ベンツ新型Aクラスにフルモデルチェンジ 発売日・デザイン・価格は?

スポンサーリンク

新型Aクラスのフルモデルチェンジ情報です!

以前、新型Aクラスがスパイショットされました。

この時、AクラスはハッチバックからSUVハッチバックテイストになるのではないか?というリークが有りました。

果たしてどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

ベンツAクラスってどんな車?

ベンツ・Aクラスはベンツにおけるエントリーモデルであり、初代・2代目はBセグメント・現在はCセグメント車としてリリースされています。

初代Aクラス

Aクラスはメルセデスベンツの顧客を増やすために最小クラスとして開発されており、

初代は様々なコストダウンやサイズに対する新しい試みが施されていました。

例えばサイズの小ささを解決するためにシートの運転席以外のシートが外せる仕組みとなっていたり、コストダウンのために積極的に安価な新素材を活用しましたが、評判は芳しくありませんでした。

2代目では初代のキープコンセプトとして開発されたものの、初代の失敗を修正しサイズを拡大化させています。また、メルセデスベンツ初のCVT採用車種でもありました。

2代目Aクラス

2代目はデザインの評判は賛否両論であるものの、価格の安さ、機能性の高さから日本・海外ともに評判が比較的良く9年間販売された長期モデルでした。

スポンサーリンク

現行モデルのベンツAクラスは?

現行モデルである3代目Aクラスは2012年にデビューしたモデルで、2015年後半に一度マイナーチェンジがされています。

現行Aクラス

現行モデルのAクラスはこれまでと打って変わって非常にスポーディではやりのワイド&ローなデザインへと変更され、サイズもBセグメントからCセグメントへと拡大しています。

デザイン性を優先しルーフを低くし屋根を倒しているものの新しいプラットフォームの採用によって車体そのもののが低くなり、居住性はそれほど損なわれていません。

まさしく、王道かつ魅力的なCセグメント車であるといえます。

ベンツAクラスのサイズは?

サイズは全長4290mm-4355mm/全幅1780mm/全高1420mm-1435mmと、王道のCセグメントサイズです。

全高が低いため旧式の立体駐車場も利用できる上、サイズも程よくコンパクトですから日本で利用しても支障はないでしょう。

ベンツAクラスのエンジンは?

搭載エンジンは国内向けには1.6Lガソリンターボエンジン、2.0Lガソリンターボエンジンの2種類、欧州では3種類のディーゼルエンジンが販売されています。

欧州では主流のダウンサイジングターボエンジンが搭載されているだけでなく、超ハイスペックな2.0Lターボエンジンもあり、実用性からスポーツ性まで全て網羅したエンジンラインナップです。

それでは、現在のAクラスのリーク情報を見てみましょう。

スポンサーリンク

4代目となる新型ベンツAクラスのフルモデルチェンジ情報

新型Aクラスへのフルモデルチェンジが近いからか、様々な情報がリークされ始めています。

まずはコンセプトカーから見てみましょう!

新型ベンツAクラスのコンセプトカー

新型ベンツAクラス コンセプトカー

新型ベンツAクラス コンセプトカー

新型ベンツAクラス コンセプトカー

2017上海モーターショーにて、Aクラスをベースとしたセダンと思われる”Aクラスセダン”のコンセプトカーがリリースされました!

サイズは長さ4600mm、幅1860mm、高さ167mmで、大幅に拡大しているもののコンセプトであるため、実車の場合ある程度サイズが小さくなることも考えられます。

また、本コンセプトで最も重要なポイントは、メルセデスブランドにおける未来のデザインを表現しているとのこと。

たしかに、ヘッドライト、テールライト、フロントグリル、アンダーグリル全てが一新されていますね。

新型ベンツAクラスのEV、EQ Aコンセプトカー

新型ベンツAクラス EQ Aコンセプト

2017年9月に行われるフランクフルトモーターショーにて、EQ Aコンセプトがリリースされました。

EQとはメルセデスベンツにあるEVブランドであり、EQにおける2台目のコンセプトとなります。

車種はハッチバックであり、直接的な競合はテスラモデル3となるのではないかと考えられています。

新型ベンツAクラスのスパイショットがリーク

2016年後半より、少しずつスパイショットが撮影されるようになりました。

スパイショットが撮影されるようになり始めると、フルモデルチェンジ/マイナーチェンジが数年以内に行われる傾向にあります。

新型ベンツAクラス スパイショット 新しい形状のポジションLEDライトが採用されるようです。

新型ベンツAクラス スパイショット

テールライトもLEDへと変更されているようです。

新型ベンツAクラス インテリア スパイショット

インテリアでは、なんとSクラスで採用されたバーチャルコクピットが搭載されるようです!

タコメーターとナビが連結している2連ディスプレイが装備されていますね。

新型ベンツAクラス スパイショット 新型ベンツAクラス スパイショット

こちらは新型ベンツAクラスセダンのスパイショットです。

アンダーグリルのデザインが異なるのでしょうか?

新型ベンツAクラス スパイショット 新型ベンツAクラス スパイショット

こちらのスパイショットはA45と考えられている画像です。フロントグリル、アンダーグリル共にメッシュデザインとなっていますね。

A45は後部にシャフトがある為4WDとなることが予想されています。

ベンツ新型Aクラス スパイショット

こちらのスパイショットはカモフラージュが非常に薄く

ヘッドライトやフロントグリルの形状が分かるスパイショットです。

コンセプトカーによく似たデザインですね。

新型ベンツAクラスはシーケンシャルウィンカーが搭載

新型ベンツAクラス スパイショット

こちらのスパイショットを見る限り、ウインカーのデザインがシーケンシャルウィンカー(流れるウインカー)のようなデザインのように見えます。

シーケンシャルウィンカーは日本車ではハリアーやRX、海外ではA4等に搭載されています。非常にかっこいいことから高級車には搭載されることが多いデザインです。

新型ベンツAクラスのレンダリングCG

新型ベンツAクラス レンダリングCG 新型ベンツAクラス レンダリングCG 新型ベンツAクラス レンダリングCG

スパイショットを元にレンダリングCGが作成されています。

こちらの作成主は実物に近いレンダリングCGを度々作成しており、比較的信憑性のあるデザインです。

新型ベンツAクラス レンダリングCG

ハッチバックの予想画像もあります。流行のクーペワゴンのようなデザインですね。

ベンツ新型GLAのインテリア質感が向上

ベンツ新型GLA インテリア

新型GLAでは、Sクラスと同等のインテリアデザインとなることが考えられています。

タコメーターとナビが連結したハイテクな印象を持たせる二連ディスプレイが搭載され、ジェスチャーコントロールが可能となります。

ある程度ダウンサイジングされると考えられるものの、コンパクトカー最高クラスのインテリアとなりそうですね。

新型ベンツAクラスの搭載エンジン

新型ベンツAクラス エンジン

新型ベンツAクラスに搭載されるエンジンは現在のところ以下の3種類が搭載されると考えられています。

  • 4気筒1600ccターボエンジン
  • 4気筒2000ccディーゼルターボエンジン
  • 新規開発された4気筒2000ccターボエンジン

更に時間を開けて、以下のエンジンも追加される予定です。

  • 3気筒1500ccディーゼルエンジン+PHV

ディーゼル+PHVモデルでは、電気走行部分だけで約50kmの走行を目標としています。ディーゼルPHVは他にはありませんから、革新的で先進的なエンジンとなります。

2.0Lターボエンジンは実用燃費の向上に加え、パワーも大幅にアップするとのことですから楽しみですね!

トランスミッションはDCTから廉価グレードでは6速AT、上級グレードでは8速ATとなることが考えられています。

新型ベンツAクラスのプラットフォーム

新型ベンツAクラス プラットフォーム

新型Aクラスには、新規採用プラットフォームである”MFA2″が採用されます。

MFA2は現行型Aクラスが採用しているプラットフォーム”MFA”をベース大幅に改良したもののです。

新規プラットフォーム採用に伴い、全長が若干拡大し、ホイールベースが拡大し、静粛性が向上するという報道があります。

更にホイールベースの延長によってトランク容量が増加し、後部座席の快適性が向上、直進安定性や操舵性が向上します。

新型ベンツAクラスの自動ブレーキが向上

新型ベンツAクラス 自動ブレーキシステム

メルセデスベンツでは、自動ブレーキシステムやACCといった先進技術の総称をDISTRONIC Plusと呼んでいます。

スバルのアイサイト、ホンダのホンダセンシング、トヨタのセーフティセンスと同等の機能です。

DISTRONIC Plusを搭載することで全車速ACC、高性能自動ブレーキ、半自動運転のような運転支援システムと大幅に性能が向上すると考えられます。

新型ベンツAクラスの発売時期・発売日

おおよその情報ですが、2019年3月に行われるジュネーブモーターショーにて市販型直前コンセプトカーもしくは市販型モデルがデビューすると考えられています。

一方でスパイショットのカモフラージュが極端に薄いことや、インテリア部分の完成度が非常に高いことから2018年にデビューするとも言われています。

以上から、発売時期は2018年下旬から2019年上旬だと考えられます。

新型ベンツAクラスの価格

現在のところ新型ベンツAクラスの価格について有力なリークは行われていません。

しかしながらSクラスと同等のインフォテイメントシステムが導入される他、新規採用となるプラットフォームが搭載されることを考えるとある程度の価格上昇が考えられます。

価格についての続報は追って追記します。

4代目となる新型ベンツAクラスのフルモデルチェンジ情報まとめ

  • 発表は2018年9月、発売は2018年末である可能性が高い
  • Eクラス・Sクラスに搭載されているDISTRONIC Plusが搭載され、半自動運転が可能
  • エンジンは4種類、新規に2.0Lターボと1.5LディーゼルPHV
  • エクステリアはAクラスセダンコンセプトを引き継ぐ
  • インテリアではSクラスに採用されたバーチャルコクピットが採用
  • プラットフォームではMFA2が採用され、サイズ拡大、ホイールベース延長
  • シーケンシャルウインカー(流れるウインカー)が採用?
スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする