ブラバス、ベンツVクラスを使ってラウンジミニバンを開発!ライバルはアルファード/ベルファイアか?

スポンサーリンク

欧州ではあまり人気がないとされているミニバン。

そのミニバンを極限まで快適にしたラウンジモデルが復興するようですが……?

日本では絶大な人気を誇るミニバン。超高級のヴェルファイア・アルファードから小型のシエンタまで様々なタイプがラインナップされています。

そのヴェルファイアやアルファードに感化されたのか?メルセデスベンツVクラスの超高級モデルがジュネーブモーターショーにてお披露目されるようです。

スポンサーリンク

概要

car scoopより、

ブラバス、Vクラスをビジネスラウンジへとチューンアップへ。

フルモデルチェンジ前のVクラスにはビジネスラウンジモデルがあったものの、新型Vクラスへとフルモデルチェンジしてからビジネスラウンジモデルが消滅してしまった。これに不服とする北米ユーザーは多い。ブラバスはそのVクラスビジネスラウンジモデルを再開発した。

通常のVクラスよりリアオーバーハングとなり、より広大なスペースでまるでビジネスクラスのようなシートや装備が施されている。運転席と後部座席の間はディスプレイで区切られており、仕舞うことも可能だ。この40インチのスクリーンでは、Brabus Media Center、クラウドベースの接続システム、LTEモバイル接続、タッチスクリーンコントロールパネル、Apple TV、Sony PlayStation 4 Proなど、40インチのスクリーンを利用することが出来る。

このビジネスラウンジモデルは、カスタムエアロキットで視覚的に区別されている。そして、それをペースでオートバンに沿って動かすために、Brabusは決して非力ではない、6気筒3000ccディーゼルエンジンを利用する。悪くない、全く。

具体的なパワートレーンが書いてありますが、実際に販売されるのかは不明です。

販売されるとしても日本では販売されないと考えられますが……。

スポンサーリンク

画像

画像はこちら。

エクステリア

 通常よりもホイールベースが長めのように見えますね?

リアもよりオーバーハングなデザインとなっています。

インテリア

まるで飛行機のビジネスクラスですね……。

流石にコンセプトモデルだとは思いますが、これが実現したら存在するミニバンで最も高級モデルになりそうです。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする