ベンツ、新型Aクラスにモデルチェンジ!次世代コンセプトカーをデビューへ!

スポンサーリンク

最近スパイショットがちょこちょこリークされているメルセデスのエントリーモデルであり、高級CセグメントのリーダーであるAクラス。

どうやら次期型の噂が出てきているようですが……?

以前、新型Aクラスがスパイショットされました。

次期型AクラスはSUVテイストハッチバックになる?
すでにAクラスのSUVとしてGLAがあるので それとはバッティングしないようにワゴンSUVとなるのでしょうか?

この時、AクラスはハッチバックからSUVハッチバックテイストになるのではないか?というリークが有りました。

果たしてどうなるのでしょうか?

ベンツ・Aクラスってどんな車?

ベンツ・Aクラスはベンツにおけるエントリーモデルであり、初代・2代目はBセグメント・現在はCセグメント車としてリリースされています。

Aクラスはメルセデスベンツの顧客を増やすために最小クラスとして開発されており、

初代は様々なコストダウンやサイズに対する新しい試みが施されていました。

例えばサイズの小ささを解決するためにシートの運転席以外のシートが外せる仕組みとなっていたり、コストダウンのために積極的に安価な新素材を活用しましたが、評判は芳しくありませんでした。

2代目では初代のキープコンセプトとして開発されたものの、初代の失敗を修正しサイズを拡大化させています。また、メルセデスベンツ初のCVT採用車種でもありました。

2代目はデザインの評判は賛否両論であるものの、価格の安さ、機能性の高さから日本・海外ともに評判が比較的良く9年間販売された長期モデルでした。

現行モデルは?

現行モデルである3代目Aクラスは2012年にデビューしたモデルで、2015年後半に一度マイナーチェンジがされています。

現行モデルのAクラスはこれまでと打って変わって非常にスポーディではやりのワイド&ローなデザインへと変更され、サイズもBセグメントからCセグメントへと拡大しています。

デザイン性を優先しルーフを低くし屋根を倒しているものの新しいプラットフォームの採用によって車体そのものが低くなり、居住性はそれほど損なわれていません。

まさしく、王道かつ魅力的なCセグメント車であるといえます。

サイズは?

サイズは全長4290mm-4355mm/全幅1780mm/全高1420mm-1435mmと、王道のCセグメントサイズです。

全高が低いため旧式の立体駐車場も利用できる上、サイズも程よくコンパクトですから日本で利用しても支障はないでしょう。

エンジンは?

搭載エンジンは国内向けには1.6Lガソリンターボエンジン、2.0Lガソリンターボエンジンの2種類、欧州では3種類のディーゼルエンジンが販売されています。

欧州では主流のダウンサイジングターボエンジンが搭載されているだけでなく、超ハイスペックな2.0Lターボエンジンもあり、実用性からスポーツ性まで全て網羅したエンジンラインナップです。

それでは、現在のAクラスのリーク情報を見てみましょう。

概要

auto expressより、

より素晴らしいテクノロジーとともに、Aクラスが2018年にデビュー!

より実用的となったMFAプラットフォームとともにAクラスがデビューするでしょう。

メルセデスは、これまでの小型MPVのAクラスから2012年にコンパクトハッチバックとなったAクラスへと進化させた。しかし、これは賛否両論な結果となった。

コンパクトハッチバックは、決してMPVのような実用性はない。一方、MPVにはコンパクトハッチバックのようなドライビングプレジャーはない。……しかし、2018年でデビューする4世代目Aクラスはこれらを両立させる車となるだろう。

4世代目Aクラスの鍵は、新しいプラットフォームである。次期型AクラスもFFのままだ。しかしMFA2と呼ばれる現在のMFAプラットフォームを改訂し、搭載されるだろう。この改定MFAプラットフォームはホイールベースを拡大し、現行よりもスペースが拡大する。

メルセデスの社長は、3気筒ディーゼル+プラグインハイブリッドエンジンの開発に夢中だ。このプラグインハイブリッドは50kWの電気モーターであり、新開発の9速DCTによって駆動するだろう。このプラグイン部分の走行可能距離は30マイル(約50km)を目指している。

また、新型2リッター4気筒ターボエンジンの開発もされている。こちらも搭載されるだろう。
内装面では、簡素なダッシュデザインとなり、ボタン類はこれまで以上に大きくなったタッチ式デジタルディスプレイに統合されるだろう。メルセデスCOMANDのインフォテインメントシステムはそれらを全て制御する。

エクステリアはより過激なデザインとなるだろう。

スパイショットによって判明された事実として、メルセデスのインテリジェンスドライブシステムであるDISTRONIC Plusはより高い性能へと置き換えられる。

Eクラスによって確立されている半自動運転に加え、ストップアンドゴーの機動がより正確となるだろう。

 レンダリングCG

以前のスパイショットを元に作成されたレンダリングCGはこちら。

mercedes_a-class_-_front_watermarked

mercedes_a-class_-_rear_detail_watermarked

mercedes_a-class_-_front_detail_watermarked

mercedes_a-class_-_rear_watermarked

少なくともレンダリングCGを見る限りSUVテイストではなく、これまで通りコンパクトハッチバックです。

ボディラインの流麗な美しさが素晴らしいですが、フロントマスクはより精悍でアグレッシブなデザインとなっていますね。

リアの美しさが素晴らしいです。

ここから派生としてCLA、GLA、A45などと派生するのではないのでしょうね。

新たなスパイショットも!

なんとSクラスで採用されたバーチャルコクピットが搭載されるようです!

ステアリングホイールのボタンもタッチ式になっているのでしょうか?

うっすらスリーポインテッドスターが見えますね。

他にも車両のアップ画像も撮影されております。

ヘッドライトやテールライトのデザインも判明!

新しい形状のポジションLEDライトが採用されるようですね。

ウインカーは流れるタイプのようです。

ヘッドライト上部に設置されるようですね。

テールライトもLEDです。形状が異なっていますね。

ソースによりますと、ホイールベースが延長されていて後部座席がより広くなっているようです。

2018年9月のフランクフルトモーターショーにてプロトタイプが発表、2018年末に新型Aクラスがデビューするのではないかとされています。

新型Aクラスのコンセプトカーがリリース!

2017上海モーターショーにて、Aクラスファミリーに追加される”Aクラスセダン”のコンセプトカーがリリースされました!

中国で激戦区であるCセグメントセダンの戦略車として販売されるようです。

概要

Autoguideより、

メルセデス、次世代のAクラスコンセプトをリリース。

今回リリースされたコンセプトモデルは、コンセプトAセダンと呼ばれていますが、モデルは次世代のAクラスをプレビューしているようです。

このモデルはクーペ調が強くCLAのようにも見えます。しかしながら本コンセプトは、長さ179.9インチ、幅73.6インチ、高さ57.6インチで、CLAの長さ182.3インチ、幅80インチ、高さ56.6インチとなっています。CLAのほうが大きいのです。ここから、このモデルはCLAの下のモデルとなることがわかります。

しかしもっと重要なのは、このコンセプトはメルセデスがすべてのコンパクトモデルの方向性を打ち出していることです。

本コンセプトがCLAなのか、それともAクラスセダンとして販売されるのか現状不明ですが、CLAがクーペモデルながらセダンであることを考えると次期型CLAであることが考えられます。

画像

Aセダンとされているものの、全体的なデザインはCLAに近いです。

グリルデザインは新型GTのようなデザインとなっています。縦基調のデザインへと変更されるのでしょうね。

アンダーグリルは後期型Aクラスを更に拡大となり、よりスポーディなデザインであるハニカムデザインへと変更されています。

ヘッドライトの作り込みがすごいです。

市販版ではこのヘッドライトは不可能だと考えられますが、出来る限り再現するでしょうね。

コンセプトを元にスパイショットのレンダリングも!

以前撮影されたスパいいショットを元に、コンセプトに似せたレンダリングCGが作成されました。

こちらです。

ヘッドライトが現実的かつ、CLAのようなクーペラインで作成されています。CLAはスパイショットされているのでしょうか?

続報は追って追記します。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?