メルセデスの新型SUV!?「Eクラスエステート」のテストカーを激写!!

スポンサーリンク

大抵のメーカーは、それぞれのセグメントに一つのSUVを配置できている今

新しい流れが求められているかもしれません。

現在のSUVムーブメントをより活性化させるためにSUVのカテゴリーを更に細分化する。

結果的に消費者の選択肢も増えるし、いい傾向だと思います。

アウディ対抗!? メルセデス Eクラスワゴン に“SUV風”モデル投入か
メルセデスベンツは、新型Eクラス『エステート』に、より強靭なボディを持つ『エステート オールテレーン』を投入することがわかった。
このモデルは、新型Eクラスに搭載されている「エアボディコントロール」により、スムーズな車高変更が可能で、「エステート」よりワイドで強靭なフェンダーやスキッドプレートを持つ、クロスオーバータイプのモデルだ。
またオフロードSUV程、車高は高く設定されていないが、ノーマルモデルより高い走破性を実現し、アウディ『A6 オールロード』をライバルとする。

レスポンスより

画像はこちら。

1076224
1076225
1076227
1076228
1076230

画像ではカモフラージュが施されている上車高が低いからワゴンにしか見えないデザインです。

しかし良く見てみるとSUVのホイールアーチがあります。しかも他社よりも大きめで、自己主張を強めにデザインされていますね。

ライバルのA6はFMCの話がありませんが、A4はFMCしたばかりですね。

アウディが再びオールロードクワトロを導入するようですが……?

このA4ですが、デザイン的な完成度はかなり高いんじゃないかなあと思います。

新型A4レバントのシャープさをうまくSUVに取り込んだというデザインですね。

SUVワゴンというと、最近ではマツダも中国でリリースしましたね。

これは現行のマツダデザインから次のマツダデザインへと橋渡しとなるデザインとされ

マツダのデザインの全てを引き込んだデザインでしたね。

これからのマツダデザインの方向性について、示唆に富んだインタビューが公開されました。

北京モーターショーにて、遂にCX-4がデビューしたようです。

これらワゴンSUVの中で独占的に市場シェアをキープしているのが、スバル「アウトバック」です。

このアウトバックを挑み、破れた車種の多さよ。

マツダのコンセプトカー「越 KOERU」のベンチマークはアウトバック?

まずはA6から、高級車+ワゴンSUV+Eセグメントの市場を奪うところからですね。