新型メガーヌのエクステリアが公開されたようですね

スポンサーリンク

フランクフルトモーターショーに先駆けて
様々な会社がコンセプトカーのチラ見せや公開を行っております。
日本にもフィットするサイズの車が多いので楽しみですね。


以下引用

新型は、激戦区の欧州Cセグメントにおいて、顧客へのアピールを強化するために、個性的なデザインを追求。ルノーの最新デザイン言語が導入された。
具体的には、最上級車の新型『タリスマン』と共通イメージのヘッドライトを採用。C型のヘッドランプが、バンパーに回り込んだデザインが目を引く。
新型のボディサイズは、現行比で、全高が25mm低い。トレッドはフロントが47mm、リアが39mm拡大。ホイールベースを28mm伸ばしつつ、オーバーハングを短縮し、スポーティなルックスを実現した。
なお、ルノーは、新型メガーヌの外観写真のみを公表。インテリアや搭載エンジンなどの詳細は、フランクフルトモーターショーで明らかにするとしている。

ソース:レスポンス
画像はこちら。
20150908-10229681-carview-000-3-view.jpg
2代目アクセラのようなアハハハハハデザインから、流行りの鋭いフロントマスクへ。
新型タリスマンのようなライト形状にし、フロントグリルにも共通性を持たせております。
新型タリスマンはこんなデザイン。
timthumb.jpg
キャプチャーのようなかわいい車もいいですがタリスマン、メガーヌのような鋭いフロントマスクもとても似合うデザインをしております。
スペック内容等はフランクフルトモーターショーで公開されるようなので、9月15日に期待ですね。

スポンサーリンク