初コンパクトSUVのボルボ新型XC40をデビュー!発売時期やデザインが判明!

スポンサーリンク

V40ベースのSUVである、XC40の情報です!

最近フルモデルチェンジ・マイナーチェンジをしているボルボ。

新しいデザインに変化した90シリーズは大きな人気を博しています。

また、新たな技術や人気のミッドサイズSUVをフルモデルチェンジしたXC60もフルモデルチェンジをしています。

このデザインがV40をベースとしたクロスオーバーである、XC40に搭載される噂が出ています。

スポンサーリンク

V40ってどういう車?

V40はボルボにおけるエントリーモデルであり、Cセグメントステーションワゴンです。派生車種は当初、セダンのみでした。

初代V40

ボルボは日本においてバブル時代に盛大に人気を博し、ステーションワゴン市場で圧倒的なシェアを確保しました。

元々はボルボV4としてネーミングする予定でしたが、直前にアウディがA4をリリースしたためV40とネーミングが変更されたという逸話があります。

この時代からボルボは最先端の安全技術が搭載されています。WHIPSと呼ばれ、後部衝突時にむち打ちを防ぐ機能が搭載されていました。また、衝突安全テストにおいても当時最も頑丈な車でもありました。

シートベルトを開発したボルボらしい、運転手の安全を極めた車です。

現行モデルは?

現行型V40

現行モデルである3代目は2012年にデビューし、2016年にデザインの変更を含めたマイナーチェンジが行われています。

3代目のV40は以前存在したクーペ型のC30と2代目V40を統合し、クーペ調のステーションワゴンとして開発されました。

クーペ調のステーションワゴンは”シューティングブレーク”とも呼ばれ、滑らかなルーフを有しており、後部座席の窓が絞られた美しいデザインです。

現行型V40 リア

V40の派生車種として、SUVワゴンに味付けされたV40クロスカントリーと、

現行型V40 クロスカントリー

Rデザインと呼ばれる、ハイスペックモデルがあります。

現行型V40 スポーツモデル

サイズは?

サイズは全長4370mm/全幅1785-1800mm/全高1440-1470mmと、欧州Cセグメントの王道サイズです。

全高が低いため旧式の立体駐車場も利用できる上、サイズも程よくコンパクトですから日本で利用しても支障はないでしょう。

エンジンは?

現行型V40 エンジン

国内向けにおけるV40のエンジンは1600ccガソリンターボエンジン、2000ccガソリンターボエンジン、2000ccディーゼルエンジンがあります。

欧州では主流のダウンサイジングターボエンジンが搭載されているだけでなく、超ハイスペックな2.0Lターボエンジンや、燃費が良く安いディーゼルエンジンモデルもあり実用性からスポーツ性まで全て網羅したエンジンラインナップです。

それでは、XC40の公式発表を見てみましょう!

スポンサーリンク

ボルボ新型XC40がワールドプレミア

2017年9月21日にワールドプレミアとなりました!

発表された情報を1つずつ見てみましょう!

ボルボ新型XC40のエクステリアデザイン

以前リリースされた40.1コンセプト通りのデザインです。

新しいフロントグリル、雷神トールヘッドライト、ツートンカラー、LEDチューブテールライトと素晴らしいデザインです。

新型ボルボXC40 デザイン 新型ボルボXC40 デザイン新型ボルボXC40 デザインXC40 ティザー画像

ボルボ新型XC40にはツートンカラーを含め19種類のカラーが存在するようです。

Aピラーもツートンカラーにしているとオシャレですね。

新型ボルボXC40 デザイン

ボルボ新型XC40のインテリア

ボルボ新型XC40のインテリアデザインはXC60、XC90といった上位車種と同等です。

ナビ画面は12.3インチ、メーターは9インチの液晶が採用されています。

新型ボルボXC40 インテリア

リアシートにもエアコンが設定されているのはナイスです。

プレミアムカーでは必須の設定ですね。

新型ボルボXC40 インテリア新型ボルボXC40 インテリア

ボルボ新型XC40の自動ブレーキシステム

ボルボ新型XC40に新規搭載となる予防安全パッケージ”ADAS”も素晴らしい性能です。

コンパクトクロスオーバーでは動いている人や自転車を認知する機能は極僅かです。

予防安全パッケージに力を入れていることがわかりますね。

新型ボルボXC40 安全装置

ADASの機能は”プロパイロットアシスト、シティセーフティ、ランオフロードコントロール、ブレーキサポート、クロストラフィックアラート、360度カメラ”が内包してあります。

プロパイロットアシストには半自動運転とも言える運転支援システムとなります。

ボルボ新型XC40のエンジン

新型XC40 エンジン

欧州ではガソリンエンジン、ディーゼルエンジンに種類がラインナップされます。国内ではある程度ラインナップが絞られることでしょう。

ガソリンエンジンでは、以下の3種類がリリースされます。

T3156PS(154hp)
T4190PS(187hp)
T5247PS(244hp)

ディーゼルエンジンでは、以下の2種類がリリースされます。

D3150PS(148hp)
D4190PS(187hp)

国内でもディーゼルエンジンは増えてきていますから、ぜひディーゼルエンジンモデルも販売してほしいですね。

ボルボ新型XC40の価格

価格はイギリスでは37,746ドルから53,166ドルとなります。

2017年9月21日では425万円~597万円です。

かなり高額の車種となりますね。

ボルボ新型XC40の国内販売情報

ボルボ新型XC40は、欧州では2017年秋、日本では2018年春に販売開始予定となっています。

約半年遅れでの販売となるようですね。

ここからは、ボルボ新型XC40のリーク情報を記載します。

スポンサーリンク

ボルボ新型XC40リーク情報は?

新型XC40について様々な情報がリークされています。

一つずつ見てみましょう!

ボルボ新型XC40のコンセプトカー

XC40 コンセプトカー

XC40のコンセプトカーがリリースされました!

ソリッド感の強いデザインに案外マッチしています。

ボルボ新型XC40のスパイショットがリーク

スパイショットがリークされました!

新型XC40 スパイショット 新型XC40 スパイショット  新型XC40 スパイショット

新型XC40 スパイショット   新型XC40 スパイショット

カモフラージュが頑丈であり、デザインの全体像は見えてきませんがV90から搭載されている雷神ヘッドライトが搭載されており、非常に凛々しいデザインであることがわかりますね。

インテリアのスパイショットもあります。

新型XC40 スパイショット インテリア

ナビ及びエアコンパネルはXC60、XC90とほぼ同等です。

内装デザインはXC60やXC90とほぼ同じとなることが考えられますね。

新型XC40走行中の動画も!PHEVモデルか?

デンマークにて、高速道路をテストしているXC40が撮影されました。

今回リークされた動画では、燃料補給部以外の穴が左後方部に設置されていたとのこと。

フェイクである可能性もあるもののPHEVの試作機では?ということのようです。

他にも動画もあります。

新型XC40に意気込み!過去最高モデルとして自信あり

新型XC40 ティザー画像

car scoopにて、ボルボ販売担当責任者のインタビューが掲載されていたので翻訳し引用します。

carscoopより、

ボルボ販売担当責任者にインタビュー

ボルボの販売担当責任者は、「ボルボは現在、SUVに力を入れている。しかしながらこれまで手を付けず、最もホットなコンパクトクロスオーバーに手を付けていない。これは我々にとって最大の挑戦となるだろう。そのためにはライバルを凌駕する、素晴らしいSUVを作り上げねばならない。我々のXC40には、そのポテンシャルが間違いなく存在する」と発言している。

ボルボ新型XC40のデザインがリーク

発表後にアップロードされる予定だったと思われる動画がリークされています!

動画はすぐ削除されてしまいましたが、画像がアーカイブされています。

新型XC40 デザイン 新型XC40 デザイン 新型XC40 デザイン 新型XC40 デザイン

ボルボ新型XC40の情報まとめ

XC40について、現在このような情報が判明しています。

V40をベースとしたコンパクトSUVのXC40が開発されている

プラットフォームは新しくCMAが採用され、大幅な軽量化が見込まれる

最新の半自動運転システム”ADAS”が搭載

エクステリア・インテリアデザインはXC90、XC60を引き継ぐ

エンジンは1.5Lターボ、2.0Lターボ、2.0Lディーゼル、1.5L+PHV

発表は2017年9月21日

デザインがリーク済

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする