ボルボはSUVメーカーへ。V40シリーズのクロスオーバー、XC40のレンダリングCGが流出したようです

スポンサーリンク

XC90のフロントマスクです。
これをV40をベースのSUVに当てはめると……。

ボルボ最小クロスオーバー「XC40」、レンダリングCGが流出!
ボルボが2018年に公開すると噂されている、最小クロスオーバーSUV『XC40』と思われるレンダリングCGが欧州エージェントから流出、その最新情報も入手した。
情報元によれば、「XC40」はボルボと親会社である吉利(中国)が共同で開発した、次世代モジュラープラットフォーム「CMA」(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)を採用し、スウェーデンで生産されるという。
ボルボは2019年までに「40」シリーズの充実を図るようで、その第一弾がこの「XC40」だという。そしてその翌年、2019年に「V40」、車高を上げた「V40クロスカントリー」の新型モデルを投入する事が予想される。
パワートレインには、新開発の1.5リットル直列3気筒ターボエンジンとモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドも噂されている。
エクステリアデザインを見ると、ヘッドライトにはボルボ最新デザインである、『XC90』同様の「T型デイタイムランニングライト」を装備、2013年に公開した「コンセプトクーペ」を意識した、本格SUVに仕上がっている。
ワールドプレミアは2018年3月のジュネーブモーターショーが本命だ。

ソース:レスポンス
画像はこちらです。
1037475.jpg
パット見、サイズはなかなかデカイように見えますね。
CX-5以上はありそうなサイズですが……。
これでも、コンパクトクロスオーバー?
フロントグリルがかなり強烈です。
サイズがXC90より小さいにも関わらず、
ラジエーターグリルのサイズは変わらないように見えます。
ボルボの共通フロントマスクとして適用されていくのでしょうから
V40もこのようなデザインになるのでしょうか。
個人的にはこのレンダリングCG、XC90よりも好きです。笑

ボルボは2019年までに「40」シリーズの充実を図るようで、その第一弾がこの「XC40」だという。

V40を皮切りにボルボは盛大に復活してきましたが資本が少ないからか、
ラインナップもまだ少ないです。
なのでこのV40、何気にSUVはないんですよね。
現在のラインアップとしては、ワゴンとワゴン風SUVだけです。
グレードが複数あるので若干の違いはありますが、基本的にはこの2つ。
V40のファミリーを増やすとなると
クロスオーバーSUV(XC40)、セダン、クーペ辺りを追々投入していくのでしょうか?
XC90、S90、どちらもデザイン、テクノロジー共に非常に洗練されているので、楽しみです。

パワートレインには、新開発の1.5リットル直列3気筒ターボエンジンとモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドも噂されている。

1.5で!!!!1.5リッターエンジンでお願いします!!!!!
間違っても1.6にしないで!!!!!!