ベンツ、新型Aクラスデビュー間近!ライバルは1シリーズ・A3・CT!リーク・噂のまとめ!

スポンサーリンク

最近スパイショットがちょこちょこリークされているメルセデスのエントリーモデルであり、高級CセグメントのリーダーであるAクラス。

どうやら次期型の噂が出てきているようですが……?

以前、新型Aクラスがスパイショットされました。

次期型AクラスはSUVテイストハッチバックになる?
すでにAクラスのSUVとしてGLAがあるので それとはバッティングしないようにワゴンSUVとなるのでしょうか?

この時、AクラスはハッチバックからSUVハッチバックテイストになるのではないか?というリークが有りました。

しかしながら、後発情報を見る限りその傾向はなさそうです。

スポンサーリンク

概要

auto expressより、

より素晴らしいテクノロジーとともに、Aクラスが2018年にデビュー!

より実用的となったMFAプラットフォームとともにAクラスがデビューするでしょう。

メルセデスは、これまでの小型MPVのAクラスから2012年にコンパクトハッチバックとなったAクラスへと進化させた。しかし、これは賛否両論な結果となった。

コンパクトハッチバックは、決してMPVのような実用性はない。一方、MPVにはコンパクトハッチバックのようなドライビングプレジャーはない。……しかし、2018年でデビューする4世代目Aクラスはこれらを両立させる車となるだろう。

4世代目Aクラスの鍵は、新しいプラットフォームである。次期型AクラスもFFのままだ。しかしMFA2と呼ばれる現在のMFAプラットフォームを改訂し、搭載されるだろう。この改定MFAプラットフォームはホイールベースを拡大し、現行よりもスペースが拡大する。

メルセデスの社長は、3気筒ディーゼル+プラグインハイブリッドエンジンの開発に夢中だ。このプラグインハイブリッドは50kWの電気モーターであり、新開発の9速DCTによって駆動するだろう。このプラグイン部分の走行可能距離は30マイル(約50km)を目指している。

また、新型2リッター4気筒ターボエンジンの開発もされている。こちらも搭載されるだろう。
内装面では、簡素なダッシュデザインとなり、ボタン類はこれまで以上に大きくなったタッチ式デジタルディスプレイに統合されるだろう。メルセデスCOMANDのインフォテインメントシステムはそれらを全て制御する。

エクステリアはより過激なデザインとなるだろう。

スパイショットによって判明された事実として、メルセデスのインテリジェンスドライブシステムであるDISTRONIC Plusはより高い性能へと置き換えられる。

Eクラスによって確立されている半自動運転に加え、ストップアンドゴーの機動がより正確となるだろう。

スポンサーリンク

 レンダリングCG

以前のスパイショットを元に作成されたレンダリングCGはこちら。

mercedes_a-class_-_front_watermarked

mercedes_a-class_-_rear_detail_watermarked

mercedes_a-class_-_front_detail_watermarked

mercedes_a-class_-_rear_watermarked

少なくともレンダリングCGを見る限りSUVテイストではなく、これまで通りコンパクトハッチバックです。

ボディラインの流麗な美しさが素晴らしいですが、フロントマスクはより精悍でアグレッシブなデザインとなっていますね。

リアの美しさが素晴らしいです。

ここから派生としてCLA、GLA、A45などと派生するのではないのでしょうね。

スポンサーリンク

新たなスパイショットも!

なんとSクラスで適用されたバーチャルコクピットが搭載されるようです!

ステアリングホイールのボタンもタッチ式になっているのでしょうか?

うっすらスリーポインテッドスターが見えますね。

他にも車両のアップ画像も撮影されております。

ヘッドライトやテールライトのデザインも判明!

新しい形状のポジションLEDライトが採用されるようですね。

ウインカーは流れるタイプのようです。

ヘッドライト上部に設置されるようですね。

テールライトもLEDです。形状が異なっていますね。

わざわざズームしてくれています。

ソースによりますと、ホイールベースが延長されていて後部座席がより広くなっているようです。

2018年9月のフランクフルトモーターショーにてプロトタイプが発表、2018年末に新型Aクラスがデビューするのではないかとされています。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?