ボルボが遂に小型SUVへと参入。コンセプトモデルが公開!

スポンサーリンク

実はボルボのSUVは最小がXC60となるので
サイズ的にはCX-5よりも大きかったりします。
クロスカントリーもありますがSUVというよりもワゴンSUVという感じ。あれはあれで良いものですけどね!
本格的なコンパクトSUVは初めてです。

ボルボ、「コンセプト40.1」初公開…小型SUVを示唆
スウェーデンの高級車メーカー、ボルボカーズは5月18日、ボルボ『コンセプト40.1』を初公開した。
ボルボカーズのSUVには、『XC90』や『XC60』がある。コンセプト40.1は、XC60の下に位置するボルボカーズの小型SUVを示唆したコンセプトカーとなる。
コンセプト40.1には、ボルボカーズが新開発した車台、「CMA」(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)を採用。新型XC90や新型『S90』、新型『V90』に使用されている「SPA」(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)よりも、ひと回り小さいコンパクトカー用の車台となる。
ボルボカーズのSUVらしいフォルムが与えられたコンセプト40.1。ブラックルーフがアクセント。ヘッドライトのデザインなどには、最新ボルボ車のアイデンティティが表現された。
ボルボカーズは、コンセプト40.1の考え方を反映させた市販車を、2017年に量産に移す予定。パワートレインには、「ツインエンジン」と呼ばれるプラグインハイブリッド(PHV)およびEVも設定する計画。

ソース:レスポンス
というわけで、ボルボの新型SUVのコンセプトカーがウェブサイトより
公開されました。
記事には書かれておりませんが、なぜかS40のコンセプトも出てます。笑
画像はこちら。
S40.1 コンセプト
Volvo-XC40-S40-1.jpg
現行から大きくチェンジしたフロントフェイスです。
スバルのようなメカメカしさとソリッド感を覚えるデザインですね。
ライトはS90以降の共通アイデンティティのデザインとなっております。
Aピラーをブラックアウトさせておりますが
セダンでやると……うーん。
Volvo-XC40-S40-2.jpg
190843_Volvo_Concept_40_2_profile copy.jpg
ん?
結構車高が高いぞ???
最近流行りのセダンクーペのようなデザインとかけ離れたサイドビュー。
昔ながらのセダンのような塊感といいますか、曲線が少ないデザインですね。
流行りのなめらかな曲線デザインではなく
塊感を演出するがちっとした直線的なデザインです。
流行に一石を投じておりますね。
ソリッドデザインといえば、なんといってもスバル。
これからのスバルブランドのコンセプトデザインが発表されたようですね
このコンセプトカー、猛烈なソリッドデザインです。
しかし蓋を開けてみたら、新型インプレッサセダンはかなり曲線となりました。
市販型インプレッサセダンが公開されたようです
ミドルサイズのソリッドデザインセダンを狙い撃ちしております。
フロントフェイスがちょっとこれは……。
量販型だとS90のようなデザインになると信じましょう。うん。
XC40.1の画像はこちら。
Volvo-XC40-S40-855555.jpg
Volvo-XC40-S40-9.jpg
Volvo-XC40-S40-6.jpg
サイズ的にも、強烈なソリッドデザインもフォレスターをかなり意識したデザインに感じます。
リアライトはジュークに搭載されているブーメランランプのようなデザイン。
現行のV40をより強烈にした感じですね。
クーペデザインではありませんが、後部座席は隠しドアになってますね。
AピラーからCピラー上部にかけてブラックアウトさせることで
まるでカブリオレのような雰囲気のある車です。
このXC40.1……サイズが仮にフォレスター程のサイズであり
このソリッドデザインが踏襲されていれば
コンパクトSUVの中でも一番欲しいかも。笑
今後の続報に強く期待です。