次期型MINICountryman(日本名ミニ:クロスオーバー)、スパイショットされたようですが……?

スポンサーリンク

これもまたまさかのインドです。

以下翻訳

All new mini countrymanは、2016年、パリモーターショーにてデビューするかもしれません。グローバルで最も早く、インドにてスパイショットされております。

新型にはヘッズアップディスプレイが搭載され、全長は4.1mから4.25mへと拡大し、ホイールベースは100ミリ増加するでしょう。ベースはBMWのUKL1プラットフォームが使用されます。

新しいカントリーマンは、適切なオフローダーと進化するために、シャーシの設定においてBMWの可変ダンパー制御が付属します。

トランスミッションには6MT及び8AT、4気筒エンジンでグローバルに適用し、新たにプラグインハイブリッドが導入される予定です。
autocar indiaより

画像はこちら。

0_468_700_http---cdni.autocarindia.com-ExtraImages-20160822124841_minix1

スパイショットというよりもこれリークっぽいですね……。

背景を隠し、外でテストされる前のクロスオーバーのように見えますが……。

以前記事にしましたこちらのPHEVが導入される、というリーク。

次期型MINICountryman(日本名クロスオーバー)、プラグインハイブリッドモデルが追加!?
欧州車はプラグインハイブリッドモデルをばんばん追加していますね。 向こうではそれだけインフラが整っているのでしょうか?

こちらの記事により信ぴょう性が増した、ということでしょうか。

現状、リーク写真はこちらの画像以外存在しないため、フロントやリアデザインの詳細は不明です。

分かり次第、追記します。