくゴルフヴァリアントだと考えられます。

内装デザインはキープコンセプトです。

しかしながら……。

2017-vwgolf-39 2017-vwgolf-37 2017-vwgolf-34

リークされていたとおり、ジェスチャーコントロールを実装していますね!

また、タコメーターもデジタルとなり、ディスプレイ上で表示するようになっています。

ジェスチャーコントロール対応のナビゲーションシステムとより密接にリンクするためでしょうね。

追加されたハイテク技術!

こちらは自動駐車システムの概要です。

2017-vwgolf-51

こちらは高速道路自動運転システムを示唆しています。

また、プリクラッシュセーフティシステムも同梱されているようです。

2017-vwgolf-50

概要

car scoopより、

最新鋭のゴルフ7は、先鋭的な共通デザイン言語、新たなエンジン、そして最新のテクノロジーを搭載!

新たなエンジンは燃料効率の良いパワートレインをもたらしました。

それだけではありません。新たなゴルフは、半自律システム、ジェスチャーコントロールと新しいインフォテインメントシステムを接続し、現在のテクノロジーを惜しみなく搭載された車として大規模改定が行われました!

しかし、視覚的変化は少ないです。ヘッドライト、テールライトのLED化やグリルデザインの変更程度です。これはゴルフ7が完成されているデザインの証拠でもあります。

そのカバーの下は、全く別物となっています。

新たなエンジンはより燃費を良くするために生まれた新たな1.5リッターTSIエンジンは、気筒のうち2つを一時停止することができる、アクティブシリンダーマネジメントシステムが搭載されています。それぞれは6速、7速DCGのよって接続されています。

また、GTIは再チューンナップされ、230PSから245PSへとアップグレードされました。

そしてコクピットは、アウディのような仮想コクピットへと変更されています。デジタル計器類一切を取り外し、必要に応じて変化できる9.2インチのコクピットへと変更されました。

ハイテク装備において、新しいドライバー補助が追加されました。それは車はテスラのオートパイロットのように、低速で短時間のための道をたどることを可能にすること、プリクラッシュセーフティシステム、車線はみ出し警告機能、自動駐車システムです。

ウインカーは、シグナルウインカーを採用しています。(翻訳者注:流れるようなLEDウインカーのことです。)これは、ノンプレミアムブランドでは初搭載となります。

公式動画も公開!

動画が公開されました。

0:20で流れるウインカーの模様が見られます!かっこいいですね!

LAモーターショーにてe-GOLFも展開へ!

11/17のLAモーターショーにて、e-Golfも展開となりました。

画像

画像はこちら。

db2016au00983_largea e-golf-2 e-golf-5

e-golf-7 e-golf-8

デザインはやはり、ゴルフに合わせたデザインとなりましたね。

表情に変化はありませんが、ヘッドライトデザイン等が変化しております。

e-golfの概要

carscoopより、

2017年のVWゴルフがリリースされたあと、改めてLAモーターショーにてe-Golfを発表した。

eゴルフは、24.2 kWhのバッテリーの代わりに新しい35.8 kWhのリチウムイオンバッテリーへと強化されています。フォルクスワーゲンによると、これにより航続距離ほぼ50%増加し、新しいe-Golfは1回の充電で最大124マイル(約200km)を走行することができます。

できるだけ実用的なモデルを作るために、新しいe-Golfにはすべて7.2kWの充電器が含まれています。これにより、通常の充電ステーションで6時間以内に電気式ハッチバックを充電できます。最上位のSELプレミアムモデルは、DC急速充電機能を採用しているため、DC急速充電ステーションから1時間以内にバッテリを80%充電することができます。

米価格の詳細はまもなく発表される予定です。

VWの技術だとしても純粋なEVで200kmなのですね……。

価格は低めとのことで、ライバルはリーフであるとのこと。

国内販売も間近へ!

どうやら国内販売も近づいているようで、ディーラーから簡易カタログが配布されているようです。

ついに国内販売が公式発表へ!

フォルクスワーゲンより、

フォルクスワーゲン 新型「Golf/Golf Variant/Golf Alltrack」 発売開始
最先端のテクノロジーを採用し、「熟成を重ねたクルマ」の完成度をさらに高めた「Golf」

フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社は、「Golf/GolfVariant/Golf Alltrack」(ゴルフ/ゴルフ ヴァリアント/ゴルフ オールトラック)を約 4 年ぶりに刷新し、5 月 29 日(月)から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで販売します。

直感的な操作を可能にする先進のデジタルインターフェースを採用

新型「Golf/Golf Variant/Golf Alltrack」には、新しい 12.3 インチ大型ディスプレイのデジタルメーター
クラスター”Active Info Display”(アクティブインフォディスプレイ)を初採用しました。

ラジオシステムの
“Composition Media(コンポジションメディア)”は、6.5 インチから 8 インチに拡大し、ナビゲーションシステムの“Discover Pro”も 8 インチから 9.2 インチへとサイズアップしました。サイズの拡大だけでなく、全面フラットなタッチスクリーンへと進化したことで、使い勝手も向上しています。

さらに、ナビゲーションシステムの“Discover Pro”には、フォルクスワーゲン初採用となるジェスチャーコントロール機能を搭載

 自動運転を見据えた運転支援システムと先進安全装備

今回は、コンパクトシリーズに初めて、渋滞時追従支援システム“Traffic Assist(トラフィックアシスト)”を設定しました。

レーンキープアシストシステム“Lane Assist”(レーンアシスト)とアダプティブクルーズコントロール“ACC”をベースにしたこの渋滞時追従支援システム“Traffic Assist” によって、前後および横方向のクルマの動きを制御できるようになり、システムは限界内で自動的にステアリング操作と加速とブレーキングを行います。

 先進性を視覚的に表現した新しいエクステリアデザイン

バンパー(前後)のデザインを刷新し、フェンダーの奥まで切れ込んだ新形状のヘッドライトを採用することでスポーティーでシャープな印象を与えています。

さらに、LED テールランプには、ウインカーが流れるように光るダイナミックターンインジケーターをフォルクスワーゲンとして初採用しています。

 スポーツモデルのパフォーマンスを向上

優れた動力性能をさらにお楽しみいただけるよう、スポーツモデルのエンジン出力を向上させました。「Golf GTI」は 230PS(+10PS)、「Golf R」は 310PS(+30PS)へと、それぞれパワーアップし、さらに新開発の湿式 7 速 DSG を「Golf R」に採用するなど、フォルクスワーゲンの走りの楽しさを伝えるモデルとしての魅力がさらに増しました。

 「Golf」全 5 シリーズ、6 モデル、12 グレードを同時発売

事前に欧州にて発表されたマイナーチェンジ情報と共通の内容が国内にも販売されるようです!

ゴルフヴァリアント、ゴルフオールトラックは国内ではあまり販売台数の稼げる車種ではないものの、国内でも販売されるのはうれしいですね!

国内諸元表

国内の諸元表はこちら。

スペック的には大きなちがいがありませんから、従来のゴルフユーザーにとってもうれしいポイントですね!

価格一覧

価格はこちらです。

ハイスペックモデルからエントリーグレードまで大きな価格差があるのがゴルフのポイントです。

一つの車種で様々な顧客に対応できるのがうれしいですね!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?