ジュネーブモーターショーにて、V40のビッグマイナーチェンジがお披露目になるようです

スポンサーリンク

何気に日本でも割と見るようになったvolvo。
実は日本での輸入車販売台数ランキングで6番目です。
プジョーやルノーよりも多いって、結構すごい。
ソースはこちら

【ジュネーブモーターショー16】ボルボ V40、初の大幅改良モデルを初公開へ
スウェーデンのボルボカーズは2月25日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー16において、改良新型『V40』を初公開すると発表した。
初代V40は1995年、4ドアセダンの『S40』のワゴン版として登場。生産は三菱自動車との合弁会社で、オランダのネッドカーで行われた。2004年、2代目への移行を機に、V40は『V50』へネーミングを変更。V40の名前は、いったん消滅した。
ボルボカーズは2012年春、ジュネーブモーターショー12において、新型『V40』を発表。8年ぶりの復活となった新型V40は初代のステーションワゴンから、5ドアハッチバックにボディタイプを変更。BMW『1シリーズ』やアウディ『A3スポーツバック』など、プレミアムコンパクトカー市場に参入し、成功を収めている。
この現行V40が、デビューから4年を経て、ジュネーブモーターショー16では初の大幅改良モデルを初公開する計画。現時点では、詳細は公表されていないが、ボルボカーズは、その内容を「フェイスリフト」と表現した。
改良新型モデルでは、フロントマスクを中心にした外観の変更をはじめ、内装のアップデート、最新エンジンの導入などが行われると見られる。

ソース:レスポンス
というわけで、V40がビッグマイナーチェンジとなり
お披露目をするようです。
ボルボといえば、最近はS90やXC90で世間を賑わせました。
2016-Volvo-S90-front-angle.gif
(S90)
Volvo-XC90-New-2016-0.jpg
(XC90)
デザインが洗練されていますね。
これまでのボルボのデザインと異なり
アイライン(デイライトと呼ぶそうです)が特徴的なデザインです。
ロボットみたいです。
フロントグリルもこれまではなめらかな五角形のようなデザインでしたが
こちらもまたなめらかな四角形のようなデザインに変更されましたね。
むかしっから変わらない、斜めの線はもちろん残されております。
S90とXC90を見ると実車を見てみないとわかりませんが
S90のほうがフロントフェイスが締まってて個人的にはすきです。
ジュネーブモーターショーでは、S90のワゴンタイプもデビューするようです。
V40もこちらのデザインのように変更されるのでしょうか?
どのように変化するのか、楽しみですね。